• sex
  • 2016.06.15

ハプバーは女性上位の世界!?初心者でも安心して遊ぶための教え

「最近何か物足りない…週末に向けて何かしたい!」そんな読者の皆さんにオススメしたいのがハプバー(=ハプニングバー)です。入店方法がわからないし、ちょっと怖い。そんなことで心配して一歩を踏み出せないアナタ!今回はハプバー歴5年のラ・コビルナ スタッフJuliさんによる「ハプバー初心者講座」です!

ラ・コビルナ 女性向け セックス ハプバー ハプニングバー
©by GordonsPictures

 みなさん、こんにちはラ・コビルナ スタッフJuliです。
性の猛獣共が巣くうラ・コビルナにはハプバーが好きな子が多数います。

 以前、ハプバーで弊社スタッフさやかさんに起こった出来事を前編後編とでお届け致しました。
その記事を読んで「私もハプバーデビューしてみたい!」という声が多数寄せられたので、今回はハプバー歴5年のワタクシが絶対に失敗しないハプバーデビューの方法をお教えいたします。

どんなハプバー選ぶ?

 ハプバーに行こうと決めたらまずはお店探しですね!
首都圏には一晩のうちに見たこともない光景が次々と繰り広げられるであろうバーが複数存在しています。
バーには1軒1軒個性があり、賑わう日時や客層、料金、繰り広げられるプレイ内容に違いがあります。
初めて行く際は、既にハプバーの虜になっている先輩に、自分に合ったバーを紹介してもらうのが1番。
けれど、そういった友人が身近にいない場合は、お店のHP内で告知されているイベント等を調べてみてください。
そのバーの雰囲気を感じ取ることができますよ。
入店には、必ず顔写真付きの身分証明書が必要になります。
こちらも各HPを確認し絶対に忘れないようにしましょう。(ない場合、入店を断られることが殆どです。)

 お店を決めたら身支度です。
何があってもいいようにお毛毛の処理と勝負下着の準備は入念に!
バーの内部はカナリ暗くなっています。普段より濃い目のメイクで自分のモチベーションも上げていきましょう。

荷物はロッカーへ

 始めはドキドキするかもしれませんが勇気を出してドアを開けてみましょう。
登録用紙に必要事項を書くと、スタッフさんがお店のシステムを説明してくれますので、きちんと聞きましょう。
入店後は荷物をロッカーに預けます。
携帯電話は持ち込み発覚次第、出入禁止になるバーが殆どです。必ずロッカーへ。

 ジャケットなどもロッカーに預けましょう。
中は薄着の人が多く、温度設定も高めなので邪魔になること間違いナシです。
でも、ここで下着になる必要はないですよ。

嫌ならはっきりと断るべし

 いよいよフロアに出ます。
中ではもうハプっている(ハプニングの最中)人もいるかもしれませんが、そこで騒ぐと非常に迷惑です。
気にせずスマートにすれ違いましょう(笑)。

 まずは飲み物をオーダー。
大体この時点で声をかけられます。
気に入れば話し込むもヨシ、即座に服を脱ぎ捨てるものヨシ、周りを巻き込んで複数でハプるもヨシです。

 ただ、気に入らなければ、ハッキリと「タイプじゃない」と伝えましょう。

 ハプバーは「女性上位」です。
偉そうに断っても誰も文句を言いませんし、女性に無礼を働いた時点で男性は退店です。
中途半端な態度を見せるとずっと付きまとわれるので、嫌なら嫌とハッキリ伝える、これがハプバーを楽しむうえで1番大切であると、肝に銘じてください。

 ちなみに、なかなか声をかけられない場合はバーにあるコスプレに着替えるとカナリの確率で声をかけてもらえますよ。
それにいつまでも待っている必要はありません。
先述したとおり「女性上位」な場所ですから自分からドンドン声をかけていくこともなんら問題はないのです。

ハプニング後、ココに注意!

 無事、ハプったあとは、しばらくそのお相手に一緒にいてもらいましょう。
というのも、その様子を見ていた多数の人に声をかけられることが殆どだからです。
彼らは勝手に「俺もこの子とSEXできる」認定をしてきます。
強めに誘ってくることが多いので、ハプったお相手に場が落ち着くまで守ってもらうほうが安心でしょう。

 以上の注意事項を守れば、アナタもハプバーを全力で楽しめること間違いなし!
避妊具を必ず着用し、普段は出来ないような複数プレーやSMプレー、視姦プレーやカップルでスワッピングなどを楽しむため、ハプバーを存分に活用してみてくださいね。

Text/女性向け映像メーカーla coviluna(ラ・コビルナ)スタッフ・Juli