• sex
  • 2015.01.23

おっぱいが「禁断の果実」に変身!貪りたくなるおっぱいでおねだり上手へ

今回はアメリカのブランド「LUZ DE LA RIVA」の「Olivia ニップルジェル」を紹介!ジャケ買いしたくなる可愛いパッケージデザインなので、気軽に手に入れられるシリーズ。中でも、ニップルジェルは甘い香りに誘われる男性続出まちがいなしです。

第23回目 ジャケ買いしたくなるかわいさ!お菓子みたいに甘酸っぱい乳首敏感ジェル

 あなたのラブライフを充実させるラブグッズを女性目線でリサーチしていく「21世紀ラブグッズの旅」
アメリカのブランド「LUZ DE LA RIVA」「Olivia ニップルジェル」をご紹介します!
ファッション誌『エル(ELLE)』の公式サイト『ELLE online』にて、「モードなラブグッズ10」として紹介されたこともあるスタイリッシュ・ラブコスメです。

「LUZ DE LA RIVA」の魅力は、パッケージのかわいさ!
思わずジャケ買いしたくなるパッケージデザインなんです。
アメリカ本社のホームページをみてみると、商品のひとつひとつに女性の名前がついていて、キャラクター設定がされています。

 今回、ご紹介するのは、「Oliviaニップル(乳首)ジェル」
私と同じ名前の商品です。

Olivia ニップルジェル

Olivia ニップルジェル

 ちなみに、Oliviaのキャラ設定は、「かわいいけど、挑発的。ミステリアスで官能的な女性」だそうです。
他の商品も素敵ですよ。

Lulu 舐められるマッサージオイル 24Kゴールド
ルルは、24K ゴールド入りの贅沢なマッサージオイル。

Lola ボディウォッシュ

ローラは、デリケートゾーンにも使用できるボディウォッシュ。

Simone ウォーターベースの潤滑剤

Simone ウォーターベースの潤滑剤

 シモーヌは、グリセリンフリー&ウォーターベースの潤滑剤。
潤滑剤は、性交痛や濡れにくいなどの不快感を解消するために使う人が多いと思います。
「ヌレない私は女としてイケてない」と心の中で思いながらしぶしぶ使うと気分も乗り切れません。
でも、こんな風にパッケージがかわいいと、使う時にテンションがあがりますよね。

 それでは、本題のニップルジェルのレビューにはいりましょう。

乳首の感度が覚醒される

 ニップルジェルの正式名称は、『Arousing Nipple Gel』
Arousingは、「覚醒させる」の意味。乳首に塗ると感度がアップするジェルです。

 絞り出してみるとこんな感じです。

ニップルジェル Arousing Nipple Gel

 ジェルというよりは、クリームに近いテクスチャー。

「LUZ DE LA RIVA」の商品は、香りも特徴的です。
ニップルジェルは、「禁断の果実」と「アニス」の2種類の香り。

 今回、試した「禁断の果実」は、ザクロ、梨、ベリーをミックスしたフレーバーで、手に取ると外国のお菓子のような甘酸っぱい香りが広がります。
マッサージオイルや香水には、カカオピカンテ(イタリア語で辛いカカオ)、ドゥルセ•デ•レチェ(ラテンアメリカのミルクジャム)、スウィートシェリー、ワイルドオーキッド(蘭)など、聞いただけでうっとりしてしまう香りがつけられています。

 ニップルジェルは、舐めても大丈夫な天然成分で出来ているので、美味しそうな香りにつられてペロペロしてもOK!

 原料は、スイートアーモンドオイル、ホホバオイル、ココナッツオイル、セサミオイル、シアバター、ミリスチン酸イソプロピル(油性基剤)、C18トリグリセリド(保存安定化剤)、サッカリンナトリウム(合成甘味料)、メントングリセリンアセタール(清涼剤)、オーガニック香料。

おっぱいがあま~い香りのする「禁断の果実」に変身

ニップルジェル Arousing Nipple Gel

 使い方は、ジェルを指にとって、乳首にぬりぬり。
スクラブ状のつぶつぶがありますが、ひと肌の温もりですぐにクリーム状に伸びますので、つぶつぶの刺激はあまり感じられません。

 バストトップに塗り伸ばして、乳首の敏感度に変化が出るのか待ってみます。

 使用感は、ややスーッと清涼感を感じる程度。表面上、大きな変化は見られません。
ただ、自分のおっぱいからアメリカのお菓子になったようなフルーティーな香りがたちこめます。

 男性からしたら、こんなあま~い香りがするおっぱい、テイスティングせずにはいられない!まさに、「禁断の果実」に貪りつくの図です。

 セックスの前に塗り伸ばしておけば、ちょっとしたサプライズになります。
「おっぱいをモミモミされるんじゃなくて、乳首をじっくり舐められたい!」という女性にはピッタリ。
ジェルを塗ったことで乳首の感度が上がるというよりも、「乳首ペロペロして♥」のおねだりアイテムとして使うのがかしこい使い方。
いつもよりも丁寧に乳首を刺激されれば、自然と感度アップに繋がるはず。

 かわいくて美味しいラブコスメは、ベッドサイドに置いてあっても違和感なし。
「セックスをおしゃれに楽しもう!」という気分になれていいですね。

「21世紀ラブグッズの旅」は毎週金曜日更新です。
お楽しみに♪
Text/OLIVIA

関連キーワード

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら