• sex
  • 2015.12.14

ヤリマン爆誕!セックスは地味顔を受け入れるための大義名分

なぜヤリマンは生まれるのか?それは地味顔コンプレックスにあった!?今回は、ヤリマンが生まれる理由と、その心情を地味顔に紐付けて解説します。地味顔に悩んでいるあなたのご参考になれば…(笑)。

 昼ドラに影響されて、次にご新規の殿方と乳繰り合う際は、

「すみません! 本当にすみません! 私……こう見えてもバージンじゃないんです!」

と土下座する気満々の筆者です(『新・牡丹と薔薇』東海テレビ制作)。
すみません! 本当にすみません! 昼ドラを観ている人にしか伝わらないですよね。
安心してください、穿いていますよ。ではなく!
安心してください、今回のお題は「昼ドラ」ではなく、「こう見えても」の部分だけチョイスしたいと思います。
尚、この原稿は穿いていないノーパン状態で書いております。不要な情報ですみません!

 本当にすみません!

地味ビジュアルには2つの生き方がある

菊池美佳子 セックス ヤリチン セフレ
©by TAKUMA KIMURA

「こう見えてもバージンじゃない」って、要するに、ビジュアル的にはバージンっぽいってことですよね。
純情無垢な生娘ビジュアルですけど、実はオトコを知っているんです……自分で言うなよと、ツッコミたくなりますが。
実は筆者、「こう見えても」に該当する系統のビジュアルなのです。
助平な文章を書いて生計を立てているためか、初対面の編集者さんには、「もっと派手でフェロモンがムンムンなキャラかと思っていましたよ!」と驚かれることがしょっちゅうなんですけど、実物の筆者はその真逆でございまして。
さすがにバージンとは思われないでしょうけど、男性経験が少なさそうなビジュアルであることだけは確かです。
それが、筆者にとってはヘビー級のコンプレックスでございました。

 平たく言うと、地味なビジュアルってことです。
地味ビジュアルで生を受けた女性は、大別すると以下の2パターンに分かれます。

1.メイクやファッションで派手ビジュアルを目指す
2.ヤリマン化する

そうなんですよね、地味ビジュアルで生まれたもんは、しょーがない。
だったらそこから、メイクやファッションを頑張って派手ビジュアルを目指せば良い。
「可愛いは作れる」ならぬ、「派手ビジュアルは作れる」ってやつですよ。
工夫もせずに、「どうせ私は地味ビジュアルだから……」と、いじけるのはダメだと。
わかってはいるんですよ。
わかってはいるんですけど、人間には得手不得手っちゅーもんがありまして。

 手先が不器用だったり絵心がなかったりで、メイクのスキルが伸びにくい婦女子も存在するんです。
どうにもこうにもセンスがなく、無難な洋服をセレクトするしかない婦女子も存在するんです。
というわけで、「メイクやファッションを頑張って、派手ビジュアルを目指す」という選択肢は消去となります。
残された選択肢は、「地味ビジュアルのまま生きていく」のみ。

 地味ビジュアルとして生きていくことを決意した段階で、地味婦女子の脳内には、とある思考が生まれます。
「ビジュアルも地味で、内面も地味だと、シャレにならんぞ!」と。
そして、ビジュアルが地味なぶん、せめて内面だけでも派手キャラで行こうという結論に達するのです。
こうしてヤリマンが誕生するのです。

ヤリマンがヤッた男を好きにならない理由

 男性経験が少なさそうなビジュアルですけど、実はヤリマンなんです……この事実が、地味ビジュアルで生を受けた女性の、「自信」になっているような気がします。
「能ある鷹は爪を隠す」に似た感情かもしれませんね。
男性経験豊富だからこそ、あえて地味ビジュアルを装っているんですよ……ってことにしておきたい女心ってやつですよ。

 だからこそヤリマンには、セックスした相手を好きになる、女性特有の感情が湧かないのだと思います。
なぜならヤリマンにとってセックスは、自分自身のセックス経験値を増やすための「プロセス」に過ぎないから。
寂しい気持ちを満たすためのセックスではなく、自分の地味ビジュアルを受け入れる大義名分がセックスだから。

 こう書くと、ヤリマンがものすごくロジカルな生き物に感じるかもしれませんが、もちろんヤリマンにも感情はあります。
セックス経験値を増やすためだけに、淡々とセックスしているわけではなく

「自分の地味ビジュアルを受け入れる大義名分としてセックス経験値を増やすのが真の目的ですが、せっかくだから楽しまなくちゃね!」

みたいなノリです。
ダイエットと一緒ですよ。
痩せることが真の目的ですが、せっかくだから楽しんで運動しようって思うでしょ。
そう考えると、ヤリマンの思考って、決して特異なものではなく、ごく普通の感覚なんだなぁと。
【オトコを甘やかすな!】という連載タイトルに反するかもしれませんが、メイクやファッションを頑張れない自分を甘やかしてもええじゃないか! ってことで。

 次回は、【「防寒とセクシー」どちらを優先すべき?冬の男を甘やかさないファッションとは】をお届けします!

Text/菊池美佳子

AM Answerが公式にオープン!

 友達とはシェアしづらい性や恋愛ネタを大喜利形式で話せる、AM Answerが公式にオープンしました!

 菊池美佳子さんにも
「セフレに言われた嬉しいひと言は?」
「酔っ払って送信した恥ずかしいLINEの内容は?」
「お相手のペニスを褒める際のキラーワードは?」
「男は年上に限る!」と再認識する瞬間は?
などお題を出して頂きました!ぜひ答えてみてくださいね!

【AM Answerはこちら!】

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話