• sex
  • 2014.10.27

男のアレをごっくんする女性は全員モテる!?良薬(精液)は口に苦し…

【り】良薬は口に苦し

菊池美佳子 セックス 犬棒カルタに学ぶセックスライフハック フェラ
david.torcivia


 今週は、ちりぬるをゾーンの「り」です。「良薬は口に苦し」で攻めたいと思います。よろしくお付き合いくださいませ。

 薬といえば、ぼちぼち風邪薬のコマーシャルが増え始める時期ですね。
これからの季節、セックスと風邪は隣り合わせ。いかにエアコンで室温を整えた屋内とはいえ、数十分~数時間かけてハダカの取っ組み合いをするのですから、風邪をひいて当然の環境です。

 セックス翌日、同じ服で通勤することや、ノーメイク及びボサボサ頭に関しては、「ふふん、私は昨晩セックスしたから、通常の身支度が整わず汚らしい恰好をしているのよ!」と、武勇伝のように誇らしく思うこともできますが、風邪に関してはなかなかポジティブ解釈できないものです。風邪を引くと、仕事を始め生活全般に支障が出ますからね。

 そう! 我々は、セックス淑女といえど、決して色恋のためだけに生きているわけではありません。
セックス淑女であると同時に、汗水流して働くワーキングウーマン! 風邪なんぞ引いている場合じゃないのです。
ワーキングウーマンにとって秋・冬のセックスは、風邪を引くかもしれないというリスクを冒さなければならないデンジャラスな行為! そう思うと、秋・冬のセックスは、闘いであるといっても過言ではないでしょう。

ごっくんウーマンの共通点


 さて、ぼちぼち本題に入りましょうか。
「良薬は口に苦し」とは、「効き目のある薬が不味いように、身のためになる忠告は聞いていて辛い」という意味です。そこから転じて、「不愉快な忠告だとしても、自分のためになると思って、素直に受け入れましょう」となります。
これをAM流にアレンジすると、「精液は口に苦し」といったところでしょうか。

 精液って、苦いというか不味いというか……どんな言葉を用いても言い表せないくらい、兎にも角にも凄まじい味ですよね。
いかに惚れているオトコの精液といえど、「ごっくん」は我々女性にとってはかなりの苦行! 「ごっくん」は、未来永劫ご遠慮したいプレイです。ねっ、皆もそうでしょ?

 ところがどっこい! 精液を飲むことを苦行と思わない、聖女のようなごっくんウーマンが、ごく少数ではありますが、確かに存在するのです。
彼女たちは、さながら清涼飲料水を飲み干すかのごときイメージで、「ワタシ、飲んじゃうよー」と屈託のない笑顔を見せます。
決して、「愛を証明するため」だとか、「許容範囲の広さを見せつけるため」とか、そういった計算は一切なく、当たり前のように飲み干すのです。

 そして! ここからが肝心です。ごっくんウーマンたちには、とある共通点があります。皆、めっちゃモテるのです。
しかも、肉体関係を持った男性たちにモテているという意味ではなく、肉体関係の有無に関係なくモテているのです。

 筆者は悟りました。モテる女性とモテない女性の違い……それは、前者が当たり前のこととして行なっていることを、後者はできていないのです。
精液を飲み干すこと以外にも、ごっくんウーマンたちには様々な「当たり前オプション」が搭載されています。

 例えばデートの約束! 多くの女性は、「来週の○曜日の△時に□□で待ち合わせよう」など、スケジューリング形式を希望しますが、ごっくんウーマンは、「今から新橋で一杯どうよ?」などの、男性特有の急な誘いにも当たり前のように応じています。
逆に、モテない女性に限って、「急に誘われてもムリ!」と跳ね除けたりするのです。

 ごっくんウーマンは、感覚が男性的なのかもしれませんね。
「ごっくんプレイ」も「急な待ち合わせ」も、どちらも男性的です。だからこそ、男性と波長が合い、その結果モテているのでしょう。

モテたい女性は精液を飲み干すべし!


 以上を踏まえると、「モテたい女性は精液を飲み干すべし!」という結論に達します。
確かに精液は不味いです。しかし、「良薬は口に苦し」の本来の意味を思い出してください。
「不愉快な忠告だとしても、自分のためになると思って、素直に受け入れましょう」という意味です。不愉快な味だとしても、素直に受け入れることは、モテのためになるのです。

「ただ一人の男性に愛されれば、それで満足」な女性は無理する必要はないですが、「一度くらいはモテを味わってみたい」という願望のお持ちなら、試しに次回のセックスでごっくんしてみてはいかがでしょうか?

 精液をごっくんした事実は、大きな偉業を成し遂げたかのような自信となって、オーラとしてあなたの全身から溢れ出るでしょう。その眩しいオーラが、モテに繋がるのです。さあ、Let’s drink!

 次回は、「陰毛処理でアソコをバージョンアップ!魅惑の穴を『くぱぁ』しよ」をお届けします。

Text/菊池美佳子

関連キーワード

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら