• sex
  • 2015.02.02

セックスこそ最大のダイエット!合コン・デート中の飲食カロリーはベッドで燃やせ

ダイエット中の合コンや飲み会はカロリーオーバーが気になって楽しめない、という人こそベッドで激しく消費しましょう! セックスのクオリティを高めるためのライフハックをぶ連載。今週のお題は「無理が通れば道理引っ込む」です。

 前回の<セックス中も「楽あれば苦あり」!快楽の後に苦しみが待つプレイにはNOを>もお楽しみください。

 2月に入りました。2月といえば、まずは節分です。豆まきです。
あなたのパートナーは、「どれどれ、今日は豆まきだから、股間のクリ豆も摘まんでおかなきゃなぁ」などのユーモアをきかせてくれる男性ですか? また、あなた自身もパートナーのユーモアに対して、「いや~ん、エッチぃ」と、ノリノリで反応できていますか?
ギスギスした世の中だからこそ、ユーモアは大事です。おもしろおかしくいきましょう!


【む】無理が通れば道理引っ込む


菊池美佳子 セックス 犬棒カルタに学ぶセックスライフハック 生ハメ アナル 楽あれば苦あり コンドーム
by danielmviero.com

 というわけで、今週のお題も、おもしろおかしくいきたいと思います! 「無理が通れば道理引っ込む」です。
まずは、基本の意味からおさえておきましょう。

「無理」とは、正しくないこと。「道理」は逆に、正しいこと。つまり、「正しくないことが罷り通る世の中だと、本来の正しいやり方・考え方が通用しなくなり、いつの間にか、本来は正しくないことが、正しいこととして認識されてしまう」という意味です。
これって、日常の様々なシーンで「あるある!」と痛感させられますよね。

 たとえば、「婦女子の体重は40キロ台であるべき!」という風潮! 正しくないとまで言いませんが、どちらかといえば「無理!」ってカンジですよね。その無理が通る世の中だと、本来の「50キロ超えているのはごく自然なこと」という道理が引っ込み、いつの間にか「40キロ台が当たり前」として世の中に浸透されるのです。そして、多くの婦女子が鬼の形相でダイエットに取り組みます。

 男性と飲みに行っても、肉料理には目もくれず野菜ばかりオーダーし、ガッツリ食べたい男性のテンションを萎えさせてしまうのです。そのうえ、野菜スティックなど軽めのツマミばかりだと、酔いが回りやすくなります。空きっ腹にアルコールは応えますからね。

 酔いが回った状態でベッドインしたところで、日頃のセックステクニックを発揮できるわけがありません。その結果、マグロ女とジャッジされ、男性は遠ざかってゆくのです。これぞ、「無理が通れば道理引っ込む」が生んだ悲劇といえるでしょう。
そうならないためにも! 無理をして40キロ台を目指すのはやめましょう。野菜スティックよりも、男のスティックのほうが美味しいですよ!

セックス淑女はふたつ返事で誘いを受けよう!


 野菜スティック女よりも嘆かわしいのは、ダイエットのために、そもそもデートや合コン・飲み会をセーブするタイプです。
筆者も何度か経験があるのですが、女友達を合コンに誘ったところ、「いま、ダイエット中だからやめとくわ!」と、色気もへったくれもない返答をされたことがございました。

 確かに、ダイエット最大の敵は外食です。過酷な食事制限や地道な運動でやっとこさ減らした1キロが、たかだか1回の外食であっという間に戻ってしまうことは多々あります。
だからと言って、せっかく出会いのチャンスが舞い込んできているのに、ダイエットを理由に断るのはもったいないです。

 筆者の知り合いに、まさに現在進行形でダイエットしている女社長がいるのですが、彼女はお得意先の接待が入っている夜は、気にせず飲み食いすると言っていました。大事な顧客の前でチマチマ食べるのは失礼にあたるとの思いからです。
そのぶん、接待が入っている日は朝食・昼食をセーブしたり、急な接待の場合は、翌日の食事量を減らして調整するとのこと。こういった影の努力が徹底しているからこそ、この女社長はお得意先とのビジネスが成功しているのでしょう。

 女社長のビジネスが成功しているように、我々セックス淑女は性交を成功させたいものですね!
デートや合コン・飲み会の際は、ダイエットのことはいったん忘れて、その場を楽しむことに徹しようではありませんか! 食べてしまったカラアゲやピッツァのカロリーは、その後のセックスで消費すればノープロブレムです。

 セックスは、スポーツジムのトレーニングでは絶対に使わないような部位の筋肉を鍛えられます。皆様にもご経験があるはずです、セックス翌日に、思わぬ部位が筋肉痛になることが! 
スポーツジムのランニングマシンの上を黙々と走り続けるのもけっこうですが、セックスで日頃使わない部位の筋肉を使うのも一興!

「ダイエット中はゼッタイ外食禁止!」などと無理を言わずに、「デートや合コン・飲み会に誘われたら二つ返事で快諾するのがセックス淑女のたしなみ!」という道理に則って、思う存分飲み食いしましょう。

Text/菊池美佳子

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら