• sex
  • 2016.01.04

見慣れたオッパイより新鮮なオッパイが選ばれた…彼の浮気中は自分が変わるチャンス

セックスフレンドとの浮気が終わり、本命彼氏の元へと戻ってきたとき、彼氏は良い意味にせよ悪い意味にせよ変わっているかも…。二股かけられている間は自分がその立場に。彼氏がハッスルしている期間をチャンスとして捉えてみませんか?

年始のセックス目標は大きく!

 明けましておめでとうございます!
2016年のセックス目標はもうお決まりですか?
セックス目標といえば、いまから2年前……午年にあやかって、「今年は馬主とセックスするぞ!」という目標を立てました。
結局、馬主とはセックスできなかったのですが、馬並みのサイズを誇る男性とのセックスは楽しめた1年でした
巨根イヤーだったわけです。
そう考えると、目標ってスケール大きめに設定したほうが良いかと……。
2年前のお正月、スケール大きく、「馬主100人と乱交するぞ!」と目標設定していれば、「100人の馬主とは乱交できなかったが、馬主2人と3Pは楽しめた」という結末になっていたかもしれません。
というわけで2016年は、謙虚さを捨て、スケール大きめの目標を掲げます。
「愛のあるセックスがしたい!」ではなく、今年は申年ですから、「温泉に浸かるお猿さんに見守られながら、愛のあるセックスをするぞ!」を目標にしたいと思います。
1年後、「温泉に浸かるお猿さんに見守られながらのセックスは無理だったが、温泉に浸かるお猿さんが有名な旅館で、愛のあるセックスができましたよ」と、ご報告できれば良いのですが……。

 前置きがすっかり長くなりましたが、新春一発目のお題は「変態」です。
よろしくお付き合いくださいませ。

化粧水も心も変わらないものはない

菊池美佳子 セックス ヤリチン セフレ
©The Narratographer

 「変態」といっても、特異な性嗜好の話ではございません。
「変態」って元々は、「形を変える」という意味ですからね。
「特異な性嗜好」のほうを期待していた皆様、ごめんなさい。
そっちは、いずれ改めて書きたいと思います。
今回は、「形を変える」ほうの変態に的を絞りますね。

 変態について考えるきっかけになったのは、化粧水です。
筆者は、4年ほど前から、とあるブランドの化粧水を愛用しておりまして、4年間ずーっと同じ化粧水を使い続けてきました。
が、昨年3月末、ほかのブランドの化粧水に浮気をしました。
浮気した理由は、たまたまその時期が、節約モードだったからです。
浮気した化粧水は、本命化粧水の1/6のお値段ですからね。
お値段は1/6なのに、容量は2倍以上!
プチプラってやつですよ。

 大容量サイズだったため、使い切るまで9ヶ月かかりました。
そして12月末、やっとこさ使い切りまして。
気分的にも、もう節約モードではなかったので、9ヶ月ぶりに本命化粧水を買いに行ったところ、なんと!
ボトルデザインが変わっていたのですよ!
美容部員のおねえさんいわく、「これまでの平べったいデザインから、細長いデザインに変わり、中身もより潤いアップです」とのこと。
この出来事から、筆者は悟ったのです。
「浮気しているうちに、本命は変わるものだ」と。

浮気は「その後」が大事

 たとえば、本命彼氏との関係性及び性生活がマンネリ気味で、浮気相手としてセックスフレンドを作ったとしましょう。
セックスフレンドと浮気しているさいちゅうは、そりゃ目の前のオトコに意識が向かいますから、本命彼氏の存在は二の次になります。
やがて、何らかの理由でセックスフレンドとの浮気が終わり、本命彼氏の元へと戻ってきたとき……以前のままの彼とは限らないわけです
良い意味で変わっているパターンもあれば、悪い意味で変わっているパターンもあるでしょう。
いずれにせよ、自分がどれだけ遊び呆けていようとも、本命彼氏は変わらずに待っていてくれていると思い込むのは傲慢かもしれませんね
良い意味で変わっていれば、モテ度がアップして、あなた以外の女性から言い寄られることもあるでしょう。
悪い意味で変わっていれば、夜遊び三昧・朝帰りが当たり前のあなたを待ち切れず、エッチなお店で散財し、借金まみれになっていることもあるでしょう。

 逆パターンも然り。
本命彼氏が、自分をほったらかして、ほかのオンナと浮気をしているとしましょう。
二股をかけられている状態です。
二股期間は、残念ですが大方の男性は、自分にとって新鮮なほうに意識を向けます。
見慣れたオッパイ及び見慣れたオマ○コよりも、新鮮なオッパイ及び新鮮なオマ○コのほうがハッスルするのでしょう。
彼がハッスルしているこの期間、いかに自分が変わっていられるか……それが大事なのだと思います。
悪い意味で変わっているよりも、良い意味で変わった自分でありたいものですね。
ボトルデザインが変わった本命化粧水に対して、「やっぱりこの化粧水が一番!」と、心から思うことができたのは、美容部員のおねえさんが「9ヶ月ぶりですね」などと、嫌味を言ったりせず、9ヶ月も足が遠のいていた筆者に対して、何事もなかったかのように、パーフェクトな接客をしてくれたからです。
男と女の関係性においても、「嫌味」ではなく、「何事もなかったかのように」が大事なのだなと思った次第です。

Text/菊池美佳子

AM Answerが公式にオープン!

 友達とはシェアしづらい性や恋愛ネタを大喜利形式で話せる、AM Answerが公式にオープンしました!

 菊池美佳子さんにも
「セフレに言われた嬉しいひと言は?」
「酔っ払って送信した恥ずかしいLINEの内容は?」
「お相手のペニスを褒める際のキラーワードは?」
「男は年上に限る!」と再認識する瞬間は?
などお題を出して頂きました!ぜひ答えてみてくださいね!

【AM Answerはこちら!】

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話