• sex
  • 2016.01.18

そのセックスに未来はあるのか?セフレを切るタイミング

ついこないだまで楽しくセックスしてたのに、ある日突然「もういいや~」って思うことってありません?自分でもどうしてそう思ったのかわからない場合、こんな理由があるのかも。セフレを切るタイミングについて考えてみましょうか。

セックスの「食あたり」って?

菊池美佳子 セックス ヤリチン セフレ 彼女
©by Fire At Will

 男性が好む食べ物といったらラーメンやカレーですが(イメージです)、我々女性が好む食べ物といったら、アボカドとエビを連想するのは筆者だけではないはず(同じくイメージですが)!
筆者自身も、アボカドもエビも、憎からず思っております。

 つい先日、女友達のA子と飲みに行きました。
ツマミをオーダーする際、イチオウ「苦手なものはある?」と聞いたところ、「エビ」と、まさかの返しが。
「女性でエビが苦手なのは珍しいね」とツッコんだところ、「以前は大好きだったけど、エビが原因で食当たりを起こしてから、エビを敬遠するようになった」とのこと。

 A子のエビ現象、筆者はセックスにおいて経験しました。
継続的な肉体関係にある男性に対して、以前はセックスできたけど、あるときを境に、セックスしたいと思えなくなったケースが何件かございます。
正確に言うと、「セックスしたいと思えない」なんて生半可な感情ではなく、「セックスできない」とまで思うようになりました。
こないだまでは、あんなことやこんなことをしていた仲なのに……感情の変化って不思議ですね。

 いや、「不思議」で片付けたくないです。
A子がエビを食べられなくなった理由に、「食あたり」があるのと同じですよ。
筆者が、これまでチョメチョメしまくってきた男性に対して、セックスできないと思うようになった現象にも、何らかの理由があるはず!
……あれこれ考えた結果、「セックスできて当たり前」と思われることに、嫌気がさしたのだなぁという結論に達しました。


セックスはデートのオプション

 待ち合わせて酒を酌み交わし、2~3時間経ったあたりで店を出て、当たり前のように手を繋がれ、ラブホ街へと誘導される……これって刺激ゼロの間柄ですよね。
オトコとオンナって、セックスできるかもしれないし、セックスできないかもしれない微妙な距離感が面白いと、筆者は考えます。

 セックスは、デートにおける「オプション」であってほしいのです。
「デートすると、必ずセックスもします」って、なんだか「ハンバーガーセットを買うと、もれなくポテトも付いてきます」に似ていると思いませんか?
ハンバーガーセットをオーダーすると、ポテトが必ず付いてくるとわかっているわけですから、そこに新鮮さはありません。
そうではなく、ハンバーガーセットとは別に、単品でナゲットを追加オーダーするような感覚であってほしいのです。

 もちろん、セックスすることが当たり前な関係性に、嬉しさや居心地の良さを感じさせてくれる男性も存在します。
違いは、相手との関係性に「伸びしろ」があるか、ないか。
その男性とセックスすることが、自分にとってプラスに作用し続けるのであれば、「伸びしろ」があると言えます。

 たとえば、独立起業に成功し、経営者としてバリバリ稼いでいるような男性。彼のような成功者に抱かれていることが、自分の自信に繋がり、なおかつ会話の端々にも勉強になる部分がいっぱい……
こういった関係性なら、いつまでも続けたいと思えるのです。

「伸び代」がないとジャッジした場合は


「セックスできて当たり前」とふんぞり返っているような男性との関係性は、惰性でしかありません。

 伸びしろ要素ゼロです。もしかしたら、奥さんや同棲中のカノジョとセックスレスになる男性も、同じ心境かもしれません。
「私たちは夫婦なのだから(もしくは、一緒に暮らしている恋人同士なのだから)、抱いてくれて当たり前!」とばかりにチン棒を求められる関係性に、「伸びしろ」が見出せないのでしょう。

 以上を踏まえ、「○○君とセックスすることは、金輪際ありえない」とジャッジした場合、さてどうするか……筆者は、率直に伝えます。
「○○君とはもうセックスしませんよ」と。
伝えたほうが親切だと思うんですよね。だって、あちら様はセックスを期待して誘ってくださっているんですもの。
そのリクエストに応えられない旨明らかにしておいたほうが、あちら様にとって、無駄なLINEや無駄なデートに時間やお金を費やさずに済むでしょ。

 こうして、その後連絡が来ることは、二度となくなるわけです……と、思いきや!
アンビリーバボーなことに、しばらくすると、しれっと連絡が来るから、男性という生き物は面白いですね。
あなたとは金輪際セックスしないと宣告したのに、もう忘れちゃったのかしらん。
いや、さすがに忘れたってことはないはず。

 尚、「○○君ったら、セックス目的ではなく、私に恋愛感情も持ってくれていたのね!」と、ポジティブ解釈するのはド素人ですぞ!
ポジティブ解釈しているのは、あちら様のほうです。
「以前は、セックスできていた」という過去の成功体験を元に、「ミカコ(筆者の名です)は気まぐれな性格だから、気が変わって再び股を開くかもしれない」と、淡い期待に股間を膨らませているだけなのでしょう。

 今のところ、気が変わり、セックスを再開させた事例はないです。
一度、異性としてみられなくなると、以降オスを感じることができなくなるんですよね。
オスを感じられなくなった男性に、貴重な時間を割いて返信したり、ましてやデートの時間を作る必要はナッシング。
「友達として交友する」という選択肢ですが、あえて設ける必要はないでしょう。
あちら様が、セックスを期待している限り、シンプルな交友関係を築くのは至難の業でしょうから。

Text/菊池美佳子

AM Answerが公式にオープン!

 友達とはシェアしづらい性や恋愛ネタを大喜利形式で話せる、AM Answerが公式にオープンしました!

 菊池美佳子さんにも
「セフレに言われた嬉しいひと言は?」
「酔っ払って送信した恥ずかしいLINEの内容は?」
「お相手のペニスを褒める際のキラーワードは?」
「男は年上に限る!」と再認識する瞬間は?
などお題を出して頂きました!ぜひ答えてみてくださいね!

【AM Answerはこちら!】

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

未婚の30代女子に聞く!

未婚の30代女子の読者にお答えいただきたい読者アンケートです。より楽しく役に立つサイトを目指すため、本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら