• sexPR
  • 2016.01.30

前立腺に伝わる刺激で男性もメロメロ?iroha+で男女ともにオーガズムへ

「iroha」から新シリーズとして「iroha+」新発売!3種類それぞれの新機能や用途について、数々のラブグッズを試してきたOLIVIAさんが紹介してくれます。クリトリス専用と思われがちなローターですが、想像するだけでも火照ってきちゃうような使い方があるんです!

iroha+ OLIVIA
©Andrés Carreño

 私は、国内外のラブグッズの展示会やラブグッズ・ブランドの新作発表会にも足を運ぶマニアックなラブグッズ・ユーザー。
数々のラブグッズを試してきましたが、「マスターベーション」を「セルフプレジャー」と表現し、「髪やお肌のお手入れをするようにセルフプレジャーを大切にしよう!」と、やわらかくもスタイリッシュに日本人女性のソロ活動のイメージアップに尽力しているブランド「iroha」は、日本が世界に誇るラブグッズ・ブランドだと思っております

「iroha」から新たに“中級者向け”アイテムとして発売されたのが「iroha+(イロハプラス)」(参考価格/税抜:9000円)。
「iroha」のローターシリーズの最大の魅力と言えば、お餅のようなぷにぷに素材と手の平に乗せて愛でたくなるユニークなフォルムです。

“中級者向け”と銘打った「iroha+」は、一体、どんなシロモノなのか、さっそく3種類の味比べをしてみました!

新機能!?皮むきバイブレーション


KUSHINEZUMI【くしねずみ】

 まず、フォルム的に一番「使ってみたい!」と思ったのが、KUSHINEZUMI(くしねずみ)

 はりねずみをモチーフにしたギザギザが特徴的。
こちらから、実食いたしました。

 感動したのが、新たに加わった2種類目の「リズム振動」!
繊細なバイブレーションに強めの振動が波うつようにやってきます。
「緊張と弛緩」が、まるで、飴と鞭のよう。
オートマティックに焦らしてくれるのです。

 おすすめの使い方は、KUSHINEZUMI(くしねずみ)をクリトリスに対して横にあてがい、背中のビラビラでクリトリスの包皮をめくりあげるように押し付けながら刺激する方法。一番弱い振動でも、十分に感じます。

 男性の中には、必ず包皮をむいて愛撫しようとする人がいますが、あれは勘違いテクニック!
包皮をめくり、クリトリスを露出すると感度が高くなりますが、ひとによっては、感じすぎて痛くすぐったくなってしまうことも。
その点、KUSHINEZUMI(くしねずみ)“皮むきバイブレーション”は、自分で刺激の強さを調整できるので、皮かぶりさんも安心して気持ちよくなれます。
クリトリスの快感を深めたい女性におすすめです!

≪KUSHINEZUMI≫

会陰攻めで彼を虜に

iraha+ RINGOTORI
RINGOTORI【りんごとり】

 2つめはRINGOTORI(りんごとり)
実際に手に取るとわかるのですが、3つの中で一番やわらかく感じます。
素材自体は、3つとも全く同じなのですが、マットなしっとり感は、ずっと撫でていたくなる心地よさ!

 この肌触りを堪能できる使い方は、くちばし部分かしっぽ部分をクリトリスにセットして、背中全体を小陰唇に密着させる方法。
外性器は、大陰唇<小陰唇<クリトリスと、外側から内側にいけばいくほど、快感が強くなります。
外堀から攻めると、じわじわと時間をかけてオーガズムに至ることができます
お気に入りのセックス・ファンタジーを脳内でゆっくりと堪能したい女性や、時間がたっぷりある時ののんびりソロ活動におすすめ。

 それに加え、RINGOTORI(りんごとり)は、セックス中に彼と一緒に使う時にも大活躍!
フェラチオしながら、RINGOTORI(りんごとり)を男性の会陰にフィットさせて振動させます。

 会陰は、「蟻の門渡り」と別名がついている隠れた性感帯なのですが、愛撫する概念がない女性が多い。それ故に、未開発になっています。
会陰の奥には、男性のGスポットと呼ばれる「前立腺」があります。
RINGOTORI(りんごとり)のバイブレーションが前立腺に伝わり、「キューン!」とした快感が走るのです
この刺激にやみつきになる男性は多いはず。
RINGOTORI(りんごとり)の会陰攻め」で彼の性感帯を開拓してみましょう。

≪RINGOTORI≫

サンドイッチバイブが新鮮!

iroha+ YORUKUJIRA
YORUKUJIRA【よるくじら】

 3つめの、YORUKUJIRA(よるくじら)は、何と言っても、パクパク動く挟み口が特徴。
くじらの下あご部分が柔らかいので、突起している性感帯を刺激するのに役立ちます。

 私のおすすめは、クリトリスと小陰唇のサンドイッチ・バイブレーション!
クリトリスは、表面を圧迫摩擦する刺激が主流ですが、クリトリスを縦に挟むようにYORUKUJIRA(よるくじら)の口をセットして、挟みながら振動すると、摩擦とは違った快感を味わえます。
クリトリスだけでなく、小陰唇と大陰唇の間の溝に口を差し込み上下に動かす方法も新鮮ですよ。

≪YORUKUJIRA≫

「iroha+」は、形状だけなく、機能も新しくなっています。バイブレーションが、3段階から5段階にパワーアップしたり、水深50cmまでOKの防水加工になったので、丸洗いできるだけでなく、お風呂でも使えるようになりました。
女性開発者が、丁寧に作りこんだことが感じ取れる、愛のある進化を遂げています。

 クリトリス専用と思われがちなローターですが、「iroha+」は、アイディア次第で、いかようにも性感帯を開発することが出来る画期的なアイテムでした!
さすがのiroha様。3つすべて揃えたくなるラインナップです

≪KUSHINEZUMI≫ ≪RINGOTORI≫ ≪YORUKUJIRA≫ Text/OLIVIA

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。
菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など
遠藤遊佐
AVとオナニーをこよなく愛するアラフォーライター。

今月の特集

AMのこぼれ話