• sex
  • 2015.12.13

彼に「ゆるい」と言わせない!膣圧を自由自在にコントロールする体位

彼との相性がピッタリ良くなるLOVEポジ。前回までのフェチシリーズに続き、今回からは「キュッとしまる体位」シリーズがスタート。彼に「ゆるい」と思われたくない女子は必見です!

 体の相性がピッタリになる!体位メソッド「LOVEポジ」。
今回から新たな切り口でLOVEポジををご紹介していこうと思います!
新シリーズのテーマは、「フィット感がたまらない…キュッとしまる体位」です。

締め付けはトレーニングで強化可能

OLIVIA LOVEポジ
Anders Eriksson

 金城先生の『彼が離れられなくなる! たった5分の魔法体操』『関口先生が教える、膣まわりの話』も取り上げられている「膣トレ」や「骨盤底筋のゆるみ」など、 いわゆる「アソコの締り」問題。
なかなか人と比べることが出来ませんが、「私のアソコはゆるくないかしら…」と女性なら一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?
みなさんの中には「ゆるくない…?」「もっとギュッと締めて!」とデリカシーのない男性にダメ出しされて傷ついたこともある人もいるのではないでしょうか。

 でも、大丈夫!

 膣の締め付けは、体位によって自由自在にコントロールできます!
毎日の膣トレと併せて膣圧コントロールLOVEポジを実践すれば、
「すごい締まるね…気持ちいい…」と彼を悶絶させることが、簡単にできます。

 膣圧コントロールは、セックス中だけキツくすればいいというものではなく、膣トレも重要。
膣トレは、尿漏れ予防・子宮脱の予防・便秘解消・中イキしやくるなる、など女性のおまたまわりによい効果をたくさんもたらしてくれます。
彼のためだけでなく、自分のために、ぜひ毎日の習慣にしましょう。
私が提案しているのは、腹式呼吸と膣トレを一緒に行う「OLIVIA流 膣トレ呼吸法」です。
道具もスペースもいらないので、いつでもどこでも気が向いた時に行えます。
それでは、一緒に行ってみましょう。

1日たったの5分!「OLIVIA流 膣トレ呼吸法」

STEP1:3つの穴の締まりチェック
 まずは、自力でどれだけ膣をコントロールできるかチェックしましょう。
カラダの中心軸をまっすぐに腰かけます。
肛門・尿道口・膣口と順番に締めてゆるめます。
もし、ここで膣を締めるのがよくわかなくても、大丈夫。
練習していくうちにだんだんと感覚がつかめるようになります。

STEP2:お腹あたため腹式呼吸
 下腹部(子宮あたり)に手を当て、手の温かさで下腹部を温めましょう。
子宮を意識して腹式呼吸をします。
息を吸った時にお腹を膨らませ、息を吐く時にお腹をぺたんこにします。
カラダの内側からぽかぽかしてくるのを感じましょう。

STEP3:子宮に吸い上げるように膣締め
 お腹が膨らんだり、へこんだりするのを感じられるようになったら、ゆっくりと鼻から息を吸い込んだところで、膣を子宮に吸い上げるようにじんわりと締めます。
膣を締めたまま、鼻から息をゆっくり吐ききったところで、ふわっと膣をゆるめます。(これが意外と難しい!)

 呼吸と一緒に膣を動かす練習を1日5分。
通勤途中の電車の中やオフィスのデスクワーク中で、気づいた時に気軽にトレーニングできます。

 ポイントは、「締める」だけじゃなく、「緩める」のもセットにすること。
膣トレを重ねると中イキしやすくなり、小ぶりなペニスでもイケるようになります!

 そんな膣トレの効果を確認できるのが、「膣トレ騎乗位」です。

膣でシゴく新体験!

OLIVIA LOVEポジ
【膣トレ騎乗位】

【HOW TO】
 騎乗位の体勢になり、女性は腰を動かさず、膣トレ呼吸を繰り返します。
膣でじんわりとペニスを握ったり、緩めたりを繰り返したら、彼に「どう?感じる?」と聞いてみましょう。
膣トレの効果が出てくると、「中だけ動いてる!」「手で握られているみたい!不思議!」と目をキラキラさせて答えるはず。

 トレーニングをつめば、ふたりで一緒にオーガズムを達する感動体験もできるようになります。
「千里の道も一歩から」
まずは、コツコツと膣トレ呼吸を練習してみてくださいね♪
「愛と快感のLOVEポジ」は、毎週日曜日更新です。

 次回は、【太ももがプルプル震えるほどに締め付ける!つま先立ちバック】をお届けします!どうぞお楽しみに!

Text/OLIVIA

…次回は《太ももがプルプル震えるほどに締め付ける!つま先立ちバック》をお届けします。

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話