• sex
  • 2014.04.11

足首がきゅっとしまってるとアソコもいい!は本当?

第24回 歩き方、立ち方、座り方…日常の動作を変えて股関節の動きをよくしよう

奥谷まゆみ おんなのカラダ道
Thomas Leuthard


 さて、先週は股関節と卵巣、そしてキレイ&恋愛ホルモンの関係についてお話しました。
今週は、それと関係の深い部分、『足首』についてお話したいと思いまーす。

 足首!
「足首がきゅっとしまったオンナはイイ女、アソコもいい女」世間ではそう言われているよね。

 確かにそうかもって私は思うんだけど、皆は足首とアソコがどうして関係あるの?って思っちゃうよね。
先週も話したけど、股関節をよく動かすと、卵巣の働きが良くなって、キレイ&恋愛ホルモンである卵胞ホルモンが活性化する。

 じゃあ、ただ股関節をぐるぐる回していればいいのか。
それもアリなんだけど、私たちの体を作っているのはエクササイズじゃなくて、やっぱり『日常』なんだよね。
だから、日常の動作で股関節がよく動くといいわけ。
でも、日常で、脚をしょっちゅうぐるぐる回すとか、股をカパカパするとか、特別な行動をする必要はないの。
股関節にちゃんと響く座り方、立ち方、歩き方をすればいいんだよ。

股関節にちゃんと響く座り方、立ち方、歩き方


 まずは座り方
コツは『腰を丸めて座らないこと』
腰を丸めて座ると、下腹が縮んで子宮も卵巣もぺっちゃんこ。
おシリにある坐骨って骨を座面にざくっ!と突き立てる感じで、腰を立てて座ろう。

 そして今回のテーマ「足首」が関係してくるのは、立ち方や歩き方

 卵巣の働きがイマイチな女の子の体の共通点は、「足首が固いこと」
それも大抵は足首の内側がちょっと縮んでいて、足を前に伸ばしてみてみると、外くるぶしが内くるぶしよりも下がっている。
横向きに寝てみると分かりやすいかも。
下の足のかかとがちょっと内側に浮いてしまったら足首が固い証拠。

 そんな風にちょっと曲がっていて足首が固まっている子が多いんだよ。

歩くときに足の外側や、前に重心がかかっていたら要注意!


 足首が固まっている状態で立つと、足の外側、つまり小指側に重心が流れちゃう。おそらく靴底も外側が減ってくると思うよ。
足の外側に重心があると、立ったり歩いたりする時に使う筋肉が、外すねや太ももの外側など足の外側ばっかりになって、いわゆるO脚になってくる。
だから、O脚の人は、決して骨が曲がっているわけじゃないの。歩くときの重心の問題なんだよ。

 重心が外側にある人はいくら立ったり歩いたりしても、使う筋肉が外側で脚の骨も外側寄りだから、内側寄りにある股関節には響かない。
だから、歩くことよりもまず足首の固さをほぐしていこう。

 もう一つ、前後の重心の差も大事。
本来脚の裏の重心は、脚の骨の真下、つまりかかとにあるのが正常なの。
ところが、普段あんまり歩いていない人は、脚の裏側の筋肉が縮んで、重心がかかとに乗りづらいし、さらにヒールのある靴を履くと、どうしても重心がつま先寄りにいきやすい。
そんな歩き方だったら、さっきの外側寄りと同様、股関節に響かないのよ。

 そして、つま先重心の弊害はふくらはぎ。
ふくらはぎに要らない力が入っちゃって、子持ちシシャモみたいに立派で固いふくらはぎになっちゃうの。
さらにふくらはぎは、体中の血液を巡らせるポンプの働きをしているから、シシャモ脚になっちゃうと、血行が悪くなってむくんだり、冷えたりしやすいんだ。

 せっかくきれいになりたくてヒールの靴を履いていても、キレイ&恋愛ホルモンが出なかったり、むくんだり冷えやすい体になっちゃったら、残念すぎるよね。

何センチのヒールを履ける筋力があるかチェックしてみて!


 じゃあ、ヒールを履かない方がいいかというと、そういうわけでもないの。
ヒールを履いていても、かかとに重心があれば大丈夫。
そしてハイヒールを履きつつ、ちゃんとかかとに重心をキープするためには、体幹筋の筋力が必要!

 ヒールを履いても、履かなくても、かかとから着地して親指の付け根で蹴るような歩き方をしていると、足首は自然と柔軟になるし、細くなってくる。
さらに大股で颯爽と歩けば、股関節も動いて、キレイ&恋愛ホルモンもドクドク出てくるぞー。

 今回は、自分は何センチのヒールを履ける筋力があるか、チェックする方法を紹介するから、やってみてね。

① 雑誌を2cnくらいの厚さに束ねて床に置き、つま先だけ雑誌の上に乗せて、かかとは床につけてみる。
② そのまま、かかとに重心を持ってくる(頭の重さがかかとに感じるところ)。
③ 鏡で横からその状態をチェックしてみて、軸が前に倒れたり、おなかや胸を突き出したりしないで立つ。

 雑誌の厚みをどんどん上げていって、軸がくずれずに立てる範囲が自分が履けるヒールの高さだよ。

 そして、これは高さをチェックするだけじゃなくて、かっこよく、ちゃんとヒールを履くために必要な体幹筋を育てるエクササイズにもなるの。
自分の履きたいヒールの高さに雑誌を積み重ねて、その高さで軸がくずれないように1分キープ。

 それだけで立ち姿も歩き方もモデル級になれる!
やってみてねー。

【つづく】

Text/奥谷まゆみ

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

奥谷まゆみ
体から日常の暮らしを読み解き、体の使い方を変えて不調を改善する不思議な整体「からだクリエイトきらくかん」代表。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら