• sex
  • 2014.08.29

大注目の初挿入型irohaFITで「裏Gスポット」を開発!/最新ラブグッズ(2)

第2回目 彼がバイブとケンカしない。
男性にも女性にも心優しいもちぷにバイブ


 今回、ご紹介する最新ラブグッズは、2014年8月8日に発売したばかりの「iroha FIT」です。
(前回紹介したカップル向けバイブ「WE-VIBE」も合わせてどうぞ)

 AMライターのアルテイシアさんもiroha FIT体験レポートを書かれていたので、すでに気になっているAM読者の方も多いと思います。

 irohaシリーズと言えば、2013年に「女性版TENGA」として華々しくデビューし、「女性らしくを、新しく」をコンセプトに、オナニーをセルフプレジャーと言い換え、女子オナニー業界にニューウェーブを巻き起こしました。

 スタイリッシュなプロモーションの数々と女子オナニーのハードルを下げようというブランディングから「日本の女性のオナニーに革命を起こしてみせる!」という意気込みを感じ、感動したのを覚えています。
ちなみに、私の著書「最高に気持ちがいい!感じるセックス、飽きないセックス」でも初代irohaを紹介させてもらいました。

 それでは、さっそく大注目のシリーズ最新型「iroha FIT」の特徴をご紹介したいと思います。

iroha FITの半分はやさしさでできている


 irohaの魅力って、「やさしさ」だと思います。とにかく、やさしいんです。

 例えば、色。
パステルカラーで和風な色合いと滑らかなフォルムにはエロさは感じられず、眺めているだけでホッとさせられ、目にも優しい。
テカテカと黒光りしていたり、ボコボコと真珠が入っているようなバイブって男性の妄想の産物ですよね。女性はバイブのルックスに奇抜さは求めていませんから!って突っ込みを入れたくなります。

 そして、サイズもやさしい。
バイブ初心者でもスムーズに挿入できるやや小ぶりなサイズは、挿入オナニーへのハードルを下げてくれます。
カラダと心への負担を少なくするための気遣いが感じられます。

 さらに、irohaFITは、男性にもやさしい。
セックスの小道具としてバイブを使う時、彼のペニスよりも大きくて力強く動くバイブで感じまくってしまうと、興奮はするものの不機嫌になる男性っていませんか?
「俺の(ペニス)より、ヨガってる…」と気づいてしまった時に、モヤっとしちゃうんですよね。

 その点、iroha FITの小ぶり感ともちぷに触感は、張り合う気が失せてしまうくらい和みムード満載。
「これ、一緒に使ってみたい」とおねだりしても、彼がバイブに嫉妬することはありません。

やさしいだけじゃ物足りないあなたへ


 irohaFITの形は2種類。
つるんとしたシェイプのMIKAZUKI(みかづき)とゆるやかな波型のMINAMOZUKI(みなもづき)

 カリ高ペニス好きの私としては、迷わずにMINAMOZUKI(みなもづき)を使用。
他の女性の体験レビューにもあったように、確かに「スムースIN」「すぐにスッと膣になじむ」よき特徴は確認できましたが、「一見、物足りないかな?と思ったけど、中イキできた」「満足した!」というコメントを見て、ちょっと焦りました。

 正直に申し上げると、「もうちょっとガツン!とした刺激がほしい」「波型の凸凹はあまり膣壁にひっかからないな」「外(クリトリス)と中(膣)は同時に刺激したい」と思ってしまった辛口で欲張りな私。

 でも、ここで「初心者向けだし」と、自分をなだめ、泣き寝入りをしません。
「ぶっちゃけ、もうちょっと刺激が欲しい」と感じてしまった女性達のために、OLIVIA流irohaFITで未開の性感帯「裏Gスポット」を開発する方法をあみだしました。

irohaFITで「裏Gスポット」を開発する!

<STEP1:クリトリスで外イキ>


 スイッチをONにしたら、まずはローターとしてクリトリスに当て、軽く外イキしておきましょう。外イキしてから挿入をすると膣内の感度が上がります。

<STEP2:Gスポット探し>
 あおむけの状態で膝を曲げて挿入します。
irohaFITの先端部分でGスポットを探します。
Gスポットの見つけ方は、鉛筆をもつように軽く持ち、先端の角度を変えながら膣壁前面を押し進み、刺激していくといいと思います。
始めはよくわからなくても、回数を重ねていくと自分のベスポジが見つけられるようになるはず。

<STEP3:新感覚の裏Gスポット>
 Gスポットの反対側には「裏Gスポット」と呼ばれる性感帯があります。
ここを刺激するためには、まずよつんばいになって、バックスタイルでirohaFITを挿入します。この時、irohaFITを膣内で180度回転させ、お尻側に先端部分がくるようにします。
快感の種類としては「アナルへの指入れ」に感じ方が似ています。

 irohaFITのフォルムと上品なバイブレーションを利用して、新しい性感帯探しにチャレンジすれば、その魅力を余すことなく生かすことができるはずです。

 次回は、「世界最大級のラブグッズ展示会『ASIA ADULT EXPO』現地レポート」をお届けします。
毎週金曜日更新です。お楽しみに♪

Text/OLIVIA

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら