• sex
  • 2014.11.14

挿入が痛い人集まれ!子宮周りの筋肉を柔らかくしてリラックス体質へ

挿入が痛い、もしくは違和感がある?彼とのセックスを楽しめてない?今回は、そんな相談に奥谷まゆみさんが答えてくれました!オマタ辺りの筋肉を柔らかくする方法など、必見です!

第53回 挿入に痛みや気持ち悪さがあっても不感症ではない!


 さあ、今週は久しぶりにみんなの悩みを解決しちゃうよ!
このふたつのお悩みを一緒に考えてみよう。
相談はこちらから受け付けてるよー。
(前回の「美脚エクササイズでイイオンナに!股関節を動かすと卵巣の動きが活発化」も合わせてどうぞ)

悩みその1
「ひとりエッチやセックスでの痛みがなくなりません。不感症でしょうか?」

奥谷まゆみ おんなのカラダ道
H o l l y.

 ひとりエッチやセックスでの痛みがなくなりません。
セックス経験は今の彼一人で身体のお付き合いは1年ほどになります。
初めてセックスしたときほど泣きそうな痛みはありませんが、友人の言う「慣れれば痛みがなくなり快感になる」という感覚が全くわかりません。

 相手に任せっきりではダメだと思い、バイブやローターを買ってひとりエッチに励んではいるんですが、クリは感じるものの、Gスポット辺りの入口付近は違和感しか覚えません。
抜き差しする度にピリッとした痛みを感じます。

 濡れ不足かとも思いますが、オモチャを抜き差しすると愛液は溢れ出てくる状態で、さらにローションを使っても痛みは感じます。
不感症なのでしょうか?教えてください。


悩みその2
「痛みや気持ち悪さがあり、挿入することができません」

 はじめまして。わたしは30歳を過ぎていまだに処女です。
正確には挿入に至ったことがありません。
いままで何人かの男性とお付き合いしたのですが、私が指だけですごくつらそうな顔をしているらしく、男性からもかわいそうに思われ、なんとなくそこで冷めてしまいます。

 愛撫は気持ちいいのですが、膣に何か入るのは痛いだけでよくわかりません。
生殖に至れない自分は何か人間として欠陥があるのかと思うこともあり、悩んでいます。

 最初はみんな痛さとか気持ち悪さを我慢しているのでしょうか?
ちなみに自分で指を入れようとするのも、なんとなく気持ち悪いです。
これって変なんでしょうか?


奥の方で感じないのは、不感症が原因ではない!


 このふたつは、「気持ちいいっていうのがわからないわけではないけれど、奥のほうで感じるって言うのはわからない」という悩みだよね。
きっと同じ悩みを持っている人、多いんじゃないかなー。
せっかく大好きな彼ができても、気持ちよくなれなかったり、痛みの怖さがあると、SEXに対して積極的になれなかったり。これはすごくもったいないよね。

 でも、これは体が異常なわけでも、不感症なわけでも、欠陥があるわけでもないから大丈夫だよ!
奥や、中に入れるのが痛いっていうのは、そのへんの筋肉が固くなっているから。
よく聞く「痛くても我慢していると慣れてくる」っていうのは、硬い筋肉を無理矢理ストレッチして柔らかくしているから。
例えるなら、お相撲さんの新弟子が痛いのがまんして股割りしているようもの。
だから、アリっちゃアリなんだけど、そこまでしなくても大丈夫。

オマタ辺りの筋肉を柔らかくする方法


 オマタ周りの筋肉が硬くなる原因の一つは、日常的にそのあたりの筋肉を伸ばす機会が少ないこと。
特に座り方かな。腰を丸めて座ってないかな?
腰を丸める座り方は、骨盤底筋も膣も、子宮も縮んじゃうの。
腰が丸まると、子宮も後屈しちゃうから、経血の排泄もうまくいかなくなって、生理痛にもなりやすいよ。

 まずは、腰を立てて座るようにしよう。
左右のお尻の奥にある、坐骨を立てることと、かかとをしっかりつけることがコツだよ。おなかをタテに伸ばしてね。

 それから、普段の生活に歩くことが少ないのも原因。
腰を立てて、おなかを伸ばして、大股で颯爽と歩こう。骨盤の中がのびのびするよ。
おなかの中から歩くと、これからの寒い季節も、びっくりするくらいポカポカに過ごせるよ。

呼吸で子宮を伸ばすとより効果的!


 それから、子宮はおなかの真ん中にあるから、呼吸を使って内側から伸ばしてあげるのがすごく効果的。
オマタ周りの筋肉が縮んで硬い子は、呼吸が浅い子が多いよ。

 この呼吸、腹式呼吸とはちょっと違うの。おなかを膨らませるんじゃなくて、オマタを膨らませるイメージ。
コツはやっぱり姿勢、腰を立てて座ってみよう。
腰が丸まっていると、オマタのほうに息が届かないんだ。
腰を立てて座ると、座面にアソコがベチャッとつくよね。
そこに向かって息を吸い込むの。
その息を吸う時に、肩をあげないことと、おなかを前に膨らませないことに注意してね。

 下へ下へと息を入れてくイメージ。
オマタまで息が届くと、アソコが膨らんで、座面にさらに押し付けられる感じがすると思うよ。

 このオマタの筋肉は、あの有名な骨盤底筋っていう筋肉なんだけど、リラックスとも関係が深いところなの。
ここが伸びるようになると、リラックスも上手になれるんだよ。

 普段呼吸が浅い人にとっては、慣れない体の使い方だから、初めのうちは上手くできないかもしれないけど、使ってないところを使うのはリハビリと同じ。
あきらめないで、続けることが大切だよ。

緊張体質と自覚があったら、
クッタクタになるまで体を動かしてみよう!


 オマタの筋肉が固く縮んでいる人は、たぶん普段も「私って緊張体質?」って自覚があるんじゃないかな?

 私のところにも緊張女子がたくさん来てるから、体の緊張をゆるめるにはどうしたらいいか、長年研究してきたの。
それでわかった体の緊張を取る一番の方法は、肉体疲労することがイチバン!
体が疲れちゃうとイヤでも体の力は抜ける、っていうか、疲れちゃって力を入れられなくなるんだ。

「そういえば、クッタクタになるほど体動かしてないな~」と自覚があったら、スポーツでもダンスでも、何でもいいから「もーだめ、立てない、動けない」ってくらいクッタクタなってみて。
きっとその夜は、アソコの力も抜けてるはず~!

【つづく】

Text/奥谷まゆみ

奥谷まゆみさんへの質問や相談を絶賛募集中です!

お申し込みはこちら

ライタープロフィール

奥谷まゆみ
体から日常の暮らしを読み解き、体の使い方を変えて不調を改善する不思議な整体「からだクリエイトきらくかん」代表。

今月の特集

AMのこぼれ話