• sex
  • 2014.03.14

OVER35歳はセックスを大切にする傾向が!性のジェネレーションギャップの奥深さ/G=世代別セックス観


 前回の「F=セックスファンタジー」も合わせてどうぞ。

 あなたのセックスをもっと楽しくする「ラブライフのAtoZ 2nd stage」。
今回のテーマは「G= generation(世代別セックス観)」です。

世代別セックス観を形成する3つの要素

OLIVIA ラブライフ A to Z
Crysco Photography


 私は、ラブライフアドバイザーとして、20代から80代までの男女の性のお悩み相談やセックスのお話をたくさん聞いてきました。

 メディアでは、若者の「草食化、非恋愛主義」が危惧され、シニア世代は「生涯現役、死ぬまでセックス」と煽られていますが、実際に様々な世代の方のお話を聞いてみると、どの世代でも本音の部分では「心と身体が満たされるセックスがしたい」と願っているというのが本当のところ。
しかし、最終目標は同じでも、セックスへの積極性や行動パターンには、世代別の特徴があります。

 今回は、そのカウンセリングをしていく中で気づいた「世代別セックス観を形成する3つの要素」をご紹介したいと思います。

一つめは、「エロとのファーストコンタクト」


 男性の場合は、特に顕著なのですが、ある分岐点を境に、エロへの貪欲さと行動力がガラッと変わります。
その分岐点は、何だと思いますか?

 それは、「思春期に気軽にAVを観ることができたか?」ということです。
年齢でいうと、35才前後が分かれ目。
性的な自我が芽生える思春期のエロとのファーストコンタクトは、その後のセックス観を左右するとっても重要な出来事です。

 神社や学校の裏に捨ててあったエロ本を大切に保管して友人たちの間で回し読みしていた、OVER35世代は、「女性の裸を見る」ことへのハードルの高さと貴重さを味わっています。
その価値観は、時代が変わってもなお抱き続けます。

 一方、思春期には、すでにインターネットが普及し、ワンクリックでエロ動画やエロ情報に触れることができたUNDER30世代は、エロを見聞きすることに不自由していないエロ飽食状態。
実体験が伴わなくても、エロ動画で疑似体験することで脳が満足してしまうので、リアルなセックスへの積極性が薄くなる傾向があるようです。

二つめは、「経済力」


 生々しい話、お財布事情もセックス観に色濃く影響しています。
「デート資金を捻出するのが大変」「自分がおごるデートはキツイ」「ホテル代がイタイ」など、男性の切実な声を聞くと、セックスとお金の関係性が浮き彫りになります。
先立つものがないとセックスを含めた恋愛にも積極的になれないのも現実。
不況の煽りは、若者の恋愛質素化に影響しているのです。

三つめは、「体力」


 若者の方が性欲が強くタフで、年齢を重ねるほどに枯れていくと思われがちですが、現代社会においては、そうでもないようです。
「セックスする時間があるなら寝たい」「ピストン運動は疲れる」という体力も気力もない若者を目の当たりにすると、セックス以前に、人間としての生命力の低下を心配してしまいます。
逆に、朝まで飲んでもピンピンしている昔気質の中高年男性の方が、セックスへのモチベーションが高く、ベッドの上では、元気いっぱいです。

 社会情勢や時代が、パーソナルな領域であるセックスに影響してくるのは、とても興味深いことだと思います。
女性は、世代間のギャップを考慮しつつ、自分好みのセックス観を持つ男性を選べば、フラストレーションがたまることなく、楽しくあなたらしいセックスができるはずです。

「美しく咲いて美しく枯れたい!」私のセックスライフプラン


 男性に比較して、女性は世代別というよりは、自分の所属する女性コミュニティによって、セックス観が左右されます。
セックスにオープンな友人が多ければ、自分もオープンになるし、「セックスの話題を友人とするなんて恥ずかしい」という似た者同士が集まれば、クローズドなまま。
お付き合いする男性のセックス観の影響を受けることも多かったりと、女性の場合は、外的な要因が強いんですよね。

 様々な世代のセックス観を見聞きしましたが、筆者が考える人生におけるセックスライフの理想は、「美しく咲いて、美しく枯れる」こと。

 女性のセクシャリティーは、お花に例えられ、「開花する」と表現されますよね。
心とカラダで体感することのできる気持ちよさをすべて味わいつくし、「我が人生に悔いなし!」というレベルまでセックスを楽しみ、思い残すことなく、「セックスはもういいかな」と納得した上で、穏やかに枯れていきたいのです。
それが、50代なのか70代なのかは、今は、まだわかりません。
私は、美しく枯れる日まで、丁寧にセックスを重ねていきたいと思います。

 あなたは、どんなセックスライフプランを思い描いていますか?

 次回のテーマは「H:Hotel(セックスを盛り上げるホテルの選び方)」
毎週金曜日更新です。

Text/OLIVIA

■OLIVIAさんの新刊予約受付中!

Tomy

『最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス』
OLIVIA・著
実業之日本社

男女の性メカニズムの違いを紐解きながら、日本人の抱えるセックスのお悩みと勘違いを真面目かつ中立的な立場で分析し、セックスカウンセリングの現場目線の生きた“テクニック”を紹介しています!

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら