• sex
  • 2014.01.13

プライドが邪魔をする?美意識の高いイケメンとのセックスにガッカリ!

 第1訓「女の股も財布も開かせる!『売れない○○男子』のセックステクとは!?」もお楽しみください。

 新しい年が明け2週間ほど経ちましたが、皆様「姫はじめ」はもうお済みでしょうか?
そういえば、「2014年は午年なので、馬主とセックスしたいです!」とTwitterで呟いたところ、「馬とセックスだなんて、さすが菊池さん!」というリプライを何件も頂いたのですが、馬じゃねえよ(笑)、馬主だよ! 馬とセックスって、獣姦じゃねえか(笑)!

 というわけで、馬じゃなくて馬主をご紹介頂けるかたは、編集部の「馬主係」までお願いいたします。


【第2訓】イケメンとのセックスはつまらない!?

 冗談はさておき(笑)、これまで筆者の上を通り過ぎて行った男性たちとのセックスエピソードから、皆様のセックスライフに少しでも教訓となるご提案をさせて頂こうという主旨の本連載、今週は「イケメンとのセックス」を通してお話させて頂きますね。

菊池美佳子 Myルール とある夜の教訓 セックス テクニック 売れない バンドマン イケメン つまらない 教訓  高身長 デカチン 口内発射 キャバクラ
by b@nfy

 21歳の秋にセックスデビューした筆者の「2人目のオトコ」は4歳年上。メガネを外すとなかなか整ったお顔立ちをしている美男子でございました。身長も180センチ近くあり、そのうえたいそうご立派な巨根の持ち主。
イケメン・高身長・デカチン、と3拍子揃ったパーフェクトな男性です。

 彼と知り合ったのは、例の如く、当時働いていた池袋西一番街のキャバクラでした(詳しくは、第1回『売れない○○男子』の回をご参照くださいませ)。
彼は、Yちゃんというキャバ嬢の常連客で、筆者はヘルプとして彼のテーブルについたのですが、家が近所という共通点があったことから、連絡先を交換するに至ったのです。
Yちゃんのお客様である彼の連絡先を聞くって完全にルール違反なのですが、まぁこれは「お水の花道」を語る連載ではなく「セックスの花道」を語る連載ですのでスルーしてください(笑)。

 後日、「家飲みしようぜ」と誘われ彼の部屋へ。飲んでいるうちに段々エロい雰囲気になり、気付いたら布団の上に押し倒されておりました。ソッコーでセックスしました。

 ではなく。当時の筆者は、経験人数まだ1人の純情おぼこ娘だったため、ロストヴァージンを捧げた「売れない○○男子」のことが心のどこかで引っかかっておりました(詳しくは、第1回『売れない○○男子』の回をご参照くださいませ)。
というわけで、「やめておこう」とお断りする筆者。
すると彼の口から、超・意外な言葉が飛び出したのです。「Sから色々聞いているぜ」と。

 

仲間内で口内発射がネタに

 Sとは、筆者がロストヴァージンを捧げた「売れない○○男子」の男友達でございます(詳しくは、第1回『売れない○○男子』の回をご参照くださいませ)。
どうやら彼らは元からの知り合いで、同じキャバクラに別々で通っていたようです。

 この時、筆者の中で何かが弾けました。「売れない○○男子」め、筆者とセックスして顔面騎乗で口内発射したことを吹聴しやがったな、と。筆者にとっては貴重なロストヴァージンでも、彼奴(きゃつ)にとっては「カンタンにセックスできてラッキー」程度の出来事だったのだな、と。

 頭を切り替えた筆者は、ソッコーでセックスしました。したのですが……
フェラチオをね、させてくれなかったのですよ。

 筆者が股間に顔を近付け、舌を這わせようとすると「待て」がかかるのです。あたしゃ、犬かっ! いや、犬なら「待て」が出来れば「よし」の声がかけられますが、結局「よし」の声はかからず、フェラチオ無しで挿入となりました。

 まぁ、チ○ポって、そんなに美味しいモノでもないですから、別にいいんですけどね。
だけどさ、フェラチオって、セックスを盛り上げるためにはけっこう要な行為だと思うんですよ。セックスの主役は挿入であって、フェラチオは脇役ってことは百も承知ですけどね。

   ラーメンの主役は麺ですが、フェラチオはチャーシューくらいのポジションだと思うんですけど……。
『水戸黄門』の主役は黄門様ですが、フェラチオは助さんくらいのポジションだと思うんですけど……。
チャーシューの入っていないラーメンって物足りないでしょ。助さんが出てこない『水戸黄門』って物足りないでしょ。

 頭の中でゴチャゴチャ考えても進まないので、率直に質問しましたよ。「舐められるのは嫌いなの?」と。
彼は、「嫌いってわけじゃないけど……」と曖昧な答え。
その後、何度か肉体関係を持ちましたが、彼は一度たりともチ○ポをしゃぶらせてくれませんでした。

イケメンとのセックスは意外とつまらない

 彼は、フェラチオ中に筆者が噛みつくとでも思ったのでしょうか? いや、さすがにそれはないだろう……。もしかしたら女性側に「臭い」とか「しょっぱい」とか思わせることに対して、プライドが許さなかったのかもしれませんね。

 イケメンだっただけに、美意識が高かったのでしょうか。
美意識が高いのは大いにけっこうですが、高すぎる美意識はセックスをつまらないものにしてしまいます。

 もちろん、フェラチオ大好きなイケメンもたくさんいます。
しかし中には、「オンナにチ○ポはしゃぶらせない主義」など、謎のポリシーを持っているイケメンも混じっているでしょうから、イケメンに誘われた際は「イケメンのセックスは意外とつまらないかも」という教訓を、頭の片隅にでも置いて頂ければ幸いです。


Text/菊池美佳子


AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら