• sex
  • 2015.01.09

草食系男子には小悪魔テクよりムツゴロウ的なボディタッチ!/アルテイシアVSファーレンハイト(3)

AMでも大人気連載中のアルテイシアさんと、脱力系ヤリチン恋愛コラムニスト・ファーレンハイトさんのガチンコ対談!脳みそがちんぽ、クレチンなどなど、名言が飛び出します!ヤリチンに対する女の本音、男の本音に目が離せません!


『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が話題の作家アルテイシアさんと、脱力系ヤリチン恋愛コラムニスト・ファーレンハイトさんの対談。
「男の本音、女の本音」について、ガチでトークバトルしてもらいました!

 <第一回目><第二回目>も合わせてどうぞ。

セックスの吊り橋効果を利用する

AM アルテイシア ファーレンハイト ヤリチン ヤリマン


アルテイシアさん(以下、敬称略):好きだからドキドキするのもあるけど、ドキドキするから好きになるのもあるでしょ?吊り橋効果みたいなもので。
セックスすると多少はドキドキするから、それを利用するのもアリかなと。オクテ女子は、惚れっぽくないから恋愛にならない子が多いので。
逆にいざやってみて「無理!」と思ったら無理だし、話が早いよね。

―男子はどうですか?「ドキドキするから好きになる」みたいなのはありますか?

ファーレンハイトさん(以下、敬称略):あるとは思いますよ。ヤリチンはウブな少年心を忘れがちですが…。
男全般に「こいつ、俺のこと好きかも?」スイッチっていうのがあるんですよ。あれをやられると、全然興味なかったのに「あ、あれ…いいじゃん」みたいなノリに(笑)。

アル:わりと全身にあるよね、そのスイッチ。

ファー:どこ触られてもありますね!(笑)
これは「手に入りそうだから」みたいな身もふたもない理由もあるけど、ドキドキから好きにすり変わっちゃうパターンもあります。吊り橋効果ですよね。
特に草食系男子とか、慣れてない男性の方がやっぱそっちに流れますよね…女の子はヤリチンより誠実な方がいいんでしょ?(笑)
彼らを落とすアプローチとしては有効だと思う。

アル:まあ単純すぎるけどね、ボディタッチなんて。

ファー:いやー効きますよ!僕も今夜アルさんにさわられたら、好きになっちゃうかもしれない…。

一同:失笑

アル:でも「ボディタッチなんてしたくないよ、今さら小悪魔か!」って女は思うじゃない?

―そうですね、もうそんな古典的な…みたいな。

ファー:でもそんなん言うたら、男だって個室居酒屋とるのだってベタだなあ~と思いながらとってるわけじゃないですか。でもそれなりに効き目があるでしょ?

 だから、俺はやっぱりそういうのバカにしちゃダメだと思う。
女の子からはグイグイこないことを大前提にして、それでも積極的にいくのがヤリチンなんですよ。
とりあえず触ってみて反応を確かめて、ガチ拒否られたら引く、先に進めたら行く…っていうのがヤリチンのなし崩し戦法。
最終的に女の子が「ま、いっか」と思ったらセックスできるわけじゃないですか。

 でも草食系男子は「女の子が自分のこと好きってわからないと積極的にいけない」って言うんですよ。

アル:もちろん草食はそうよ。

ファー:で、それはやっぱ女の子から積極的にOKってことを表現してあげてほしいんですよ。そういう意味でボディタッチは「俺のこと好きなのかも」っていうのにすごく繋がるんです。

アル:うーん、ムツゴロウ的なボディタッチがいいかも。
草食系男子は「嫌われるんじゃ?」とビクビクしてるので、「大丈夫だよ~怖くないからね~ヨーシヨシ」って安心させるためのボディタッチ。小悪魔のように下心に訴えるんじゃなく。

ファー:動物を愛でる気分で…(笑)

アル:そう。肩をポンと叩くとか、体を寄せて距離を縮めるとか、それだけでも男は安心するから。女も「これ小悪魔じゃないから、ムツゴロウだから」と自分に言い訳できるし。

ファー:小悪魔タッチって、女子もそんなにヤダな~と思うものなんですか?

