• sex
  • 2015.06.10

アラ古希で彼氏のために豊胸としぼんだ乳で高齢女子会、どっちが幸せ?恋愛の生まれない国ニッポン/カナダ人男性の性事情(2)

前回に引き続き、友人のカナダ人Jくん(35歳、外資系企業勤務)のインタビューをお届けします。「南米の女性とセックスする時は、腰を手で固定しないと不安。騎乗位でワイルドに動かれると、折れそうになるから」海外のセックスは命がけなのでしょうか…

8人目のゲストはカナダ人のJくん(35歳、外資系企業勤務)
日本語ペラペラで超エリートの彼とトークしました♪

第2回:「男らしさ・女らしさは大切か?」の世界の回答

アルテイシア 魁!セックス塾 童貞 イケメン 草食
ValetheKid

アル:「欧米にはエスコートやレディファーストの文化がある」って話をしたけど。
たとえば高校のプロムなんか「女子は綺麗にドレスアップして、男子は車で迎えに行ってエスコートする」みたいな伝統があるでしょ?

J:うん、若い頃からそういう文化が身についてるかもね。

アル:世界の若者に「男らしさ・女らしさは大切と思うか?」とアンケートしたら、日本は「大切と思わない」が多くて、欧米は「大切と思う」が多かったんだって。

J:へえ、それは意外だな。でも、僕も良い意味での男らしさや女らしさは大切だと思う。男が女を守るとか、女の子が綺麗にするとか。

アル:まあ、それがプレッシャーになる男女もいるし、性別役割分業にもつながるので微妙だけど。
ただ「男がデートに誘ってエスコートする」的な文化がある方が、恋愛は生まれやすいよね。日本は男女共に受け身だから、恋愛になりづらいので。
欧米は「男女差別はなくすべきだけど、男らしさ・女らしさは大切」って意見が多いのかも。

J:日本はちぐはぐな印象だよね。男らしさ・女らしさは大切じゃないけど、男女差別は根強いって。
先進国の中でも男女の賃金格差が大きくて、女性の管理職や政治家が少ないとか…欧米のビジネスマンは「なんで日本で商談に来るのは男ばっかりなんだ?」と驚いてるよ。

アル:「女性の管理職を増やそう」と口では言ってるけどね。でも首相が「女性が輝ける国」とか言ってる時点でどうかと思う。「輝かなくていいから、普通に仕事させてくれよ」と女は思ってるわけで。
普通に働きながら子育てできる国にならないと、ただでさえ恋愛が苦手な国民なんだから、少子化になる一方だよ。

マイナス40度のアオカンは死と隣り合わせ

J:あと、日本人は大人になっても実家暮らしの人が多いよね。欧米では独立するのが当然だし、家賃をシェアするために同棲するカップルが多い。同棲して子どもができたのをキッカケに結婚、がよくあるパターン。

アル:私の周りで結婚してる子もそのパターンが多い。実家暮らしから結婚となると、ハードルが高いよね。
上野千鶴子さんが「日本のラブホ文化も原因の1つだ」と書いてたよ。日本はラブホテルがいっぱいあるから、実家暮らしでもセックスする場所に困らないって。

J:ああ、たしかに!日本ってラブホテルめっちゃあるよね!

アル:『妖精が忘れた緑の時間』とかな。

J:何それ?

アル:神戸にある有名なラブホ(笑)。実家を出なきゃセックスできないのも、独立の追い風になるんじゃない?

J:うん。高校時代とか、車や野外でセックスするカップルが多かったよ。でもカナダって冬場はマイナス40度とかになるから(笑)。

アル:チンコで釘が打てます、みたいな(笑)。マイナス40度のアオカンは死と隣り合わせだよね。その「凍死も辞さず」の心意気がすごいと思う。日本は温かい室内でオナニーする国なのか。

J:日本はバーに飲みに行っても、スマホいじってる客が多いよね。なんでバーに来てるのに誰とも会話しないわけ?

アル:右手にスマホ、左手にオナホの国だから。南米系の男の子とかは1秒でナンパしてくるよね。

J:南米系は女性もナンパしてくるよ。気に入った男がいたらジーッと視線を送るのが普通な感じ。

アル:日本でそれやったら痴女と思われるもんな。男友達もブラジル人女性にバーでナンパされたって。で、セックスしたら騎乗位で暴れ狂ったうえ「フライハイ!」と叫ばれたって。

J:フライハイ(笑)。たしかにすっごい叫ぶ人もいるよね。あと南米の女性とする時は、腰を手で固定しないと不安。騎乗位でワイルドに動かれると、折れそうになるから。

アル:実際、たまに折れるらしいね。ムカつく男の陰茎を騎乗位でへし折るのは、技としてアリだよな。

J:怖いこと言わないでよ(笑)。使い物にならなくなるよ。

アル:だからそれが狙いなんだよ。ちなみに『くノ一忍法帳』には、股間から泡を出して敵のペニスを溶かす『蟹泡地獄』という技がある。

J:くノ一ってすごいな! 

アル:まあフィクションだけどな。

日本人のセックスセンスと身体能力は?

J:日本人女性は騎乗位が苦手な気がするな。欧米の女性は「騎乗位の方が好きに動けるからいい」ってよく言うよね。アルもロデオのようにノリノリで動きそうだけど(笑)。

アル:私の場合は、だんじりだな。「祭りや、ワッショーイ!」みたいな。
騎乗位は、挿入が下手な男子とする時に便利な体位だと思う。「私が動くからオマエはじっとしてろ!」みたいな。

J:挿入が下手な男子なんているの?

アル:たまにいる。挿入って腰だけを前後に振るのが正解でしょ?でも体全体を動かすというか、体ごとぶつかってくるみたいな男子もいる。
それだと当然うまくできないから、私の体をつかんで動かそうとしてきて(笑)。
「いや待て、挿入は餅つきだ!私が臼でキミは杵だ!杵じゃなく臼動かしてどうする!」みたいな。

J:日本らしい喩えだな(笑)。でもそれって、セックスセンスが無さすぎるんじゃないの?

アル:センスというかフィジカルじゃないかな。南米系とよくやってた女友達は「彼らは駅弁のまま部屋をのしのし歩き回る」と言ってたよ。やっぱ身体能力が優れてるのかも。

J:生まれつきもあるし、鍛えてるのもあるかも。南米の女性って、ベッド以外の場所でしたがる人が多い気がする。

アル:どこでも対応できるよう鍛えているのか(笑)。
女友達はラブホで駅弁にトライしたら、体勢を崩して電子レンジに頭をぶつけたんだって。その時、彼氏が「壊れてないか?」とレンジの心配をして、頭にきて別れたらしい。

J:そこは彼女の心配をしないと(笑)。レンジの方が人体より固いしさ。

アル:日本製品は優秀だから壊れないし(笑)。

カップル文化と同性文化

J:欧米の女性は「こういう流れでセックスしたい」って明確なビジョンがあって、細かく指示してきたりする。相手のシナリオ通りに動くのは大変だけど、そんな風に積極的なのは嬉しいよね。

アル:その方が女子の満足度も高いしね。

J:日本人は受け身な女性が多いよね。「どうしてほしい?」と聞いても、ハッキリ言わないし。だから手探りで頑張るしかないけど、それでイッてくれるとすごく嬉しい。

アル:それも演技の可能性が高いが。

J:えーっ!(笑)

アル:女はみんな女優だもの、千の仮面を持っているのよ!(Cガラスの仮面)
実際<8割の女性がイク演技をしたことがある>ってデータもあるし。映画『When Harry Met Sally』(邦題「恋人たちの予感」)でも、そういうシーンがあったでしょ?

J:あったあった(笑)。メグ・ライアンがビリー・クリスタルに「男はオーガズムの演技を絶対見抜けない」と言って、レストランで演じてみるシーン。あのシーンはすごく面白かった。

アル:今ここでやってみようか?

J:いやいや(笑)。隣りの席、おばあさんの団体だから。

アル:隣りの席もおばあさんの団体だし、オサレなカフェなのにカップルが一組もおらんのう。

J:店中、女子会だらけだよね。アルが言ってたように、日本はカップル文化のない同性文化の国なんだな。 

アル:75歳の義母も「女同士が一番」と言って、しょっちゅう高齢女子会やってるよ。女友達とランチや花見に出かけて楽しそう。
 
J:おばあさん達が女子会やってる間、夫のおじいさん達は何をしてるの?

アル:家で蕎麦でも打ってんじゃないの?

J:そうか…。うちの両親は離婚してるけど、お互いにガールフレンドやボーイフレンドがいるけどね。

アル:うちの義母はバツイチだけど「男はもうたくさん」って言ってるよ。
一方、スウェーデン在住の叔母さんは71歳バツ2だけど、つねにボーイフレンドがいる。「新しい彼氏のために豊胸手術した」って言ってた。

J:豊胸までしたんだ!すごいな~。

アル:つーか、アラ古希になってまで、男のために豊胸なんて真っ平だけど。私はしぼんだ乳で、女友達とまったり温泉につかりたいわ。

J:そうか、やっぱり女同士がいいんだ(笑)。

次回へ続く!

Text/アルテイシア

恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座 アルテイシア
『ゼロから始めるオクテ男子愛され講座』/著:アルテイシア/出版社: 永岡書店

 新刊『ゼロから始めるオクテ男子愛され講座』が発売になります!オクテ女子にも役立つノウハウが満載♪

ニコ動『アルテイシアの相談室』で悩み相談を受付中。メールはコチラまで→artesia59@live.jp

ライタープロフィール

アルテイシア
作家。

今月の特集

AMのこぼれ話