• sex
  • 2014.03.21

セックスレス解消に効果的!隠れた欲望をホテルで探求/H=セックスするホテルの選び方


 前回の「G=世代別セックス観」も合わせてどうぞ。

 あなたのセックスをもっと楽しくする「ラブライフのAtoZ 2nd stage」。
今回のテーマは「H= Hotel(セックスするホテルの選び方)」です。

あなたがしたいセックスによって使うホテルを選ぶ

OLIVIA ラブライフ A to Z
onlyfools.


 女性が自分らしく心からセックスを楽しむためには、相手選びやテクニックの他に、見落とされがちだけど、「セックスする場所」も重要です。
そのため、セックスカウンセラーが提案する「セックスレス解消の秘策」の中でもメジャーなものの一つが、「セックスする場所を変える」ことなんです。

 場所によって、その日のセックスの盛り上がり方が劇的に変わります。
特に、興奮しはじめると周囲の環境が見えなくなりがちな男性と比較して、女性は、セックスする場所の雰囲気によって、心も快感度も盛り上がったり、盛り下がったりします。

 一人暮らしや同棲をしているカップルなら「おうちセックス」がメインだと思いますが、時には、女性から「このホテルに泊まりたい」=「このホテルで○○なエッチしたい!」と下心を秘めながら提案するのも楽しいですよ。

 今回は、「あなたがしてみたいセックス別のホテル選びのコツ」をご紹介します。

あなたがしてみたいセックス別のホテル選びのコツ

秘めた性癖を探求したいならラブホテル


 セックスするホテルと言えば、思いつくのは「ラブホテル」。
ラブホテルに関しては、ラブホテル研究家や評論家がいるほど、多種多様なタイプのラブホが存在します。

 私は、一時、ラブホ専門のガイドブックを片手に、関東と関西の面白そうなラブホを訪問していました。
SMプレイに特化した部屋や限りなくシティホテルに近いラグジュアリーな部屋、プライベートプールがある部屋、鏡張りの部屋などなど。

 私たちの性癖を引き出し、それを実現する環境を与えてくれるのが、ラブホテルの最大の魅力!
どっぷりエロい妄想をしながら、ラブホ検索をすると自分の新たな性癖を発見できますよ。

クリーンな気持ちで快感に集中したいならシティホテル


 いきなりスピリチュアルなお話で恐縮ですが、風水のお話を。
風水では、就寝中に運気を体に取り込んで蓄積すると考えられているので、寝室の環境がその人の運気に大いに影響すると言われています。
休憩だけで利用するのではなく、宿泊を伴うホテルを選ぶなら、「運気」を意識してシティホテルを選びたいもの。

 掃除が行き届き、清潔で余計なものがないシティホテルは、おこもり仕事だけでなく、セックスにも没頭できます。
大きなベッドのまっさらなシーツの海で泳ぐようにするセックスは、大人の余裕あるセックスにぴったり。
寝起きに朝日を浴びながらモーニングセックスをして、その後に食べる朝食は格別に美味しく感じます。

解放的な気分を味わいたいならリゾートホテル


 窓を開けると、海や山の大自然が飛び込んでくるリゾートホテル。
日常の喧噪から離れてリフレッシュしたい時に訪れるリゾートホテルは、カーテンや窓を開けて、いつもよりも野性的に行うのがおすすめ。
あえぎ声を派手めに出せば、自分の大胆さを新発見できるはず。

和のエロスを味わう温泉旅館


 日本の風土にマッチした隠微な和のエロスを堪能したいなら、温泉旅館がベスト。
膝枕が似合う和室、温泉で温まり紅潮した肌、はだける浴衣、二つ並べられた布団。
オープンな関係でも、一気に「秘め事」感が演出できます。

文豪プレイを味わうクラシックホテル


 戦前に創業したホテルをクラシックホテルと呼びます。
多くの文豪やアーティーストがお忍びで宿泊していたクラシックホテルには、歴史とロマンがあり、「このホテルで、あの有名な文豪の○○がセックスしていた(かもしれない)…」と思うと、なんだか、妙に盛り上がるのは、私だけでしょうか。

 普段は押さえているあなたの秘めた性癖や大胆さをセックスする場所を変えることで、一気に解放してみましょう。
あなたの意外な一面にパートナーも夢中になること間違いなし。
「また、あのホテル行こう!」なんて、逆に誘われるようになるかもしれませんね。

 自分の欲望を感じてワクワクするのは、大人のセクシーを目指す女性にとって、大切なイメトレの時間。
まずは、自分のしたいセックスをイメージして、それにピッタリ合うホテルを探してみてくださいね。

 次回のテーマは「I:insert(深く繋がる挿入時間)」です。
毎週金曜日更新です。


Text/OLIVIA

■OLIVIAさんの新刊予約受付中!

Tomy

『最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス』
OLIVIA・著
実業之日本社

男女の性メカニズムの違いを紐解きながら、日本人の抱えるセックスのお悩みと勘違いを真面目かつ中立的な立場で分析し、セックスカウンセリングの現場目線の生きた“テクニック”を紹介しています!

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら