• sex
  • 2014.06.06

日本の男性3人に1人は早漏!男性器の持続力がアップする体位/S=早漏


 前回の「R=歴史(女性のセクシャリティとラブグッズの歴史)」も合わせてどうぞ。

 あなたのセックスをもっと楽しくする「ラブライフのAtoZ 2nd stage」。
今回のテーマは、「S=早漏男子とのセックスの心得」です。

日本人男性の3人に1人は早漏!?

OLIVIA ラブライフ A to Z
Romain Toornier


 多くの日本人男性が抱えるセックスのお悩み「早漏」
最近の調査で早漏遺伝子が発見されたことがニュースになり(※)、インターネットで「早漏」と検索すれば、早漏を克服するための情報商材やホームページがたくさんヒットするようになってきました。
早漏男性の中には、藁にもすがる思いでコンプレックスに向き合っている人も多いのかもしれません。

 ちょっとおおげさかもしれませんが、「セックスで女性を満足させられない」という負い目は、恋愛やセックスだけでなく、生活全般に影響を与えます。
コンプレックスを抱えながらも、やっとの思いでセックスまでたどり着いた早漏男子が、「もうイッちゃったの!?」と彼女に冷たく指摘されるショッキングさは筆舌に尽くしがたいもの。
さらに、女性のダメ出しがトラウマになり、早漏からEDになってしまうケースもあります。

「日本人男性の3人に1人は早漏」とも言われているので、あなたが早漏男子とセックスをする確率は高い。
今回は、早漏男子に遭遇した時の対処法と早漏男子とのセックスを楽しむ方法をお伝えしたいと思います。

誤解を生むNGワード「もうイッちゃったの?」


 早漏男子へのNGワードは、「早すぎ!」「私、まだイッテない!」と怒り気味にダメ出しすること。
これはNGワードだと誰でもわかると思います。

 難しいのは、「もうイッちゃったの?」
これって、女性からしたら悪気なく口にしてしまうんですよね。
初めてのセックスであれば驚きから本音がポロリとこぼれてしまうことも。
それに、「もうイッちゃったの?(そんなに、私のアソコが気持ちよかった?)」という自惚れニュアンスも含んで使うこともありますよね。

 正しい切り返しは、「だって、君のアソコがきつくって気持ちよすぎるから…♥」ですが、多くの早漏男子には気の利いた言葉で切り返す余裕がありません。

「彼って、早漏かも…」と思ったら、言葉で指摘せずに、彼の早漏を受け入れたセックスに切り替えていきましょう。

早漏男子のための持続力アップ体位


 実は、体位を工夫するだけで、持続力をキープすることができます。

 最もイキやすい体位は、正常位。「射精位」とも呼ばれています。
「彼って、早いなぁ」と不満が残る時は、今からご紹介する「持続力アップ体位」を試してみてください。

背筋伸ばし深呼吸正常位


 男性の性メカニズムで見ると、セックス中の自律神経の働きは、勃起はリラックスの「副交感神経」、射精は興奮の「交感神経」が司っています。
交感神経優位になると射精をしてしまうので挿入中は、「いかにリラックスしながら繋がるか」がポイントです。

 副交感神経を簡単に優位にする方法は「呼吸法」です。
イキそうになったら、背筋を伸ばして深呼吸させ、クールダウンしてもらいます。
挿入前に「イキそうになった時は、深呼吸すると長持ちするよ♥」とこっそり教えてあげましょう。

筏茶臼(抱きしめ脚伸ばし騎乗位)


 女性がリードする騎乗位であれば、女性がコントロールしやすくなります。

 筏(いかだ)茶臼は、通常の騎乗位から女性が男性に覆いかぶさり密着します。
男性の脚の間に女性の両脚を伸ばします。
彼の胸にぴたりとくっつき、かわいらしく「ねぇ、腰を動かさないで。このまま動かなくても、十分気持ちいいよ♥」と、ピストン運動をしない体位の気持ちよさと持続力のよさに気づかせてあげましょう。

 体位によってイキやすい、イキにくいを彼に気づいてもらうことができれば、ペニスの膣内滞在時間を引き延ばすことができます。
焦りは禁物。ゆっくりと繋がる心地よさを探求してみて。

 彼とのセックスをより満足度の高いものにしたいのであれば、不満足を相手のせいにするだけじゃダメ。「自分は何ができるかな?」と考えましょう。
男性にセックスコンプレックスを感じさせないように立ち回れる女性こそ、真の床上手です。

 次回のテーマは「T=teach(彼の教育方法)」をご紹介します。
毎週金曜日更新です。

※参考サイト:http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/7657092.stm

Text/OLIVIA

■OLIVIAさんの新刊予約受付中!

Tomy

『最高に気持ちがいい! 感じるセックス、飽きないセックス』
OLIVIA・著
実業之日本社

男女の性メカニズムの違いを紐解きながら、日本人の抱えるセックスのお悩みと勘違いを真面目かつ中立的な立場で分析し、セックスカウンセリングの現場目線の生きた“テクニック”を紹介しています!

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

関連キーワード

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら