• sex
  • 2015.07.06

男友達の多い門前の小僧を狙え!マグロ系童貞の回避法

今回のテーマは「門前の小僧習わぬ経を読む」です。日常的に見聞きしていることはその環境に影響を受けやすいということで、ヤリチンに囲まれて仕事をしている21歳・童貞のお話をお届けします!年下を狙うなら男友達が多い人に絞った方がいい理由とは?

 前回の<毎週末お泊りでセックス三昧…オンナ好きすぎて同性の友達がいない男は魅力なし!>もお楽しみください。

 明日は七夕ですね。織姫と彦星が一年ぶりに会えるロマンチックな夜です。
そういえば数年前、筆者は某脚本家養成所に通っていたのですが、「七夕の晩は絶対に晴れてほしい織姫が、てるてる坊主という名のなまぐさ坊主に雨を降らせないよう頼んだところ、その代償に肉体関係を迫られる」という脚本を発表し、講師及び受講生をシーンとさせましたっけ。

 筆者の駄作はさておき、一年に一度しか会えない織姫と彦星は、それぞれ性欲処理はどのように行なっているのでしょうか? それぞれマスターベーションでしょうか? それとも、ソープランドに通ったり出張ホストを呼んだりしているのでしょうか?
なんだか、このテーマでAV1本撮れる気がしてきました。筆者への脚本依頼はAM編集部にて受け付けております……というのはアメリケンジョークで!

【も】門前の小僧習わぬ経を読む

菊池美佳子 セックス 犬棒カルタに学ぶセックスライ不 サシ飲み チンコ ロマンチック 盛り上げ 雰囲気 製 貪欲 口説く
by Lies Thru a Lens

 今週のお題は、「ゑひもせす」ゾーンの「も・門前の小僧習わぬ経を読む」です。
まずは、基本の意味からおさえておきましょう。
お寺の近所に住んでいるガキンチョは、日常的に僧の読経を耳にしているので、習ったわけでもないのにお経を唱えることができたりするものです。それと同様に、日常的に見聞きしていることは、自然と覚えてしまいます。
つまり、我々は、無意識に、自分が置かれている環境の影響を受けているわけですね。

 筆者の知り合いに、「門前の小僧」の称号に相応しい人物がおります。
筆者が常連の……というほどでもないのですが、ときどき顔を出す飲み屋の店員・Y君です。
御年21歳の彼は、そこそこのイケメンであるにも関わらず、まだセックス経験がないとのこと。そう、童貞です。
筆者も、21歳の10月26日まで処女だったので、Y君を「10月26日を目安に頑張りたまえ!」と、激励しているのですが。

 この飲み屋には、Y君のほかにも男性店員が何人かおりまして、どういう運命の巡り合わせか、揃いも揃ってヤリチンばかりなのです。
ヤリチン複数名+童貞1名……この環境下に身を置くY君は、まさに門前の小僧!
日常的にヤリチンたちのセックス武勇伝を聞かされ続けているため、童貞であるにも関わらず、セックスに関する雑学が日々蓄えられていくのです。

ヤリチンに囲まれ、実践的な知識を得ることができたY君

 先日、この飲み屋に顔を出した際、Y君が瞳を輝かせながら、「コンドームって着ける前に息を吹きかけるらしいですね?」と、筆者に確認をとってきました。
そして、大きく息を吹き込むゼスチャーを見せるY君……。ち、違う。裏表を判別するために、軽く息を吹きかける男性もおりますが、そんなに大きく息を吹き込んだら、空気が入って装着できないぜよ。

 そう、先輩方からレクチャーを受けられる環境は素晴らしいのですが、ときたま真意が明確に伝わらないケースもあるようです。
まぁ、コミュニケーションに行き違いが生じるのは仕方ないこと。大事なのは、そこからの立て直しなんですよね。

 ヤリチン諸氏に、Y君が勘違いしている旨を指摘したところ、こりゃいかんとばかりに、再度Y君に対して詳しい説明が行なわれました。アフターフォローってやつですな。
そして最終的には、現物のコンドームが無い状態で、ああでもないこうでもないと話すより、オナニー時に練習せよという結論に達しました。素晴らしい!

 Y君の童貞卒業がいつになるのか、筆者の知ったこっちゃないですが、初体験だからといって挙動不審になることなく、堂々とした姿勢で臨むことができるでしょう。
AVを教科書にしている男性は危険と言われていますが、Y君の場合、ヤリチンというセックスの覇者たちから、実践的な知識が得られておりますゆえ。

年下を狙うなら、友達が多い男子に的を絞ろう!

 年下男子ブームのご時勢ですが、「ベッドの上ではある程度リードしてほしい」と望む女性のほうが、圧倒的多数かと存じます。
また、筆者のように、「できれば同年代or年上の男性を求めているが、悲しいかなこの年齢(筆者はピッチピチの38歳♪)になると、同年代or年上はほぼ妻子持ち」という現実的な理由で、年下男子ブームへの参戦を余儀なくされるケースもあるでしょう。

 そういった事情を抱える我々にとって、ガチで右も左もわからないようなマグロ系の童貞は、申し訳ないですが遠慮したい存在です。
童貞でもいい、しかし最低限の基礎知識は持っていてほしい……という三十路熟女のワガママに応えてくれるのは、ヤリチンの友達が多い門前の小僧なのです。

 最近の若い男の子たちは、友達付き合いが希薄な個人主義タイプが多いと聞きます。
友達付き合いは義務ではないですし、個人主義も悪くはないと思いますが、いずれベッドインすることを想定するなら、男友達が多い男子に的を絞ったほうが良いでしょう。

Text/菊池美佳子

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話