• sex
  • 2015.01.16

バック好きの人は見逃せない!奥まで突かれる快感がひとりで楽しめる贅沢すぎるバイブ

今回は、カナダのラグジュアリーブランドSWANの「シルエット」をご紹介!医療用グレードのシリコンが使われていたり、完全水洗い可能であったりと、うれしい機能がたくさん!バック好きな人には「四つん這いバック」で使ってみてもらいたいです!

第22回目 バックで奥まで突かれる快感がひとりで楽しめちゃう!
画期的バイブSWANシルエット


 あなたのラブライフを充実させるラブグッズを女性目線でリサーチしていく「21世紀ラブグッズの旅」
今回は、カナダのラグジュアリーブランドSWANの「シルエット」をご紹介します。

 SWAN社の商品の特徴は、なんといっても、ボタンまでオールシリコンのシームレスデザイン。そして、鮮やかなピンク色がトレードマーク。
2014年秋に発売された新作「シルエット」は、白鳥が静かに羽を休めている美しい姿からインスピレーションを受けデザインされたバイブだそう。
そう言われてみると、確かに白鳥に見えてきました。

 医療グレードのシリコンを使用しているので、肌触りがすべすべ。安いバイブにありがちな嫌なニオイや油にじみは全くありません。
完全水洗い可能で、清潔に保管できるので、気持ちよく使用できるのもうれしいポイント。
また、充電式なので、途中で電池切れすることなく、しっかりと最後までいい仕事してくれます。

 さらに、バイブ本体にもロックがかけられるので、収納中や持ち運び移動中に、突然動き出すトラブルとも無縁です。
たまにあるんですよね…バイブが突然動き出してしまうこと。
赤面必至の怪奇現象です。

 私は、以前、ラブグッズの使い方を紹介するワークショップを開講したのですが、ワークショップ会場に前もってラブグッズの詰め合わせを配送しておいたのです。
そうしたら、荷物を受け取った会場の方から「OLIVIAさん、受け取った荷物の中から何か変な音が聞こえるんですけど、こわいです!!」とおびえた声の電話が入りました。
配送中にバイブが誤作動していたようで、電話で指示を出し、誤作動バイブを見つけ出し、スイッチを切っていただき、事なきを得ました。

 長年バイブユーザーをしておりますと、このようなこともありますので、SWANの誤作動防止ロックに、かゆいところにまで手が届くホスピタリティーを感じました。

 それでは、シルエットの活用方法をみてみましょう!

厚みのある先端部分でGスポットをグイグイ刺激

 まず、厚みのある長いほうを膣の中に挿入します。
頭でっかちで根元がくびれている形状なので、はじめは「入るかな…」と不安に感じるかもしれません。
そんな時は、挿入前に本体をローター代わりにして丁寧にクリトリスを刺激しておきましょう。

 膣に潤いを感じてきたら、ゆっくりと挿入してみてください。
すべすべのシリコンと絶妙なフォルムのおかげでするっとスムーズに挿入できるはず。挿入後は、コンパクトに膣内におさまります。

 厚みのある先端部がGスポットのある膣壁前面をいい感じに圧迫してくれます。
また膣口付近は細身なので、太いバイブで無理やり押し広げるような苦痛もありません。

クリトリスにピッタリフィットして離れない!クリバイブ

 外側のクリバイブは、白鳥の後頭部から首の後ろがクリトリスにジャストフィット。
根元が柔らかく、しなやかに曲がるので、どんな体型の方でも、どんな体勢でもクリトリスから離れない!快感から逃れられないのです。

 気になる動き方は、シンプルな振動のみ。
本体とクリバイブそれぞれの振動の強弱を変えることができます。
片方だけ、両方同時に、繊細な刺激からハイパワーな刺激まで好みに合わせて調整してみてください。

ひとりHで、彼にバックで突かれているあの快感が味わえる!

 OLIVIAおすすめの使い方は、四つん這いのバックスタイル
本体バイブを挿入して膣をキュッキュッと締め付けると、膣の中でバイブが意志を持ったかのように躍動します。男性が勃起したペニスをクイクイッと動かすアレの動きに近い感覚。

 手を離しても、膣がバイブをしっかりくわえて落ちないので、ハンズフリーで快感に没頭できます。
まるで、クリトリスを攻められながら、奥まで突かれる贅沢な疑似バックを味わえます。
このスタイルなら、外イキと中イキのブレンド・オーガズムを味わえる女性もいるのではないでしょうか?

 最後に、「SWAN シルエット」の感想を一言で表すなら、ラグジュアリーバイブならではの、高品質な快感を味わえる一品でした。

「21世紀ラブグッズの旅」は毎週金曜日更新です。
お楽しみに♪

<AMショップでOLIVIAさんが紹介した商品をチェック>

Text/OLIVIA

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話