• sex
  • 2014.10.06

時には即ハメしてもいい!玄関先の立ちバックに萌えてこそセックス淑女


【へ】下手の長談義


菊池美佳子 犬棒かるた セックス ライフハック セックス淑女 憎まれっ子 世にはばかる 憎まれマンコ 合コン 抜けがけセックス
by Kris Krug

 今週のお題は、下手の……下手の……「下手の長談義」です。
えええーっ、「下手の横好き」じゃないの? とガッカリしたのは筆者だけではないはず。「下手の横好き」といえば、AM流解釈をせずともエロスに満ち溢れた諺ですからね! と思っていたのですが、どうやら違うようです。

「下手の横好き」とは、趣味などにおいて、下手な人ほどやたら熱心に頑張っている様子を表す言葉ですが、その語源は、「セックスが下手な男性ほど、横から挿入したがる。無難に正常位で腰振ってろよ、こらぁ」という側位あるあるではなく! 語源は将棋とのこと。
「他者がやっている将棋に対して、横から役に立たない助言をするじゃねえ!」……いわゆる将棋あるあるってやつですな。将棋やったことないのでわからないですが……。

 せっかくなので、「下手の横好き」についても少しだけ書きますね。
筆者が思うに、ヘタクソな男性は、横好きではなく下好きな気がします。そう、騎乗位です!

 AM読者各位も、「上に乗って、キミが気持ち良いところにあてて良いよ」と、ヘタクソ男性にドヤ顔されたご経験があるでしょう。膣のどの部位を擦りつけようとも確実な快感を得られるほどのパーフェクトペニスならまだしも、彼らのイチモツって、揃いも揃って粗チンばかり! 素直に、「上に乗って」とだけ伝えてくれれば良いのに、何故ああいう言い方しかできないのでしょう?

 とはいえ、ムードを壊すわけにもいかず、「粗チンの分際で何を言うか!」と叱責したい衝動を抑え、渋々上に乗る筆者……。

「渋々」と書きましたが、筆者は決して騎乗位が嫌いなわけではありません。むしろ、数年前に板橋区赤塚の路上で出会い、そのまま筆者宅に連れ込みセックスしたガテン系年下男性に、「騎乗位でこんなに気持ち良いのは初めてだよ」と褒められて以来、すっかり自信を持っております。
パソコンも英会話も人並み以下の筆者ですが、騎乗位は褒められたのです! 今後、履歴書を書く機会があれば、特技の欄には騎乗位と記そう……と考えております。

 余談ですが、騎乗位したい男性は、「キミが気持ち良いところにあてて良いよ」などとドヤ顔するよりも、とりあえず「上に乗って」とだけ要望を伝え、騎乗位開始1分後くらいのタイミングで、「騎乗位でこんなに気持ち良いのは初めて」と、賞賛すると良いでしょう。初めてじゃなくても初めてと言うのです。嘘も方便、ですぞ!

「突かれたいけど、疲れたくない」は身勝手!


 話を戻します。筆者は決して騎乗位が嫌いなわけではないのですが、世の中には騎乗位を敬遠する女性がごまんと存在します。
以前、一般女性を対象に「好きな体位と苦手な体位」に関してインタビューしまくる仕事をした経験があるのですが、皆一様に「正常位が好き、騎乗位は疲れる」と口を揃えるのです。コラーッ!

「キミが気持ち良いところにあてて良いよ」とドヤ顔する男性もクソですが、「騎乗位は疲れる」という主張もいかがなものかと筆者は思います。騎乗位であなたが疲れるのと同じくらい、いやそれ以上に、男性は疲れているのですよ。

「突かれたいけど、疲れたくない」は、あまりにも身勝手! マンコ洗って出直して来い、です!

 逆から考えると、多くの女性が正常位を尊び、騎乗位を軽んじているのなら、その逆をセールスポイントとすれば、自身の希少価値が高まることになります。
図らずも今年は午年です。セックス淑女の皆さん、騎手になりましょう! すぐセックスする相手がいない人は、とりあえずジョーバでイメトレしましょう。

 ……ここまで書いてふと気付いたのですが、「下手の横好きについても少しだけ書きますね」と前置きしておきながら、すっかり長くなってしまいました。全然「少し」じゃないですね。
今週の本当のお題は、「下手の長談義」!
今さらですが意味は、「トークが下手な人ほど、ダラダラと長話をする」となります。AM流に解釈すると、「下手の長前戯」といったところでしょうか。

前戯量と愛情の深さは比例しない


 大したセックステクニックもないヘタクソに限って、長ったらしい前戯を繰り広げる……これは、男性のことを言っているのではありません。ヘタクソ男性はむしろ、さっさと挿れたがりますよ。
長前戯を求め、なかなか挿入させないのは、むしろ一部のヘタクソ女性です。

 前戯量と愛情の深さは必ずしも比例しません。「私を好きならいっぱいイチャイチャしてくれるはず」とか、「前戯が短かったから、愛情が冷めたに違いない」という考え方はちょっと違うと思うのですよ。
これ、LINEやメールにも全く同じことが当てはまるんですよね。LINE・メールの分量と愛情の深さをイコールだと思っている女性、ものすごく多いです。そんなに量を求めるなら、特盛牛丼食ってろ、つゆだくでな。

 LINE・メールの話はさておき、男性には「すぐ挿れたい!」と思う時があるのです。マンションに着くなり、玄関先でズボンのチャックを下げ、立ったまま挿入したい時が、男性にはあるのです。そういったシーンにおいて、「カラダ目的?」などと、大したカラダでもないのに、大したセックステクニックもないのに不満顔をする女性はセックス淑女に非ず!
「玄関先で立ちバックだなんて、セールスマンとのイメージプレイみたいでコーフンするわ」と股間を熱くしてこそセックス淑女!

 もちろん、毎回前戯ナシのセックスに応じろという話ではないですよ。時には、即ハメセックスがあっても良いじゃん、というご提案です。
セックスには臨機応変に、頭とマンコを柔らかくして臨みましょう。      

Text/菊池美佳子

関連キーワード

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら