• sex
  • 2014.05.16

ガンガンゴシゴシセックスはNG!下半身の密着で体の相性は格段にアップ

第29回 体の相性をよくする方法

 さあ今週もみんなの質問に答えていこう!
前回の質問も合わせてどうぞ。

 質問はこちらから応募してね!

質問 「彼と体の相性が合わない」

奥谷まゆみ おんなのカラダ道
dbrekke

 体の相性が合わない彼と合うようにする方法があれば教えてほしいです。

 彼とのセックスがイマイチ…っていうのはよくある話だよね。
まず言えるのは、巷にあふれている性情報のデマがほんとーーーに多いこと!

 いや、AMは違いますよ(笑)。
どの人のコラムも、すごく真実を伝えていると思います。

 もうすぐ50歳を迎える年になって、性の道を振り返ると、いやー、男も女も、本当に私たちって、性やセックスを知らなくて、幻想を追っかけていただけだったんだなーって思うよ。もちろん私も含めてね。
「セックスでもっともっと気持ちよくなりたい」「相手を気持ちよくさせたい」「もっと極めたい」って若い時は思っていたけど、その向かう方向が間違っていたよねえー。

 例えば、「締まる」っていうのも、自力で筋肉をキューキュー締めるんじゃなくて、気持ちよくなっちゃった子宮が収縮する動きなんだよ。だから、自動的に締まるの。
締まるは締まるでも「質」がぜーんぜーん違うわけよ。

 でも男子も、女子も、「締めて締めて」「締めなきゃ締めなきゃ」って思って、それでキューキュー締まらないアソコは「ガバガバ」というレッテルを貼られる。
もう全然間違っているよね。
そこを知らないから、私もバカみたいなアソコ筋トレーニング、さんざんやっちゃったよ(笑)。

ガンガンゴシゴシのセックスでは、気持ちよさは高まらない


 いいセックスへの方向が間違う一番の原因は、やっぱAVかな。
あんなガンガンやったってさー、女性性器の構造と特性から見たら、気持ちよさが高まるわけないよ。
おチンチンだって、ガンガンゴシゴシやることだけが気持ちよさを倍増させてくれるわけではないよね。

 でもAVだと、お兄さんもお姉さんもそれですっごく気持ちよさそうなお顔しちゃうから、勘違いしちゃうよね。
AVを見るときは、彼らは女優であり、男優であることを忘れちゃいけないよ。

 それに、気持ちよくなる体の仕組みを知らないと、ガンガンゴシゴシが気持ちいいんだって、自分で信じ込んじゃう。 「私は(オレは)、今すごく気持ちいいんだ」ってね。
私も昔はそう思ってアンアンしていたなー(笑)。今思えば、あれは気分だけだったな。

 男の子たちも、AVに習って、ガンガン・ゴシゴシオナニーしちゃうから、感覚の鈍いおチンチンになっていっちゃうの。
乾布摩擦で皮膚を強くするのと同じ。皮膚の強いおチンチンにはなるけど、それだけ感覚の鈍いおチンチンになっちゃう。

 そんな勘違いをしている男の子とセックスしていたら、そりゃいいセックスにはならないよね。

体の相性が合わない?それとも、セックスが合わない?


 ここで質問に戻るけど、体の相性が合わないのか、それともセックスが合わないのかで違うと思うの。

 体の相性が合わないは、「どーも体を触れ合うのはイヤ」っていう遺伝子的に近い本能的な理由があったりするの。

 例えば、小さい頃は「大きくなったらパパと結婚する!」なんて言っちゃっていたすごいパパっ子が、中学生になってもパパと一緒にお風呂入っちゃって、まわりが大丈夫なのか~?なんて心配していたのに、ある日急にパパが嫌になる、オエっとなる。

 これは、「あなたの体のメスの部分が働きましたよー、でもこのオス(パパ)は遺伝子が近すぎますよー、恋愛感情を持ってはいけませんよー」という本能の働きなわけ。

 特に嗅覚っていうのは、すごく本能的。
あなたの好きな体臭は、「遺伝子が遠くて掛け合わせても大丈夫」とか、「掛け合わせるといい遺伝子残るよ!」っていう組み合わせ。

 逆にあなたがオエッとなる体臭は、「遺伝子が近くて、掛け合わせるとちょっとマズイ」っていう組み合わせなんだってさ。
だから、いいニオイって思う体臭は、実はかなり個人差があるの。自分がイヤだと思うニオイは、みんながイヤだとは限らないのよ。

 でも現代人は化学的な香料にやられ過ぎていて、その本能的な嗅覚がぶっ壊れている人が多いみたい。化学香料ってホント、鼻がバカになるよね。
最初は「この柔軟剤、くっせー!」って思っていても、使っているうちに何とも思わなくなったり、もっと強い香りが欲しくなったりする。
柔軟剤や部屋の芳香剤、安い香水の使い過ぎは、本能がバカになって、自分に合うオスがわからなくなるから気をつけようね。

 というわけで、「体を触れ合うのはイヤ」っていう相手は、正直ムリだと思う。
遺伝子的な、本能的なストップ信号だから。
でも、「大好きだし、くっつきたいんだけど、なんかセックスがかみ合わない」という、体の相性が悪い場合は改善できるんじゃないかな?愛があればね(笑)。

「密着」してゆっくり温めるように動いてみて


 まず、あのガンガン・ゴシゴシセックス信仰を忘れようよ。
セックスが気持ちよくなるのは、「性器の充血」
これは今までもお話してきたけど、女子だけじゃなく、男子もなんだよ。
ゴシゴシだって、ようは充血させているんだもの。

 充血させるためには、まずは鈍いおチンチンにさせないことが大事。そうすれば女子のアソコもヒリヒリすることはないしね。

 そして、お互いにいい充血方法は、先週も話した通り「密着」なんだ。
密着して、ゆっくりゆっくり温めるように動く。
挿入してなくてもいいの。洋服を着たままでもいいの。
からだを密着させて、とくにおチンチンとアソコを密着させて、ゆっくりゆっくり練るように動いていれば、どんどん充血してくるから、あとは坂道を二人で登る時だけラストスパートかければ、一緒にイキやすいよ。
ぜひやってみてねー。

【つづく】

Text/奥谷まゆみ

奥谷まゆみさんへの質問や相談を絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

奥谷まゆみ
体から日常の暮らしを読み解き、体の使い方を変えて不調を改善する不思議な整体「からだクリエイトきらくかん」代表。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら