• sex
  • 2014.12.01

男に懲りても色恋のマウンドから降りるな!幸せになる権利があなたにはある

セックス淑女を目指すべく、クオリティを高めるためのセックスライフハック(=「犬棒かるた」)を学んでいきましょう! 今週のお題は「わかよたれそ」ゾーンの「か」です。

 前回の<セックス後のアンニュイな表情に注意!「正式交際」への近道は笑顔>もお楽しみください。

 とうとう12月に入ってしまいました。ぼちぼち、「○○納め」という言葉をあちこちで耳にする時期でございます。
12月第1週の心構えと致しましては、「今週のセックスを、今年のセックス納めと思ってはいけない」ということです。「もう12月だし、これが2014年のセックス納めか……」だなんて、店じまいが早すぎます。除夜の鐘が鳴り始めるまでは、いつどこにセックスチャンスが潜んでいるかわかりません。
「12月1週目のセックスを、セックス納めにしてたまるか!」と、大晦日までは鼻息を荒くしてセク活に励みましょう!


【か】可愛い子には旅をさせよ


菊池美佳子 セックス 犬棒カルタに学ぶセックスライフハック セックス納め チンコ マンコ 可愛い子には旅させよ
by 準建築人手札網站 Forgemind ArchiMedia

 さて、今週のお題は「可愛い子には旅をさせよ」です。有名なことわざですね。
基本の意味は、「我が子を愛しているのなら、親元に置くと甘やかすことになるので、旅に出して世の中の苦労や辛さを経験させたほうが、後の人生において役立つはず」といったところでしょうか。これをAM流にアレンジすると、「可愛いマンコには旅をさせよ」となります。

「可愛いチンコ」には旅をさせよという解釈もできたのですが、おそらく大半の殿方は、己のチンコに対して「可愛い」という形容詞を悦ばないはず! 
我々女性は、何かにつけて「可愛い」と連発しますが、「可愛い」と言ってはいけないものも、この世には存在するのです。女友達のワンピースを見ては、「やーん、可愛い!」、女性同僚の文房具を見ては、「やーん、可愛い!」、マスメディアを賑わすゆるキャラを見ては、「やーん、可愛い!」。

 このように、何でもかんでも反射的に「可愛い」と言ってしまうクセがつくのは非常にキケンです。殿方とのベッドインの際、彼がパンツをおろした瞬間、いつものクセで、「やーん、可愛い!」と言ってしまったら、取り返しのつかないことになります。彼のシンボルは瞬く間に萎えていくでしょう。
 そう考えると、女友達のワンピースや、女性同僚の文房具や、ゆるキャラに対しては、「やーん、可愛い!」ではなく「やーん、勇ましい!」と言うべきなのです。

 本題の、「可愛いマンコには旅をさせよ」に入りましょう。
「可愛いマンコ」という部分に抵抗を持つ人も多いことと思います。何かにつけて「可愛い」と連呼する我ら女子ですが、さすがに己のマンコに対しては、「可愛い」と思えないですよね。
ほかのパーツに関しては、「自分は決して美人ではないが、耳たぶだけは可愛らしいカタチをしている」とか、「顔レベルは中の下かもしれないが、八重歯が可愛らしいと褒められる」とか、それなりに「可愛い」と思える部分があります。

 しかし、マンコに対しては「お主、グロテスクじゃのぅ」としか言いようがありません。チャームポイントを問われて、「エクボ」とか「泣きボクロ」と答えることはあっても、「マンコ」と答える女性はいないですからね。
ですから、ここでの「可愛い」は、キュート・マンコとかプリティー・マンコという意味ではなく、「大切にしたいと思う気持ち」と解釈して頂ければ幸いです。誰もが、自分のマンコは大切にしたいはず!

「新たな色恋」に踏み出そう


 さて、「大切にしたいマンコに旅をさせよ」とは、どういう解釈になるでしょうか。
言うまでもないですが、「年末はハワイ、お盆休みにはグアム!」という意味ではないですよ。冒頭で述べたことわざ本来の意味を思い出してください。「世の中の苦労や辛さを経験させたほうが、後の人生において役立つ」とあります。
「苦労や辛さ」と言われるとビビッてしまいますが、要するに「傷つくことを怖れず、色々経験しよう」ってカンジです。

 たかだか一度や二度、オトコにこっぴどい目に遭わされたからと言って、「オトコなんて懲り懲り!」と、色恋のマウンドから降りる女性のなんと多いことでしょう!
こっぴどい目に遭わされたからこそ、次こそはナイスガイをゲットし、幸せになる権利があなたにはあるのですぞ!

「もう傷つきたくないの」などとメソメソ泣いている場合ではありません。あなたが流すべき液体は、涙ではなく愛液です! 液体は、目ん玉からではなく、マンコから出すべきなのです。

 あなたがメソメソ泣いている間も、あなたをこっぴどい目に遭わせたチンカス野郎は、のうのうと生きているのですよ! ましてや、オナニーにしろ他の女性とのセックスにしろ、チンコの先から精液という液体を分泌していると思うと、負けずにこっちも分泌せねばと闘志が高まってくるはず!

 傷つくことを怖れず、「新たな色恋」という旅路に一歩を踏み出しましょう。

Text/菊池美佳子

関連キーワード

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら