• sex
  • 2015.12.07

ヤリマンは恋愛依存症の特効薬!?存在意義を考えてみた

ヤリチンやセックスの量より質を求める「賢者」の存在は、私たち女性にとってありがたいもの。では、ヤリマンの存在は?じつは、同性のヤリマンだって、私たちにとってありがたい存在だったんです。彼女たちの存在意義とは?

菊池美佳子 セックス ヤリチン セフレ
by Louis Lombardi

 チン及びセックスをこよなく愛する我々にとって、ヤリチンはありがたい存在です。
オナニーでは収まりがつかないほどマンが疼く夜ってありますからね。
まぁ、夜に限らず、朝だろうと昼だろうと、疼くときは疼くものですが。

 一方、なんだかんだで正式な男女交際及び結婚にも期待する婦女子にとって、ヤリチンを引退した賢者もありがたい存在です。
セックスの限りを尽くし、今後は数よりも質を重視した男女関係を求める彼らの思考は、純愛モードに切り替わっていますから。

 では、ヤリマンの存在はどうでしょう?
皆様のお友達のなかにも、1人か2人くらいは、ヤリマンと呼ばれる人種の女性がいらっしゃるかと存じます。
彼女たちの存在意義及び有効な活用法を考察していきましょう。

恋愛依存症を緩和するヤリマンの存在

「あいにく、自分の友達にはヤリマンがいない!」というかたは、交友の輪を広げ、ヤリマンフレンドを作ることをオススメします。
ヤリマンフレンドって書くと、百合っぽいかほりが漂ってきますが、彼女と貝合わせをするような関係性になりましょうという意味ではなく!

 あ、イチオウ解説をば。貝合わせとは、マンとマンを擦り合わせるプレイです。
余談ですが、チンとチンを擦り合わせるプレイは兜合わせといいます。
確かに、マンって貝に似ていますし、チンも先っぽ部分が兜っぽいですからね。

 話を戻しましょう。
友達にヤリマンがいると、本当に便利です!
便利というか、色恋沙汰に関して思考が柔軟になります。
特に!
恋愛依存傾向が強い女性には、是非ヤリマンと友好関係を築いて頂きたいですね!
ヤリマンは常に、複数名のセックスフレンドと気ままな関係を継続しつつ、ナンパや飲み会で知り合った一見さんともワンナイトラブを楽しむ生き物。
ただ一人の男からLINEの返信が来ないだけで、いちいち絶望のどん底に陥ってしまう恋愛依存女性にとっては、「男は星の数ほどいる」という事実に気付かせてくれる存在となるでしょう。

 恋愛体質な女性にとってヤリマンは、できればお近付きになりたくない……はっきり言ってしまうと軽蔑に値する人種かもしれません。
でもね、自分とあえて真逆な人間と関わりを持つことで得られる発見って、沢山あるんですよ。
【「都合のいい女にはクンニしない」に喝!社会一丸となって男を甘やかさない世の中に】でも、「スイカを甘くするには、塩の刺激が効果的」と書きましたが、「甘さ」とは無縁の「塩」を投入するのと同じで、自分とは無縁のヤリマンと仲良くすることで、そこに化学変化が起きるんです。

考え方を変えてくれるヤリマンメルマガ

 ヤリマンとの交流が深まると、彼女たちはちょいちょい、赤裸々な性生活を、LINE等で報告してくるでしょう。
「会うのは毎回ラブホが定番のセフレAと、初めて家セックスをしたが、やはりラブホのほうが良いね」とか。
「昨夜、ナンパから即ハメした相手と、今週末焼き肉食べに行く流れになった」とか。
「つくづく思うに、男を感激させたいときは、即尺とアヌス舐めが鉄板だね」とか。
そういった赤裸々LINEに、不本意ながらも同調することで、いつの間にか自分自身の恋愛観が柔軟になっていくのです。

「ラブホはお風呂もベッドも大きいからね」と同調することで、「惚れた男が、自宅に招いてくれない現状に対する不満」が和らぎます。
「焼き肉、楽しみだね」と同調することで、「ナンパきっかけの出会いもアリかも」と、ナンパに対する抵抗感や、出会い方へのこだわりが和らぎます。
「男性を感激させるには肉じゃが作るよりも、確かに即尺とアヌス舐めかもね」と同調することで、「胃袋さえ掴めばなんとかなると思っていたけれど、金玉袋を掴む姿勢も重要ね」と、男心の掴み方に対する固定概念が和らぐのです。

 恋愛体質女性にとってヤリマンは、かなり破天荒な人物像として映るでしょう。
だからこそ!
彼女の存在は、自分が何かやらかしたときの、安心材料となってくれます。
「彼女に比べりゃ、私の色恋事情ってちゃんちゃら普通だわ」と。

 17年間ヤリマンとして生きてきた筆者にも、筆者以上にお盛んなヤリマンフレンドがおりまして。
彼女から、「精液は毎回必ずごっくんする!」とか、「セフレとの合体写真が、ハメ撮り投稿雑誌に掲載された」とか、「スワッピング体験してきた」などの体験談を聞くたびに、不思議な安堵感が生まれるんですよ。
「自分はかなりぶっ飛んだ人間かと思っていたけど、意外とノーマルだったようだ」と。
男性とのあれやこれやで、その都度悩んでしまう繊細な女性は、ヤリマンフレンドを作りましょう。

Text/菊池美佳子

AM Answerが公式にオープン!

 友達とはシェアしづらい性や恋愛ネタを大喜利形式で話せる、AM Answerが公式にオープンしました!

 菊池美佳子さんにも
「セフレに言われた嬉しいひと言は?」
「酔っ払って送信した恥ずかしいLINEの内容は?」
「お相手のペニスを褒める際のキラーワードは?」
「男は年上に限る!」と再認識する瞬間は?
などお題を出して頂きました!ぜひ答えてみてくださいね!

【AM Answerはこちら!】

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話