• sex
  • 2014.04.08

セックスすべらない話ダイジェスト版!M男優旦那との初セックス、バイブ部屋に空き巣、よく似た男との3P…普段聞けない武勇伝(前編)

セックスすべらない話 OLIVIA Betsy 遠藤遊佐 牧野江里 AM

 2月14日に行ったAM2周年記念「セックスすべらない話」イベントは、大盛況で終わりました。
そんな楽しい雰囲気を、当日参加できなかったユーザーさんのためにダイジェスト版でお送りいたします!
決してただのディスりではなく、純粋な下ネタのみです。
こんな話を女性が日常でももっと気楽にできる世界になったなら…日本もブータン並に幸福度が上がるかも!?

 本家『すべらない話』のBGMで、OLIVIAさんBetsyさん遠藤遊佐さん牧野江里さんが入場!
自己紹介の後、早速、遠藤さんが特注サイコロを振り、最初の話者は遠藤さんに。

名だたるAV女優さんと経験のあるM男優の旦那
そんな彼との初セックスの話

セックスすべらない話 OLIVIA Betsy 遠藤遊佐 牧野江里 AM


会場:(拍手)

遠藤:このいちいち拍手してもらえるのが励みになりますね(笑)。
さっき自己紹介の時も話がでたんですけど、私は既婚なのですが、夫がM男性なんですね。
どれくらいのMかといいますと、「私ドMで~」みたいなのとは少し違って、本物な感じでして。
その昔彼がM男優兼汁男優みたいなのをやっていたころに知り合ったんですね。
で、まあその人と付き合って、一応セックスらしきものをすることになるじゃないですか。
その時にちょっと自分の中で「やったぞ!」と思う気持ちがありまして。

 何かといいますと、M男優時代、彼は結構単体のきれいな有名女優さんを相手にしてたんですね。
そういう人との絡みを私もAVライターとして見ていたので、すごい人と姉妹になれるかもしれない!というのがあったんですよ。
で実際やることになりまして、終わったあとのピロートークに、「私もついに○○ちゃんと姉妹か…」みたいなことを言ったら、「いや、違うよと。僕はやってない、やられる方だよ」って(笑)。

会場:(笑)。

遠藤:同じ竿を通じて姉妹になれるかと思ったんですけれど、「違うよ、僕は掘られる方しかやったことない」と夫がいいまして。
ただ、マゾとセックスしただけだったという悲しい話です。

牧野:遠藤さんが自ら兄弟になろうとはしなかったんですか?

遠藤:(笑)。そうですね。まあまあ私も、そっちの方にあまり経験がなかったので、ちょっと自分のチャンスを逃してしまったかもしれないですね。

バーで出会ったよく似た2人組の男性に
ホテルに連れて行かれた話

セックスすべらない話 OLIVIA Betsy 遠藤遊佐 牧野江里 AM


Betsy:一人で飲んでいたときの話なんですけど。
BARに入ってきた2人組がかっこよかったのでチラ見していたら、片方が声をかけてきたので3人で飲んでたんです。
でも、そのうちに、だんだん酔っ払ってベロベロになっちゃって、気が付いたら両脇を抱えられて、そのままホテルに連れてかれてたんです。
でもそのホテルが3人で入れないところだったので、また両脇抱えられてカラオケにいって……いつの間にか3Pしてたんです。

 で、その2人組は両方イケメンだったんですけど、顔が似た系統だったんですよ。
ヒップホップ系だし、ちょびヒゲだし。似ているなぁと思っていたら、実はそのふたりリアル兄弟で(笑)。
後から聞いたら、その兄弟は私とだけじゃなくて、二人でちょいちょいハンティングにでかけては、3Pをしているそうで。それもびっくりしました。そんなお話です(笑)。

会場:(爆笑)

OLIVIA:兄弟でセックスの傾向とか、身体特徴とかもやっぱり似ているんですか?

Betsy:それが、お兄ちゃんのアレは結構普通で、お酒も入ってたせいか途中で萎えたりしていたんですけど。弟がすっごい巨根でした。
このマイクよりちょっと太いくらい。私の手首くらい太くて、兄弟でも全然違うんだな、って思いました。

遠藤:それはちょっと悲しいですね。
そういうのって遺伝じゃないんですかねぇ。

Betsy:遺伝…してほしかったですね(笑)。

遠藤:さすがです。
ちなみにBetsyさんとOLIVIAさんが正統派セックス担当で、私と牧野さんが飛び道具みたいな感じになっています。
では、次々いきますか。

シルクラボ編集オペレーター伊東さんが
電話していたときに発症した仕事病の話


 ここで、シルクラボの編集オペレーター伊東さんが特別にエピソードをお話ししてくれました。

伊東:私はAVの編集をやっているものなんですけれど…。

遠藤:そんなんばっかりだ!(笑)

伊東:一回48時間寝ずに編集したことがあって。
その時に尺計算っていうのをしなくちゃいけなかったんです。
そのコーナーは40分かかっちゃったから、次のコーナーは20分にしないと…と筆算するんです。
この年で筆算とかあんまやんないすよね。
で、ぐちゃぐちゃぐちゃとやっていて、気付いたらちんちんのシルエット書いていたんですよ。

会場:(笑)

牧野:私も電話していて、ペンを握りながら「なるほど!なるほどですね~」って言っていて気がついたら、ちんちんのイラストが。
顔とかも書いて、笑ったりしているんですよね。

会場:(爆笑)。

牧野:私のノートとか落としたら病院に連れて行かれると思います。

遠藤:でも自分の持ち物を万が一見られたらどうしようっていうのってありますよね。
私もおもちゃ系とか持ち運んでいるので、今もしこの帰りでトラックにひかれたら、母親泣くわ~って思いますね。

バイブレータを置いてあった部屋に
空き巣が入った話


OLIVIA:私、空き巣に入られたことがあったんです。
家に帰ったら部屋がすごく荒れていて、すぐ警察呼んだんですよ。
その時に、バイブレーターは一応仕事柄プライベートでも使っているので、お家においてあったんですけど、残念ながら、バイブレータは空き巣にとられずに、そのまんま転がっていたっていうことが。

遠藤:いらねー、と(笑)。

牧野:元々バイブレーターは散らばっていたんですか?(笑)。

OLIVIA:そうなんです。ちょっと散らかして出かけてしまって、戻ってきたらさらに散らばっていたんです(笑)。
ちょっと気を付けないといけないな、って思いました。

遠藤:バイブって、持ち歩いているといきなり動くこととかありません?

会場:(笑)

牧野:うちは、会社がそういうAVを作っている会社なので、いたる所にそういうグッズが転がっているんです。
ある日、夜中に徹夜で仕事していたら、いたる所からブンブンブンブン音がして、しかも、鍵がかかっているロッカーとか、引出しからとか鳴りだして、止められないんですよ。

会場:(爆笑)

遠藤:なんでいきなり鳴り出したんですか? 地震とか?

牧野:なんか誰かがエアコンつけたりして、そういう反動なのかなって…。
しかも、そういう時大抵有線で西野カナが流れているんですよね…。そんなに震えんでも、って。

遠藤:いい話!(笑)
いいオチつきましたね。すべらない感じですね!

 後編に続きます♪

Text/AM編集部


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら