• sex
  • 2015.03.08

女性30名で日活ロマンポルノ鑑賞会!「ダメよ」と言いながら…の世界を湯山玲子さんの解説とともに体験

今回は2月21日(土)に、「女性の性を教養として嗜む」と銘打ったイベント『iroha夜の女学院』に参加してきたので、そのレポートをお送りします!

メイン2
オープニング

 こんばんは、イライザです。

 今回は2月21日(土)に、“女性の性を教養として嗜む”と銘打ったイベント『iroha夜の女学院』に参加してきたので、そのレポートをお送りします。

 このイベントは、TENGAの女性向けブランドirohaとハイパーローカルな東京23区のカルチャーを紹介している『TOmagazine』のコラボ企画。イベントには講師として湯山玲子さんも登場しました。

メイン2
iroha提灯

 会場は荻窪にある「6次元」。入口には「iroha」提灯が。かわいい。

メイン2
六次元入口

 6次元の入り口。

メイン2
店内写真

 女性限定イベントらしく、会場のインテリアもすごくかわいい。ちなみに、完全男性入室禁止ということで、『TOmagazine』の男性編集の方々は会場から追い出されていました(笑)。

 19時からのイベントとのことで、少し前に会場に入ったのですが、あれよあれよとお客様が増えていき椅子が足りずに、いろんな所から椅子を運んできたりしつつ、小さな店内の中は女の子でいっぱいに。
最終的に30名のお客様がお越しになっていたとのこと。

 受付では、TENGA広報さんがお出迎え。素敵なお着物がお店の雰囲気とぴったり。来場者の皆様にはiroha miniがプレゼントされました。わ~~い。

リナ氏3
TENGA広報さん

イベントスタート!ロマンポルノ鑑賞会

 そして、19時にイベント開始。
まずは、日活ロマンポルノの鑑賞会です。
今回鑑賞した作品は、1973年に公開された山科ゆり主演の日活ロマンポルノ映画『昼下がりの情事、古都曼陀羅』

 本作は、日活ロマンポルノ初期の名作と言われた作品で、老画家と年頃になった彼の養女との異常な関係を描いた官能作品。
私は、日活ロマンポルノを観たことがなかったのですが、これをきっかけにはまりそう。いわゆるAVと違って監督ごとにイデオロギーがあるものが多いとのことで、この作品も多種多様な表現がされており、とても楽しめました。

メイン2
鑑賞中(TENGA撮影)

 「ありえないっしょ!?」みたいな、度肝を抜かれすぎて笑いをこらえるのが大変な描写も入ってくるのがなおいいですね。個人的には鍋が煮える机の下で重なっている男女が徐々にフレームインしてくるシーンと、レモンをひたすら体にすりつけるシーンがツボでした。

 もちろん笑いの要素だけではなく、カメラのアングルや、比喩表現、当時のファッションは今見ても新鮮で映画作品としても充分に楽しめました。

鑑賞後、湯山玲子さんによる作品解説

 湯山さん曰く、本作品以外でも『徳川セックス禁止令』など、ロマンポルノには面白い作品が多いとのことで、ロマンポルノ鑑賞会はやってみたかった企画だったとのこと。

 解説では、映画事業が衰退せざるをえなかった中、日活が成人映画へ舵をきった背景や、ロマンポルノが、若手監督の登竜門であった点も解説いただきました。

 日活ロマンポルノ自体は、低予算で制限された環境下ではあったものの、※規定のフォーマットさえ守っていれば、どんなストーリーの作品を作ってもよかったとのこと。
(※10分に1回は絡みのシーンを入れる、モザイクなしで対処できる撮影にするなど)
その自由度によって通常の映画作品では実現できないような、アヴァンギャルドな作品がつくれたらしいです。
ちなみに、『Shall we ダンス?』の周防正行監督や、山本晋也監督などロマンポルノ出身。現在、映画界で活躍している有名監督も多数いるんです。

 作品の解説では、『昼下がりの情事、古都曼陀羅』において、「ピンポン玉で遊ぼうよ」と、ピンポン玉を使った表現が多用されている点を取り上げ、肛門性交の比喩ではないか?といった話や、ピンポン玉はシュールレアリスト達が好んだモチーフということから、根底に流れるシュールレアリスムの話までかなり濃厚な話が展開されました。

 また、ロマンポルノには、アダルトビデオと違い、関係性に萌えていく展開が多いのも特徴とのこと。たしかに、ヒロインのファッションもそうですが、行為を全面的に押し出すのではなく、情緒を大事にしていると感じました。

 そして本作は終始、

「あくまでも、女性は常に受け身であり、情欲の引き金は男性がひくようになっている」

 とのこと。たしかに山科ゆり演じるヒロインはというと、最後の大逆襲はあるものの終始「駄目よ、駄目よ」といいながら…的な描写でした。

 それは今も変わっていないとのこと。男性が絶食や草食だとは言われているものの、女性が自らの性欲を自覚して行動に移すことに対しての、男性からの冷やかな視線は変わっていない。むしろ強くなっているのでは?といった会話も繰り広げられ、会場はどんどんヒートアップ。

 そんな熱がこもった会場で、どんどん話は拡がり、各所で賛否両論を繰り広げられている『テレクラキャノンボール』(※)話や、女性のあらゆるファンタジーが盛り込まれている『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』、『ルポ 中年童貞』の話へと(笑)。

 内容が濃すぎて省略させていただきますが、湯山さんが紹介した『ルポ 中年童貞』に書かれたエピソードには、ゾッとしてしまいました(笑)。

 そして個人的には、観客の女性たちの可愛さと、活発性に驚きました。本当にオシャレで素敵な女の子が多かったです。
また湯山さんが観客の方たちに投げかけた質問に対して、迷いなく自身の意見を的確に発言していて、すがすがしくなりました。

 イベント終了後、参加者の女性へお話伺ったところ、たまたま前日にイギリス人の彼からirohaをもらったことがきっかけで、急遽ネットでイベントを見つけて参加してみたとのこと。アグレッシブ!!!

 終わったあと、湯山さんにもお話を伺いましたが、湯山さんご自身もイベントを楽しめたとのことで、次回が楽しみですとのこと。

 TENGA広報さんも「初めての試みで不安もありましたが、蓋を開けてみれば会場も満員で大盛況のイベントとなりました。今後も継続していければと思っています!」とのこと。 会場の女の子たちからも「次回は?」といった声もあがっていたので、また近いうちに第二弾が実現するかもしれませんね!楽しみです!

Text/Iraiza

■おススメ記事

池田園子 I’m PINCH アイムピンチ アム AM
andresdavid90

初対面の男性に「ないな」と思われるシミとほうれい線!今からすぐ始められる「老け顔」対策
 乾燥肌を放っておくと、シミやほうれい線が目立って老けてみられるって知ってましたか?春までに保湿力とコラーゲンケアで男性に「触れてみたい」と思われる肌にしましょう!

<詳細はこちら>

ライタープロフィール

Iraiza
しがないOL。女が女であるために他愛もない露出を図ります。

今月の特集

AMのこぼれ話