• sex
  • 2015.09.13

快感がゆるやかでずーっと繋がれる!見つめ合って二人の愛が深まる体位「ゆりかご座位」

愛と快感を深める体位テクニック、LOVE POSITION(体位)、略してLOVEポジ。今回はOLIVIAさん提唱の「愛を感じる体位」をご紹介します!パートナーと上手くコミュニケーションがとれていないと感じる方、必見です!

AM ANSWERが公式にオープン!

 友達とはシェアしづらい性や恋愛ネタを大喜利形式で話せる、AM ANSWERが公式にオープンしました!
OLIVIAさんにも「男性の心をギュッとつかむキスのテクニックありますか?」
「お手本にしたことのある映画のラブシーンを教えてください」
「年の差カップルで世代を感じる時ってありますか?」
などお題を出して頂きました!ぜひ答えてみてくださいね!

【AM ANSWERはこちら!】

 彼との相性がピッタリになる!体位メソッド「LOVEポジ」
今回は、セックスの満足度を高めるとっておきの体位をご紹介します!

 本題に入る前に…
先日、私は、34年のキャリアを誇るアメリカの公認セックスセラピストで、世界30か国以上で講演・出版活動をされているマーティ・クレイン博士の来日公演を聴講しました。

OLIVIA LOVEポジ クンニ マンコ クリトリス オーガズム セックス 脚ピン イク 快感 舌
セックス・アドバイス界のスティーヴ・ジョブズの異名を持つクレイン博士

 TED風(クマじゃない方)のプレゼンテーションでは、34年の実績を踏まえた上で、博士が「『挿入しない』という快楽 セックス・センスとは?」を掘り下げていたのですが、その中の「性の不和を解消するのは、テクニックや体位ではなく、“コミュニケーション”“自己受容”だ」という博士の言葉に、本当にその通りだと納得しました。

 日本人カップルの性のお悩みも、コミュニケーション不全がベースにあります。
ただ、普段セックスカウンセリングをしていると、個人主義傾向が強いアメリカや他の国とは異なる、手取り足取り系のテクニックやコミュニケーション指南など日本人のセックス観に合わせた解消法が必要だと感じています。

 そこで、今回博士のお話を聴いてひらめいたのが、今の私達のセックスを豊かにしてくれる体位「ゆりかご座位」です。

愛を感じる体位の特徴とは?

「ゆりかご座位」は、「愛を感じる体位」のひとつ。

 私の提唱する「愛を感じる体位」の特徴は、

① 手を繋いだり、密着できる
② キスがしやすい
③ 快感がゆるやかで長く繋がることができる

 大事なポイントは、対面しているので、目を見つめながらおしゃべりできること。
セックスの最中は、目をつぶって快感に集中したい派の女性もいるかもしれませんが、“コミュニケーション”を深めるためには、目を見つめあい、言葉を交わしあうのをおすすめします。「目は口ほどに物を言う」というのは、セックスでも同じ。

「男性がイキにくい」のも、この体位の特徴です。
男性の射精を目的とした正常位とは異なり、“じんわり繋がる”“心を通わせる”挿入の楽しみ方を味わえます。

 そして、普段、男女どちらかがリードするタイプの体位しかしたことない人には、ぜひ試して欲しい“コミュニケーションを深める体位”でもあります。

コミュニケーションを深める体位「ゆりかご座位」

OLIVIA LOVEポジ クンニ マンコ クリトリス オーガズム セックス 脚ピン イク 快感 舌
「ゆりかご座位」

【HOW TO】
 対面座位で抱き合い、結合部分を軸にして、前後にゆっくりとゆりかごのように揺れます。
腰は動かさずに、一体感を堪能してみてください。
キスをしたり、背中や顔を撫でたりすれば、ゆるやかな快感と深い幸福感を味わえます。

 女性からこの体位をおねだりしたい時は、「座ってしたい♡」と彼に伝えましょう。
正常位で繋がったまま、体を起こして、ベッドに腰かければペニスを抜き差しせずに、座位に体位変換できます。

 射精をゴールにしたハードなピストン運動ではなく、ゆるやかな繋がりの中に新しい快感を見いだせるはずです。

「愛と快感のLOVEポジ」は、毎週日曜日更新です。
次回もどうぞお楽しみに!

Text/OLIVIA

…次回は《バック体位だけど顔も見たい時!顔みせ&ツイストで彼のSっ気に火をつける「片腕取りツイストバック」》をお届けします。

関連キーワード

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話