• sex
  • 2015.09.27

たまには強引に攻められてみたい!オラオラ系男子シチュエーションのSILK LABO作品3選

優しくあま~いシチュエーションとセリフ...それが「女性向けAV」と考えてる方も多いはず。しかし、女の子だってソフトではない、刺激的なセックスにも少しは憧れがあるもの!そこで、今回はちょっと強引なオラオラ系男子に攻められちゃうシチュエーションのSILK LABO作品をご紹介

 女性向けAVは優しくて甘くてとろけそうなシチュエーションとセリフ…だけと思っている方はいませんか?
でも、女子はいつもソフトなセックス描写を求めているわけではないんです。オレ様なカレに口説かれてみたり、ちょっとムリヤリ攻められてみたり、「イヤっ…!」って言いながら実は嫌じゃない…的なシチュエーションでセックスしてみたり…妄想は自由です!

 今回は、ちょっと強引なオラオラ系男子に攻められちゃうシチュエーションのSILK LABO作品をご紹介します。

不器用なオレ様上司に壁ドンで告白されて… 「ワーキング+」

 彼氏いない歴8年の派遣社員の夕子(あすかみみ)の新しい勤務先は、イケメンだらけの出版社だった!という何とも少女マンガ的、夢のようなシチュエーションの作品「ワーキング+(プラス)」。

 夕子に初めて出会った瞬間から鞄で叩いて怒鳴って、いつも機嫌が悪くて嫌味な編集長、高田(一徹)。
最初から無理な仕事を押し付けたり、「遅い!要領悪いな」と怒鳴ったり、何度もやり直しさせたり、遅刻してしまった朝は書類を投げつけたり…とにかく厳しくて理不尽。自分が夕子だったら震えあがるほど恐いです。
落ち込む夕子に、高田以外のイケメンはとっても優しく接してくれて、もう誰に落ちてもおかしくない状況。

 ところが、残業中の夕子に厳しく指導しながらも、不意にキスをする高田。大っ嫌いなはずだったのに、なぜか夕子は心が揺らいでしまうのです。
一方、高田も、イケメンたちが夕子に優しく声をかける様子を目にしては気になってしまうみたい。もう、素直じゃないんだから…。

 ある日、やっぱりひとり残業中の夕子のもとへ、外出から戻った高田はさっそく嫌味な一言を。
とうとう夕子がキレてその場を立ち去ろうとしたところ、高田は腕をグッと掴んでの壁ドン。
「お前、俺のこと好きなんだろ?」とキス。
「どうでもいいのに、またキスなんてしないでください」と言う夕子に、
「どうでも良くてキスなんかするわけないだろ」と突然オレ様的甘いセリフ♡
厳しくてオレ様で、でもイケメンな上司からの突然の告白。そして夕子の気持ちも確かめてからの熱烈キス。
そのままオフィスで…とならないところが、実は紳士的な高田さんヽ(・∀・ )ノ と思ったら、場面変わってお部屋でチュッチュしながら恥ずかしがる夕子に、
「会社だと誰か来ちゃうかもしれないって言ったの、お前だろ」って(笑)。ホントはオフィスでそのまましてしまう勢いだったんだー(!)

 あんなに恐くて厳しくて嫌味で、夕子をいつも睨み付けるように見ていた高田さん、ホントは最初から夕子のこと気になってたんだなぁ~不器用なオレ様。
何かとビクビクして恥ずかしがる夕子に「恥ずかしいのか、かわいいな」と、すごく丁寧なセックスで、でも口調はずっと命令口調で…さらに最初は「佐藤」と名字呼びだったのが、途中から「夕子」って…萌えです♡
いざ挿入の時、「抱くぞ」って言うのがなんだか新鮮すぎて、ドキッとしちゃいました。
終わった後にはまたオレ様口調で「オレが嫉妬してたの分かったか」「お前はオレのもんだからなっ」(*´Д`)

 この作品の一徹くん、雑誌を美容室に持参して「この髪形に」とリクエストしたというツーブロックなヘアースタイルがとっても「高田編集長」のキャラに合っています。
オレ様口調萌えの方はぜひどうぞ!

<今すぐ『ワーキング+』のサンプル動画を見る!>

忘れられないカレに、乱暴に犯されちゃう…「サマーデイズ」

 英明(月野帯人=ツッキー)と美波(早乙女ルイ)の十数年越しの愛を描いた大作「サマーデイズ」は、ツッキーの様々な表情といろんなシチュエーションのセックスが見られる作品です。

 十代の頃、親に内緒で旅行した海辺のペンションで初めて愛を確かめ合ったふたり。しかし親に旅行がバレて別れさせられることに…。
それぞれ別の道を歩むことになってもずっと忘れられず、5年後に同じペンションを訪れた美波は、セフレと旅行に来ていた英明と再会するのです。

 すっかりチャラくなってしまった英明は「あれからいろんな男とやったんでしょ。今夜オレとどう?」とサイテーな一言を。さらにバルコニーでセフレにフェラさせているところを美波に見せつける。
次の日、帰り支度をする美波を自分の部屋に誘い、思い出話をしながら、
「ねぇ、再会記念に一発ヤッとく?」と美波を押し倒して両手を頭上で拘束しながらのムリヤリキス。
さらには美波の着ていたカーディガンでその手を縛ります。
「ヤダ…ヤダ…」と言う美波に「気持ちいいんだろ?」と攻め続けイカせてしまいます。

