• sex
  • 2014.10.24

おっぱい番長伝授!美バストマッサージでぷりぷりバスト美人になろう

第10回目 柔らかくて触り心地のいいおっぱい美人を目指す!
アンティームオーガニック ブレストケアクリーム


 あなたのラブライフを充実させるラブグッズを女性目線でリサーチしていくこのコラム。
今回ご紹介するのは、女性のセクシャルパーツであるおっぱい専用のマッサージクリーム「アンティーム オーガニック バイ ルボア ブレスト ケアクリーム」をご紹介します。
(前回の「どんな男性でもイケる体へ!膣圧を測ってやる気がでる膣トレグッズ」も合わせてどうぞ)

 多かれ少なかれ、自分のおっぱいに何かしらコンプレックスを抱いている女性は多いのではないでしょうか?
「小さい」「大きすぎる」「離れてる」「垂れてる」などなど、あげるときりがないおっぱいのお悩み。

 機能性の高いブラジャーさえ装着していれば、盛りおっぱいを作るのは簡単!でも、いざセックスの時に裸になれば、すっぴんならぬ「素っぱい(素のおっぱい)」を晒すことになります。

 裸一貫の「素っぱい」になった時こそ、オンナとしての真価が問われます。
自信満々に自分のおっぱいを見せて、触らせることができるあなたは、おっぱい美人。「胸が小さいから見ないで!」と頑なにおっぱいを隠すあなたは、残念おっぱいです。

 おっぱい美人は、どれだけ自分のおっぱいを慈しみ、愛でることができているかが大事。
大きさや形を変えるのは難しくても、日々のケアで、柔らかくて触り心地のよい、愛情たっぷりのおっぱいに育てられます。

おっぱい専用クリームで年齢にあった保湿ケアを

 顔と比べると皮脂腺がケタ違いに少ないのがボディの肌。
年齢が上がると皮脂分泌量が減少するので、30歳を過ぎたら、お顔の肌と同じように、必ずバストも保湿ケアをしましょう。

 ここで登場するのが、おっぱい専用の「ブレスト ケアクリーム」
「ブレスト ケアクリーム」は、フィトテラピー(植物療法)に基づいた植物成分が配合されていて、バストにハリと弾力を与えて美しいフォルムを目指すことができます。

<美バストをつくる4つの植物成分>

① キゲリアアフリカーナ果実エキス
 アフリカ原産のノウゼンカズラ科の植物。バストの肌を引き締め、リフトアップ効果があります。

② ハナスゲ根エキス
 中国の東北部に生育している多年生草本植物で、脂肪細胞を分化・増殖させる効果があると言われ、バストのボリュームUPを目指します。

③ プエラリアミリフィカ根エキス
 女性ホルモンUPのハーブとして有名。体の内側から効果を高めます。

④ カニナバラ果実エキス
 ノバラ(ローズヒップ)の果実から抽出されるエキス。肌のキメを整え、潤いを守ります。

 

 リラックス効果の高いラベンダーの香りで、肌に伸ばすとほどよい硬さ。マッサージしていくと、白いクリームがすうっと肌に浸透します。

おっぱい番長伝授!美バストになるおっぱいマッサージ


「ブレストケアクリーム」の効果をより深く堪能するための「1日5分で美バストになる!おっぱいマッサージ」が有名な、『おっぱい番長の「乳トレ」 ダメ乳、ポッコリお腹、肩こり撃退!』の著者であるおっぱい番長こと、経絡整体師の朝井麗華先生に伝授してもらいました。

<STEP1:自前のブラ=大胸筋を育てる バストくるくる>


 適量(ビー玉大くらい)を手のひらに取り、肌温度くらいに温めてから、両手のひらを使ってバスト全体になじませます。
片方の手をバストの下側にそえる。反対側の手の4指でバスト上部を内側から外へ円を描きながら、バストの土台である大胸筋のつまりを取るようにマッサージする。片方の胸につき30秒。反対側も同様に行う。
筋肉のこわばりをほぐすために、イタ気持ちいいくらいの圧でしっかりと行う。

<STEP2:ふっくら柔らかい質感を生む 肋骨(ろっこつ)ほぐし>


 片方の手で逆サイドの脇の肉をバスト側に寄せる。反対側の手をグーにして、第2関節の骨で脇からバストトップへやや斜め上に向けて押し上げる。片側30回ずつ行う。

<STEP3:憧れの谷間を出現させる グーパースイナ>


 両手をグーにして、第2関節の骨で外から内へ圧をかけながら寄せる。ワキ下、バスト上部、バスト下部の3か所をしっかりほぐす。各10回ずつ合計30回行う。

<STEP4:美おっぱいを形状記憶>


 正しい位置を覚えさせるように大きく手を開いて、パーで体側からバストを内側へ寄せて30秒キープ。

 日々のおっぱいケアは、いつでも裸になれる自信をつける対外的な効果だけでなく、自分自身の女性性にも向き合う大事な時間。
毎日の日課にすれば、おっぱいのしこりや違和感などの不調もチェックできるので、乳ガン予防の健康管理にもなります。

 コンプレックスのあら探しばかりせずに、あなたらしさのあるおっぱいをたっぷり愛でてくださいね。

 次回は、「たっぷりと中イキしたい日におススメ!ズンズンと子宮に響くピストンするバイブ」をお届けします。
「21世紀ラブグッズの旅」は毎週金曜日更新です。お楽しみに♪

Text/OLIVIA

関連キーワード

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら