• sex
  • 2014.04.25

エロさ5倍!理性が吹っ飛ぶ「鏡」セックスの3体位/M=大興奮の鏡プレイ


 前回の「L=Lips(魅惑の舌技)」も合わせてどうぞ。

 あなたのセックスをもっと楽しくする「ラブライフのAtoZ 2nd stage」。
今回のテーマは、「M= mirror(大興奮の鏡プレイ)」です。

あなたのエロさ5倍増し!セックスの便利アイテム「鏡」

OLIVIA ラブライフ A to Z
Dennis Brekke


 私たちの生活の快と不快のバロメーターになっている五感。
五感の中でも、視覚から得られる情報が、知覚情報の約8割を占めると言われています。

 特に、セックスにおいて、男性は目で見て興奮する性だそうです。
では、なぜ男性が“目で興奮する”のか、そのメカニズムを解説しますね。

 男性の発情に深く関わっているのが、男性ホルモン「テストステロン」
テストステロンは、男性が発情する時に精巣から分泌されるホルモンです。
このテストステロンが分泌されるのは、「視覚的刺激を受けた時」「身の危険を感じた時」
AVやグラビアをひとりエッチのオカズにするように、バーチャルかリアルかは関係ありません。相手に恋愛感情がなくても分泌され、その後も分泌しつづけます。

 テストステロンが分泌されると、追い打ちをかけるように脳内にやる気ホルモン「ドーパミン」が分泌され、興奮度はマックスに。
ドーパミンは別名「脳内麻薬」。テストステロンを引き金に、セックスに夢中になっていくんです。
これが、男性の発情メカニズムです。
つまり、彼をムラムラさせ、やる気にするには、「視覚的刺激」が鍵を握っているということ。

 そこで、登場するのが便利アイテム「鏡」です。
鏡に自分たちの姿を映しながらのセックスは、確実に興奮できるシチュエーション。
鏡の前ですべてをさらけ出すのは少し恥ずかしいかもしれませんが、彼が強烈に興奮している姿を見るのは、楽しいもの。
筆舌に尽くしがたい優越感を味わうことができるんです。

 ラブホテルには、天井や壁が鏡張りになっている部屋があったり、浴室がガラス張りで入浴している様子を見ることができる部屋もありますよね。
おうちセックスでも、鏡を導入するだけで、いつものセックスの5倍増しでエロく盛り上げることができます。

鏡を活用したマルチアングルプレイ3種類をご紹介!

<PLAY1:バックの不安解消!鏡で顔見せバック>
 バック(後背位)が苦手という人達は、「相手の顔が見えないのが不安」「顔が見えないと寂しい」と口を揃えます。
男性からも見ても、女性の感じている顔が見られないのは残念なこと。

 そんな不安を解消するためには、全身鏡の前でバックをしてみましょう。
鏡の前に、女性の顔がくるように繋がれば、鏡越しにお互いの顔を見ることができます。
彼は、目の前のお尻や結合部分と、鏡越しに映るあなたの感じている顔の両方を楽しめます。

<PLAY2:マルチアングルプレイで絶品フェラ>
 これは、私が「鏡スペシャル」と呼んでいる活用法です。
フェラチオをする時に、あなたのお尻を全身鏡に向けます。
彼に立ち膝状態になってもらい、あなたは四つん這いでフェラチオ。
彼から見ると、目の前で、あなたのフェラ顔を堪能でき、そして鏡には、無防備につきだされたお尻が露わに映し出されます。
フェラチオと丸見えの女性器のWの刺激で、癖になる人続出のマルチアングルプレイです。

<PLAY3:鏡の前で、M字開脚愛撫>
 大胆に感じたい女性におすすめの活用法です。
ベッドの前に全身鏡を置き、鏡に向かって女性がM字開脚をします。
彼に後ろ抱っこしてもらい、わざと鏡に映しながら女性器の愛撫をしてもらいましょう。
丸見えになった自分の女性器が愛撫されているのを見ると、恥ずかしさと興奮が入り混じり、理性が飛びます。愛液が滴り落ちてくるのは絶景。

 鏡プレイを楽しむ秘訣は、普段から、鏡の前で自分の身体を愛でる習慣をつくっておくこと。
「鏡に映る自分の裸を見るのは嫌」「自分の女性器を見たくない」と、思っているようでは、そもそもセックスも楽しめません。

 ぷにぷにしたお肉も、女性器も、すべてはあなたの個性。丸ごと愛してあげて。
念入りにセルフマッサージしたり、ひとりエッチをしたり、ボディケアに手をかければかけるほど、自分の身体に自信が持てるようになってきます。
時には大胆にあなたの「新たな一面」をチラ見せさせて、あなたに欲情する彼をムフフと鑑賞しましょう。

 次回のテーマは「N=(ピンチを乗り切る!中折れ対策)」をご紹介します。
毎週金曜日更新です。

Text/OLIVIA

■OLIVIAさんの新刊予約受付中!

Tomy

『最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス』
OLIVIA・著
実業之日本社

男女の性メカニズムの違いを紐解きながら、日本人の抱えるセックスのお悩みと勘違いを真面目かつ中立的な立場で分析し、セックスカウンセリングの現場目線の生きた“テクニック”を紹介しています!

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら