• sex
  • 2014.09.08

焦らしセックスは男を萎えさせる!「論よりマンコ」の極意


【ろ】論より証拠


菊池美佳子 犬棒かるた セックス ライフハック セックス淑女 犬も歩けば棒に当たる ロストヴァージン
by Reinis Traidas

 第二回のテーマは「ろ」です。犬棒カルタの順で書いていくわけですから、第二回が「ろ」なのは当たり前といえば当たり前なのですが。
「ろ」といえば、ローソクプレイ……ではなく「論より証拠」です。ローソクプレイの話は、またの機会に書かせて頂きますね。

 さて、まずは基本である「論より証拠」の意味からおさえていきましょう。
なんだか国語の授業のようですね。「苦しそうな記事だなぁ、読むのやーめた」なんて思わないでくださいね。ちゃんと後から、アナルとかスカルファックとかいっぱい書きますので。

「論より証拠」とは、「口先だけで論じるよりも、証拠を出しましょうよ」という意味です。これをAM流に置き換えると、「口先だけで論じるよりも、マンコを出しましょうよ」となります。そう、オープン・ザ・マンコです。
口先だけでああでもないこうでもないと論じ続けている女性が、速やかにマンコを出すための裏ワザ・工夫・ノウハウをご紹介しますね。

 そもそも、「口先だけで論じ続けている」とは、どのような状態を指すのでしょうか? 
ここでは、タラタラと「トークだけのデート」を繰り返す状態とさせて頂きます。もちろん、ガチでトークだけのデートは滅多になく、食事だの酒だの共にしているのでしょうが、要するに「セックスを引き伸ばし続ける」ことに対して一石を投じたいと思います。

     

生命に危険性を及ぼす、キンタマ縮ませ女


 トークだけのデートを続ける女性のほとんどは、「早い段階でセックスをすると、すぐに飽きられる」とお考えなのでしょう。確かに、巷に溢れる恋愛コラムにもそういった文言が並んでおります。あれだけたくさんの恋愛コラムに書かれてあるのですから、そりゃ一理あります。

 はい、ここ!
「あれだけたくさんの恋愛コラムに書かれてある」って部分がネックなのです。


 情報社会に生きる現代男性たちには、女性向けの恋愛コラムにどのような内容が書かれているか、一字一句違えずとは言いませんが、情報として何となく伝わっています。
「オンナという生き物は、早い段階でセックスをするとすぐに飽きられるかもという不安から、なかなか股を開かないらしいぞ」と。
よって、女性側がセックスを焦らせば焦らすほど、男性側は「こやつ、股を開くタイミングを計算しているな」と思うわけです。そして彼はあなたに、「計算高いオンナ」というラベルを貼るのです。はっきりとした認識ではないかもしれませんが、ぼんやりとそう感じるのです。

「計算高いオンナ」を好む男性は滅多にいないでしょう。今後、事あるごとに計算されるのかと思うとキンタマが縮み上がる思いです。そして彼の脳内では、あなたのラベルが「計算高いオンナ」から「俺のキンタマを縮ませるオンナ」に変換されます。
キンタマは、男性にとって急所です。「急所」をインターネット時点で調べたところ、「人が、攻撃されると生命の危険性がある箇所」と記されておりました。彼にとってあなたは、「生命に危険性を及ぼす、キンタマ縮ませ女」なのです。もはや妖怪の名前にしか聞こえません。

 妖怪・キンタマ縮ませ女とは一刻もはやく手を切りたいと思うのが男心。しかし、その一方で「乗りかかった船」という感情もあるのが男心。以上を踏まえ、「とりあえず一発ヤッてから姿を消すか」という結論に達するのです。これを、「ヤリ逃げ」と呼ぶのはあまりにも気の毒です。
男性側にとっては、「キミは命に危険を及ぼす妖怪だから、俺は逃げるしかなかったんだよ」といったところでしょうから。

 男性に逃げられない女性になるためにはどうすべきなのでしょうか?
答えはカンタンです、妖怪・キンタマ縮ませ女にならなければ良いだけのこと。トークだけのデートを繰り返すのではなく、サクッとマンコを出せば良いだけのこと。論より証拠、論よりマンコです。

駆け引きなしでセックス欲を曝け出そう!


 「早い段階でセックスをすると、すぐに飽きられる」という不安が湧くということは、逆から言うと「いずれはこの男性にマンコを出したい」というお気持ちなのでしょう。それは、言い換えれば相手男性に魅力を感じているということですよね? 

 魅力的な男性に対してマンコを出したいと思うのはオンナの本能です。その本能を隠すことなく曝け出しましょう。その姿は、男性にとって「駆け引きナシの、純真無垢な女性」として写るはず。純真無垢な女性に対しては、「ほっとけない!」という感情が自然と湧くでしょうから、飽きられることはありません。

 論よりマンコの極意、ご賛同頂けると幸いです。おしまい。

 追伸:冒頭で「後から、アナルとかスカルファックとかいっぱい書きます」と宣言しておきながら、アナル話もスカルファック話もできませんでした。いつか必ず書きますね。


Text/菊池美佳子

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら