• sex
  • 2016.05.28

奮闘する女の子は輝いてて尊い!360度かわいい元本物アイドルのAVデビュー

地下アイドル兼ライターの姫乃たまさんが、女性も楽しめるアダルト作品を紹介!今回は「元芸能人AV」特集。水着や際どい露出はあるものの、その先が見れない!とモヤモヤしていた心が晴れる元芸能人作品。今回は、そんな作品の中から最新の選りすぐりのモノを紹介します。

 元日テレジェニックで、グラビア四天王のたかしょーちゃんが、“たかしょー”こと「高橋しょう子」としてAVデビューしました。アイドル時代とあだ名が同じところに、潔さと気合を感じます(感謝)!

 最近では、元国民的アイドルグループの三上悠亜ちゃんや、元アイドルの羽咲みはるちゃんもデビューするなど芸能人枠が大賑わいで、久しぶりに普段AVを観ない人も発売日に購入するなど盛り上がっています。

 あっ、もうひとりいたらアイドル女優四天王になりますね。うわあ、誰にするべきか悩みますね。決められない…。

元本物アイドルがプライベートでも未体験の3Pデビュー!

姫乃たま 極選AVラボ Discovery 羽咲みはる
©Discovery 羽咲みはる

 なんかもう最近の「元芸能人AV」って、すごいんですね…。
一昔前は、芸能人がAVデビューとなると大々的に宣伝して、本番シーンがなくてがっかり…みたいなこともあったのですが、羽咲みはるちゃんのデビュー作「Discovery 羽咲みはる」を観て、ちょっとびっくりしました。

 まず、羽咲みはるちゃんが可愛い。
アイドルとしてのきちんとした活動歴もあるので、ああ、こんな可愛いアイドルのセックスが見られるなんて、すごい世の中になった…という、感謝の念がこみ上げてきます。

 インタビューでも、「3、4年くらい活動していて、大変だった」と、アイドル時代の話をしてくれます。
ちなみに何が大変だったのかというと、「移動と練習の多さ」だそうで、少しだけほっこり。

 そして、羽咲みはるちゃんの魅力はなんといっても大きくて柔らかそうなおっぱい!
大きめの乳輪はデビュー作なのに甘えたくなるような安心感があります。

 最初の撮影ということで、そわそわと自分の髪を触ったり、恥ずかしさを笑ってはぐらかしたりと緊張感があるのですが、触ってみたらきちんと濡れていて、主観のセックス映像にはアイドルらしい可愛さと、セックスに没頭している姿がばっちり映っていて、感度はいいし、可愛いし、もう本当に最近の女優さんってなんでこんなにクオリティが高いんでしょう…。

 個人的なみどころは、なんといっても3P。
デビュー作でいきなり3Pって…という衝撃と、何回かの絡みを経て、撮影初体験の女の子から、めちゃくちゃエロイAV女優へと超スピードで成長した彼女を見られるのが貴重です。
Wフェラと、結合部をアップで映し出すところに監督の意気込みも感じます。

 途中のインタビューで、「若いうちにしかできないことを」と、AV女優になった理由を話していた羽咲みはるちゃん。
ポテンシャル高過ぎな彼女の新作が楽しみです。
サンプル動画を見る

感謝しかない!たかしょーの歴史的デビュー作

姫乃たま 極選AVラボ 姫乃たま 極選AVラボ
©グラビア四天王たかしょーMUTEKI Debut 高橋しょう子

 グラビアアイドルとかコスプレイヤーの女の子が脱ぐと、「あんなに見たかった乳首なのに、なんか興味なくなった」みたいなことを言う人がいますけど、たかしょーちゃんは脱いでもガッカリとかなくて、むしろグラビア時代に勝手に想像していた裸体より美しくて、もうなんか感謝しかありません。

 人々のちょっと無理目な願望を詰め込んだ、オリエント興業の人形みたいな、人間離れした美しさがあります。
驚くべきことに、きちんとセックスシーンもあるのですが、さらに驚愕したのが、イメージシーンだけでなく、上から撮っても、横から撮っても、寄っても離れても、さらには正常位を下から撮っても、なんかずっと可愛い! 360度可愛い!あと声も可愛い!
芸能人の恐ろしさを知らされます。

 イメージシーンなんか可愛すぎて、一瞬AVを観ていることを忘れます。
さすが撮影されることに慣れているので、インタビューの受け答えが的確。
「(今日の撮影が)楽しみです」という言葉にはやる気と覚悟が見られて、観ている方も安心します。

 デビュー作によくある、インタビューと脱ぎのシーンからではなく、着衣で手コキから始まる珍しい演出も、生々しくてエロいです。

 セックス後も「すごい気持ちよかった」と言ったり、淫語のリクエストに照れながらもすぐ応じてくれたり、可愛い声で「顔に出して」と言ったり、AV女優としてあまりに優秀過ぎて、真面目そうだからAV観て勉強したのかなあと思えて、敬虔な気持ちになりかけます。

 女の子が輝くのは、アイドルもAV女優も変わらないんだなあと、しみじみ。
輝く子はどこにいても輝くし、アイドルではうまくいかなくても、AV女優として輝く子もいる。
その逆もあります。自分の居場所を見つけるために奮闘する女の子って、本当に尊いですね。

サンプル動画を見る Text/姫乃たま

ライタープロフィール

姫乃たま
地下アイドル/ライター

今月の特集

AMのこぼれ話