• sex
  • 2016.04.23

あべみかこちゃん、監禁・輪姦されがち問題!冷めた反抗的な表情が煽る背徳感

地下アイドル兼ライターの姫乃たまさんが、女性も楽しめるアダルト作品を紹介!今回は「監禁・輪姦されがち問題」がある、あべみかこちゃんの作品を紹介します。監禁・輪姦の妄想を膨らませるには最適の良作です!

 非常に心躍らせながら「真性Mロリータ」を謳うAVを見始めたら、主演の女の子のあまりに冷めた視線と態度に、意表を突かれて逆に興奮したことがあります。

 見事に直線の少女体型なのですが、その目は、彼女より何倍も大きな成人男性を見下しているかのようにも見えました。その女優こそ、あべみかこちゃんです。

 彼女の新作、『神待ち家出少女 媚薬漬け中出しキメセク監禁 あべみかこ』がリリースされたのですが、彼女は以前にも、『みかこ 外の世界を知らずに育った監禁少女』で監禁される少女役を演じています。

 あべみかこちゃん、監禁されがち……!
これは彼女と監禁の組み合わせに何かあるのではと思い、二作共見てみました。

公園で拾った少女を家で飼って、離れられない体にする

姫乃たま AV 姫乃たまの極選AVラボ 神待ち家出少女 媚薬漬け中出しキメセク監禁 あべみかこ
『神待ち家出少女 媚薬漬け中出しキメセク監禁
あべみかこ』

 家出して深夜の公園でうずくまっていた少女、あべみかこと、妻子に家を出て行かれた中年男性が同棲する、『神待ち家出少女 媚薬漬け中出しキメセク監禁 あべみかこ』は、とにかく、あべみかこちゃんのネガティブな演技が魅力です。

 同棲生活で次第に心を開きはじめる甘えた演技はぎこちないのですが(言うまでもなく、それはそれでとっても可愛いです)、途中でふいに不安になって「私ずっとこのまま学校にも行かないで、おじさん家で大人になるの?」と、ふさぎ込むシーンには胸が苦しくなります。また、過呼吸や、媚薬漬けになった時の演技も真に迫っています。ネガティブな演技が魅力的とは、そういうことです。

姫乃たま AV 姫乃たまの極選AVラボ 神待ち家出少女 媚薬漬け中出しキメセク監禁 あべみかこ
『神待ち家出少女 媚薬漬け中出しキメセク監禁
あべみかこ』

 逃げだそうとした彼女は、豹変したおじさんにビンタを浴びせられ、拘束されます。そして、学校に行かなくなりおじさんの家で大人になるのです。

 パイパンの小さい穴におじさんの指を、口には無理矢理、男根をねじ込むと、いつか見たあの見下したような視線が飛んできます。これだ! この反抗的な目が背徳感を煽るのです。

 媚薬漬けにされ、白のロリータ服でスパンキングされているうちに、やがて上の口からも下の口からも体液がだらだらと溢れ出るようになります。

 まんぐり返しで両方の穴を交互に犯されても、三人組の男から一斉に犯されても、彼女は喜んで、もっと求めるようになるのです。 サンプル動画を見る!

世間に知られてはいけない少女を、家で囲い親族で犯す

姫乃たま AV 姫乃たまの極選AVラボ みかこ 外の世界を知らずに育った監禁少女
『みかこ 外の世界を知らずに育った監禁少女』

 そして、『みかこ 外の世界を知らずに育った監禁少女』では、親族に世間から隠されて、外の世界を見たことがない、父親の愛人の連れ子役を演じています。

 父親が亡くなり、残された親族は、ますます彼女の存在を疎みながらも、次々と彼女を犯していきます。

 彼女の小さな胸を、大人の男がちぎれんばかりに強く吸い、小さな口に無理矢理、男根を突っ込みます。苦しくて口を離し、男根から糸を引いて垂れた男の体液を、彼女は舌を出して吸い、舐め尽くします。

 そして、、『神待ち家出少女 媚薬漬け中出しキメセク監禁 あべみかこ』と同じように、最終的には三人の男に犯されて、中出しされるのです。あべみかこちゃん、監禁、輪姦されがち問題!

姫乃たま AV 姫乃たまの極選AVラボ みかこ 外の世界を知らずに育った監禁少女
『みかこ 外の世界を知らずに育った監禁少女』

 やはり、あのどこか冷めた反抗的な表情と、セックスの時のいやらしさのギャップが、監禁される役に合っているのかもしれません。

 ところで、『みかこ 外の世界を知らずに育った監禁少女』は、パッケージのような昭和感は薄いので、そこは気にせず、純粋にあべみかこちゃんを堪能するのが良いと思います。

 二作品を見終えて、意外なことにあべみかこちゃんは唾液の量が多いことに気が付き、ますます好きになりました。



サンプル動画を見る! Text/姫乃たま

ライタープロフィール

姫乃たま
地下アイドル/ライター

今月の特集

AMのこぼれ話