アル:「何やってんだオレ」と恥を忍んで、涙を飲んでやるものでしょ。

ファー:(笑)。

―どこかで冷静な自分が見てますよね(笑)

アル:恥も外聞もかなぐり捨ててやるけど、さすがに「手、おっきいね~」とかは無理。憤死してしまう。

一同:(笑)

ファー:アハハ(笑)!それは俺もダメだわ!やられたらイラッとするもん。あざといな、ってやつですね。

アル:そうでしょ?もうあまりにも流布しすぎて。

非モテ男子のススメ

ファー:非モテ男子の何がダメかって「ああすればこうなって、こうすればああなって…」ってウジウジ、グルグルしてるところだと思うんです。
そのウザささえ抜ければ、メンタリティとしては女性にとって素晴らしいんでしょうね。

アル:確かに考えすぎだけど、なぜ考えすぎるかというと、女の人とちゃんと関係を築こうとしてるから。
衝動で動いてヤッた後のことは考えないヤリチンと違って、その感覚は女性に近いんだけど。
私の友人や読者は非モテ男子が多いけど、みんな「1人のパートナーと関係を築きたい」と望んでいるし、責任感があって真面目だよ。

ファー:俺にはなかなか画が浮かばないですけど…。

アル:すごく極端なものを想像してない?秋葉系みたいな。
(編集部に)そういうんじゃないよね?なんで今まで彼女いないんだろうって子が多いよね?

―多いですね。ちゃんと行動すれば彼女できそうなのにっていう。

ファー:今やっとイメージが追いつきました(笑)。
もったいない系男子ってことですよね?素材もよくて優しいんだけど、恋愛のやり方が分かってない、みたいな。

アル:そうだね。欧米の女性は「偉そうな肉食系よりも、対等に付き合える優しい草食系をパートナーに選ぶ」という傾向になってるらしい。
でも、日本の女性はまだまだ受け身だから。強引に口説いてリードできる=男らしいと錯覚しちゃうんだよね。それって男らしいんじゃなく、単に女慣れしてるだけなんだけど。

ファー:いいこと言いますね!

アル:酒井順子さんの『儒教と負け犬』の中に、東京・ソウル・上海の独身女性の調査が載っていて。
それによると、日本は4割以上の女性が「結婚後、夫にリードしてほしい」と望んでいる。ソウルは2割で、上海は1割以下なんだけど。
あと、東京の独身女性の不倫経験率は4割らしい。受け身だから、強引に口説かれると流されちゃうんだろうな。

ファー:「自分、何やってるんだろう?」って思わないんでしょうね。

アル:思いつつも、ズルズル都合のいい女になっちゃうんじゃない?
中国の女性とか「不倫など一銭の特にもならぬわ、笑止!」って感じで、さすが三国志の国だなと(笑)。
日本は「3歩さがって大和撫子」がヨシとされてきた国だから。受け身な女性を好む文化が残ってるし。

ファー:俺的には、主体的な女の子は増えてほしいですけどね。それが男女の生きやすさにつながる。というのも、男も茶番とわかって引き受けているわけで。

 たとえば、俺は「男らしい男になりたい」って思ったこと一度もないんですよ。
でも、恋愛においてはリードしなきゃいけないとか、ときには強引にいかなきゃいけないとか…女の人が色んな理由で引っこんでいる現実があるから、自分からいかないと関係が成立しない。
モテるためにはやらざるをえなくて、この技術を磨いてきたってところもあるので。

 もっと女の人が自分から来てくれたら、多くの男性が自然にリラックスした状態で女の人と関われると思うので、どんどん前に出てきてください、女性読者の方々!

アル:私は「女がセックスコラムなんか書きやがって」と叩かれるんだけど。
女が恋愛や性に積極的になるのを認めない、女が欲望をもつなど許さない…そんな価値観はいまだに根強いよね。
でも「女は受け身でいろ」とか言ってたら、男だって大変だろうと。「強引に口説けなきゃ男じゃない」とか押しつけられるのはイヤでしょ。
女の自由を否定するのは男の自由を否定することだし、男性自身を生き辛くすると思います。

【次回<ヤリチンはセックスが下手?>へ続きます!お楽しみに】

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア
『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』/著:アルテイシア/出版社: KADOKAWA/メディアファクトリー

 アルテイシアさんの新刊『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』が発売中です!
草食系男子の落とし方・男をトリコにする秘訣・正しいオナニーの方法…etc、女子がハッピーに生きる知恵が満載♪
質問や感想は、@artesia59までどうぞ~


関連キーワード