• sex
  • 2015.04.21

TENGA初!おしゃれコンドームでPOPにセックスを楽しもう

10周年を向かえるTENGAが初めてのコンドームを発売!コンドーム使用率世界ワースト3位の日本を変えるべく、その合言葉は「LET'S CONDOMING!」とにかくカラフルでおしゃれなコンドームであなたのセックスライフが更に楽しくなること間違いなし!

 こんにちは、イライザです。
勢いが止まりません…性欲の…。はい、それもそうですが、今回勢いが止まらないのは性欲ではなく、TENGAさんの勢いです。

 前回「バキュームコントローラー」を紹介したと思ったら今度はTENGA初の「コンドーム」が発売となりました。さすが10周年。動きが早いですね。

 ということで、今回はTENGAオリジナルコンドームをご紹介。

楽しくてハッピーなコンドーム

 TENGAコンドームのサイトによると

「愛し合うカップルに大切なこと、 それは、ラブ&ピース! 」
「【性を明るく正しく楽しむ】をモットーにしているTENGA から、 楽しくてハッピーなコンドームが誕生! 」
「コンドームが嫌いとは、もう言わせない。ラブを楽しく、未来をピースにするために。
合い言葉は、LET'S CONDOMING!」

 とのこと。なるほどなるほど。楽しくコンドームをつけてほしいってことなのかしら?でもなぜ今コンドームなのか?ちょっとTENGAさんにお話をきいてきました。

合い言葉は「LET'S CONDOMING !」

――― 今回初めてのコンドーム発売とのことですが、なぜコンドームを開発したのですか?

日本は、世界と比べコンドーム使用率が異常に低いんです。この状況をTENGAとして何か変えることができないか?!というところから始まりました。

現在、コンドームメーカーは「薄さ」にこだわり、世界的にも日本メーカーのコンドームが輸入されています。なのに、日本人の使用率は低い。

この状況は技術革新では変わらないと考え、もっとコンドームを買うこと、持つこと、使うことを楽しくポップに、デザインの力で変えることができたら…そういった想いから開発しました。

また、TENGAは、以前からCSR活動としてHIV感染予防を啓蒙をしており、その一環でもあります。

――― なるほど。いつから開発に着手したのですか?

会社設立当初から想いはあり、薄さの技術革新ではなく、付け易いコンドームの研究は行なっていましたが、メイン商材の開発を優先させていました。

今回の商品開発は技術革新の発想をやめ、デザインによってコンドームのあり方を変えるというコンセプトで、約1年ほど前に着手しました。デザインを重視していたので、手に乗って取って頂けるようなデザインについて試行錯誤致しました。

――― たしかに、かわいいパッケージですよね!このコンドームのコンセプトを教えてください。

「LET'S CONDOMING!」です。コンドームを持つこと、使うことを楽しくポップにしていくというコンセプトです。

――― レッツコンドーミング!いいですね。どのような人たちに「レッツコンドーミング」してもらいたいですか?

パートナーがいる全ての方に!また、コンドームを使用する事が面倒くさい、と思いがちな男性にも(笑)。友人にハッピーコンドームでお祝いし、恋人と別れてシングルになってしまった人にはフリーダムTENGAで応援いただいてもいいかと思います。

――― フリーダムTENGA(笑)。ありがとうございました。

セックスをより気持ちよく、安全に!

 2006年の調査では、日本のコンドーム使用率は世界でワースト3位。つい気持ちよさを優先してナマを求めがちなセックス。私も薄さを重視しがちです…。

 でも、たしかに、つけること自体を楽しめるような発想に代われば、コンドームの考え方自体が変わるのかもしれませんね。

 そういえば、マイクロソフトの創業者であるビルゲイツの財団が出資している次世代コンドームはどこまでいったのかしら?
なにはともあれ、大切な営みであるセックスをより気持ちよく、楽しく、安全に、各社様々な想いで進化していくのは楽しみですね!

 さ~て、TENGAが打ち出した“薄さ”より“楽しさ”重視のコンドームがどう拡がっていくのか期待しつつ、今宵、皆様もレッツコンドーミング!

 ≪TENGA オリジナルコンドームの詳細はこちら≫

Text/iraiza

ライタープロフィール

Iraiza
しがないOL。女が女であるために他愛もない露出を図ります。

今月の特集

AMのこぼれ話