• sex
  • 2016.08.03

アツい夏だからこそ!「なんちゃって野外」でハラハラドキドキを味わおう

開放的になる夏、そして気温も上がるからこそ、このシーズンは野外プレイのチャンスです!そうはいっても興味があれば相手もノリノリでプレイしてくれるわけではありまsねん。そこは女性側から誘導する姿勢も大事だと語るラ・コビルナスタッフJuliさん。いったいその方法とは?

ラ・コビルナ 女性向け セックス シャワータイム
©MarkScottAustinTX

 関東も梅雨明けが発表され、とうとう夏本番ですね!
みなさん、こんにちは。ラ・コビルナ スタッフJuliです。
太陽が沈んでもなんだか気持ちが落ち着かない!それが夏の夜ですよね。
そして夏と言えば「野外プレイ」の季節。
だって、冬場は寒くてそんな気が起きないし、春は花粉が辛いし、秋は日が暮れるともう寒い…と考えると野外プレイは夏に限ります!
それに夏は男女とも開放的な気分で普段は出来ないようなことが出来てしまう心理状態。
まさに今の時期が野外プレイのベストタイミング!
今回は、私が経験した最高の野外プレイ経験をご紹介いたします。

実は重要!野外プレイの下準備

 本日のデートのお相手はアグレッシヴでチャレンジ精神旺盛な人、頼めば野外プレイもしてくれるかも知れない!
そんな日はいつものデートとは別の注意が必要!

 まず、服装は必ずワンピースをチョイスしましょう。

 いつどこで相手がムラッとしてくれるかは判断不能!いつでもウェルカム!!にするにはパンツスタイルよりスルッと手が入るワンピースがオススメです。
ワンピースは脇の部分が少し緩めなものだと上半身を触られやすいですよ。

 また、バッグも地面に置いた際、汚れの気にならない色のものを選んでおくのが良いと思われます。
 

野外プレイってどこでやるの?

 けれど「野外プレイ」といっても、本当に「野外」でするのは危険ですよね。
なので、私がオススメするのが「なんちゃって野外」
「ホテルの窓辺」「車内」など、物理的に外ではないのだけれど外との間隔が非常に近い場所でのプレイのことです。
見えちゃうかも…見られてるかも…という不安が次第に快感に変わるのです。

 「車内」に関しては運転手が確保できるなら、走行中の後部座席もオススメです。
人の気配を感じたら、その場をすぐ立ち去れるし、車の振動も非現実感が増して胸が高鳴ります。
おまけに後部座席の様子を見て興奮した運転手を混ぜて後々、街道沿いのホテルで3P!なんてことも望めるかもしれませんよ♪

 また、ちょっと高級なラブホテルには露天風呂がついている場合があります。
広い空の下、開放的な気分でSEXは他ではなかなか出来ない経験ですので是非一度お試しを!

 興味が出てきましたか?
野外プレイを一度体験してみると「次はどこでしてみよう」「あ、ここプレイに使えるかも!」そんなことを日々考えるようになってきます。
野外プレイにはそんな不思議な魔力があるのです。

 最後に、ひとつ注意を。
性器は非常にデリケートな部位。直接外の建造物に性器をつけてしまうと細菌などの影響を受けて膀胱炎になったりもしますので充分ご注意ください。
短い夏が終わるまでにあなたにとって最高のエキサイティングな経験が出来ることを祈っています♪


Text/女性向け映像メーカーla coviluna(ラ・コビルナ)スタッフ・Juli