 女性向けにしては、珍しいほどのハードプレイ。
「感じてんだろ?イッチャえよ」など、オラオラな感じ、ツッキー合いますね(*´Д`)
さらには、ゴムもつけずにバックから挿入してしまうという乱暴さ。
過去の思い出をなかったことにしたいかのように、乱暴にバックのままフィニッシュして最後まで冷たくあしらう英明に、ビンタを一発かまして出ていく美波。

 ここまで乱暴なセックスシーンはSILK LABOでは珍しいです。が、これは壮大な十数年のドラマの一部。
忘れられなかったのは、美波だけじゃなく英明もだったのです。それが語られていく手紙のシーンは普通に泣けます。
ぜひぜひ全編通しで見ていただきたい作品です。

 そして、特典映像として一徹くん出演のスピンオフ作品「after summer days」が収録されています。こちらも珍しく情けなーい一徹くんが見られるのでぜひ見てくださいね♪

<今すぐ『サマーデイズ』のサンプル動画を見る!>

嫉妬に燃えるカレのドS感たっぷりな「おしおき」プレイ…「Deep Desire」

 オトコの嫉妬がテーマの「Deep Desire」は、SILK LABOのちょっとハードなレーベル「Undress」から出ている作品です。
嫉妬に燃える一徹くんの表情と、嫉妬ゆえに激しく彼女をいたぶるセックスがとにかく興奮のパート「CONFINE」をご紹介します。
信弥(一徹)は弟・有弥(北野翔太)と兄弟で暮らしていて、彼女の香苗(大石美咲)は、弟の大学の同級生です。

 ある日、連絡なく有弥やサークル仲間と宅飲みしていて酔っ払い、ほかの男子に気軽にスキンシップをはかるような彼女の様子にご立腹な信弥は、終電に急ぐ彼女を送ると言って、ふたりで外に出てから「お前何なんだよ!」と腕を掴んでまた家の中に連れ戻して乱暴に自分の部屋に。
隣のリビングではまだサークル仲間たちが飲んでいるのに、彼女を壁に押し付けて厳しい顔つきで迫ります。
「誰のせい?お前のせいだろ?覚悟しろよ…」
と激しくキスをしながら、立ったまま服を脱がせ、激しく愛撫を始めます…
いつもは優しいはずの信弥の、嫉妬に燃える表情。
「オレのことだけ見ろって言ってんだよ!」

 そんなプレイの最中に弟が部屋のドアをノックして、ドア越しに「ピザ頼むけどどうする?」って無邪気に聞いてくる場面は秀逸です。
バレたらどうしようと焦る彼女をニヤッと見ながら愛撫を続けつつ、ドア越しに弟と会話する信弥のドSっぷりには、見てるこっちが(*´Д`)ハァハァしちゃいます。
パンツの中に手を入れて濡れてることを確認し、
「お前がこんなにいじめられて喜ぶと思わなかった」
と喜ぶ信弥。

 さらには、父親からの電話に「出れるわけないでしょ」と言う香苗に向かって、
「出るのが嫌なら、もっとしてって言え」だなんて!♡
香苗を立たせたまま、手マン&アソコを舐めながらの上目遣いはヤバ過ぎです。
「今日はお前帰さないよ」と彼女を肩に抱えてソファーに運んでドサッと下ろすとこ、上から見下ろすように「舐めて」って言うとこ、でも彼女のテクに喘いじゃいながらも「上出来だ」と言い放つとこ…何から何までオレ様です!

 嫉妬に燃える表情は恐いし、やってることも手荒に見えるし、口調もオレ様でドSだけど、彼女を愛している
がゆえのことだから、彼女もどんどんキモチ良くなってて、見てても興奮が止まりません!
「キモチイイか?」と訊いて「すっごい、キモチイイです…」と答える彼女に満足げな信弥の表情、たまりません。
惜しむらくは、弟が再度「ピザ来たよ~」ってドアをノックしないところかなぁ~(笑)。
実は外でサークル仲間と一緒に聞き耳たててるのかな?と妄想しつつ見るのもありかも(´∀`*)

 ツッキーのパートは、会社の同僚の彼女が新入社員と仲良くしている様子に嫉妬して、SILK LABO作品では初めて「おもちゃ」(iroha fit)を使用しておしおきするという場面が見どころです!

 嫉妬してるオトコって、コワいけどカワイイ。そして興奮する!
見終わってなんだか爽快感のある作品です。

<今すぐ『Deep Desire』のサンプル動画を見る!>

 現実にオレ様モードで迫られたり、乱暴にされたりしたらきっと恐いけど、作品や妄想の中でだったら実害はないし、興奮しちゃうからどんどんウェルカムです♪
緩やかな日常のセックスのスパイスとして、こういう作品を妄想材料に取り入れてはいかがでしょうか?

Text/みぃみぃ