• sex
  • 2014.05.02

エッチの最中にしぼんでも大丈夫!ふにゃチンを楽しむ3つのコツ/N=中折れ対策


 前回の「M=mirror(大興奮の鏡プレイ)」も合わせてどうぞ。

 あなたのセックスをもっと楽しくする「ラブライフのAtoZ 2nd stage」。
今回のテーマは、「N=中折れ対策」です。

エッチの最中に彼のペニスがしぼんじゃった!その時あなたは?

OLIVIA ラブライフ A to Z
dbrekke


 セックスの最中にペニスが萎んでしまうことを「中折れ」と言います。
「あれ?おかしいな…」とアセアセする男性を見るのも辛いし、焦れば焦るほど悪循環に陥ってしまうんですよね。

 そんな時、あなたは、どういう風に中折れをフォローしていますか?
・見て見ぬふりをする
・「なんで?私の魅力がないから?」と詰め寄る
・「しっかり勃たせなさいよ!」と、怒る
これ全部NGです。

 男性って、精液を飲ませようとしたり、激しく手マンしたりなどセックスでデリカシーないことをしちゃう人が多いわりに、「ペニスの具合」に関しては、本当にセンシティブ。
サイズしかり、硬さしかり、持続力しかり、女性にズバリ!コンプレックスを指摘されてしまうと、セックスに自信がなくなって、EDやセックスレスに発展してしまうことも。

 私は、男性のセックスカウンセリングをしていく中で「彼女の一言に傷ついて、セックス出来なくなった」と言う男性を何人も見てきました。
つまり、中折れを改善させるか、こじらせてED化させるかは、女性のフォローにかかっていると言えるでしょう。

 中折れフォローで、一番大事なことは、「大人だもん。中折れの一回や二回するわよね」と中折れに寛容であること。
「中折れ」を敵視せずに、ふにゃチンをゆるキャラだと思ってかわいがってあげて。

 中折れの原因は色々と考えられますが、「加齢」はかなり影響します。
彼の年齢が高い場合は、「ふにゃチン化は日常茶飯事だ」と心づもりしておきましょう。

「久々のセックス」「(その女性との)初めてのセックス」の時にも、中折れ発生率が高いです。
例えるなら、“気持ちは高ぶっているのに、カラダがついてこない”状態ですね。
これは、「緊張感」が大もとの原因なので、NGワードを連発しなければ、セックスの回数を重ねていくうちに気にならなくなっていくでしょう。

中折れしても大丈夫!ふにゃチンセックスを楽しむ3つのコツ

<POINT1:フェラチオのバリエーションを増やす>
 中折れしても、ふにゃチンだからこそ楽しめるセックスに切り替えてしまえば問題なし!
彼は、あなたの女神のような対応に、「彼女、男心をわかっている…」と大人の女の余裕を感じるはず。

 ふにゃチンを愛撫するのにおススメは、フェラ
口の中で低反発枕状のペニスがだんだんと元気になっていくのを感じるは楽しいもの。
ただ、やみくもにフェラしても疲れちゃうだけなので、能率よく彼を気持ちよくする術を身につけましょう。

「ラブライフのAtoZ」の過去記事「愛すべき珍獣をかわいがるように…彼への愛撫」「純粋なぷにキス×股を密着させる美ポジションで『見せるフェラ』」も参考にしてみてくださいね。

<POINT2:挿入時に手をそえてアプリケーターにする>
 ふにゃチンセックスの最大の難関は、挿入!
これには、ちょっとコツがあります。

 まず、彼のふにゃチンをタバコを持つように人差し指と中指で軽く挟み、亀頭を膣口にあてがいます。
生理用品のタンポンを挿入するように、自分の膣の傾斜に合わせて角度を調整すればスムーズ。
中折れたまま繋がるのも乙なものですよ。膣をキュキュッと締め付けて、膣の中でムクムク大きくなるふにゃチンを味わうのもフェラと同じで楽しい!

<POINT3:ポリウレタン製コンドームと中折れの相性は×>
 私自身も中折れ君と付き合ってきて気づいたことですが、薄さ重視のポリウレタン製のコンドーム(0.03ミリシリーズ)は、中折れ君との相性はあまりよくないみたい。
ゴム製よりも素材が硬いポリウレタン製コンドームは、萎んだり、大きくなったりを繰り返す男性の場合、脱落しやすくなるので要注意。
最初から最後までしっかり勃起する男性なら問題ないんですけどね。

 彼のふにゃチンも愛し尽くして、誰にもまねできない愛のあるふにゃチンセックスを楽しんでくださいね。

 次回のテーマは「O=新感覚のオーラルセックス」をご紹介します。
毎週金曜日更新です。

Text/OLIVIA

■OLIVIAさんの新刊予約受付中!

Tomy

『最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス』
OLIVIA・著
実業之日本社

男女の性メカニズムの違いを紐解きながら、日本人の抱えるセックスのお悩みと勘違いを真面目かつ中立的な立場で分析し、セックスカウンセリングの現場目線の生きた“テクニック”を紹介しています!

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら