• sex
  • 2014.03.19

イカなくてもいいじゃない!快感度8合目でセックスを楽しむコツ

イク・イカない問題

Betsy 素敵ビッチLies Thru a Lens


 女性の性の悩みで必ず上位にあがるのが、「セックスでイケない」問題。

 でも、セックスでイケないからといってそこまで悩まなくていいと思うんです。
大事なのはセックスを楽しめたかどうか。せっかく体は気持ちよくなったのに、「イケなかった…」とガッカリしていたら精神的な満足感は得られないのです。

イカなくても満足感は得られる!


 確かに、イクことによって子宮をはじめとする女性器周辺の充血が解消され、気分はスッキリ。
それに、彼とのセックスでイケた!という精神的な喜びもあります。

 でも、イケたセックスが必ずしも『満足度が高い』とは限りません。

 私は相手によってイク頻度が違うので、毎回必ず一緒にイケる相手と時々イケる相手がいます。
20代半ばまでは、相手が先にイってしまうとブチギレて、ハイやり直しー!とばかりに2回戦を強要したり、二度と連絡をとらない場合も…(笑)。
それぐらいイクことにこだわっていたんですが、ここ数年は考え方が変わってきました。
というのも、場合によってはイカなかったのにイッた時よりも満足度が高いこともあると分かったからです。

 イクイカないは、愛情の深さの問題ではなく、体と心のコンディションによります。
どうしてもイキにくい時があったり、相手のフィニッシュ時までに間に合わない、イク前に力尽きることもあるんです。

 そういう時は8合目あたりでストップしてみてください。
オーガズムを山頂として快感度数8合目ぐらいのところ。
9合目までいってしまうと寸止めみたいになって、精神的にも身体的にも不満を感じてしまう。
8合目だといい具合に体中に血が巡り、手足がポカポカします。全身にほんのりと残る快感を味わいながら、ベッドで余韻を楽しむのも何とも言えない幸福感があっていいですよ。

 ちなみに私は、「今日は相手が長くもたなそうだな」と思ったら、とりあえず集中して自力で8合目まで這い上がります。
そして自分のコンディション的に今日は登るのが難しそうだと判断したら、無理せずに、相手を気持ちよくイカせることに徹します。

イクイク詐欺はいいのか


 セックスでイケないと悩む理由の一つは、「イカないと相手を喜ばせられないのではないか」ということ。
そこでついやってしまうのがイッたフリ。

 イッたフリをして自分が精神的に満足するのなら、イクイク詐欺もアリだと私は思います。
ただ、これを繰り返していると「イクイク」と発する瞬間に、オーガズムを迎えるのに重要な「もっと登りつめたい」という欲求を自分で絶つことになるので、オーガズムを迎えることからは遠ざかってしまいます。

 相手を喜ばせたいがために、イケる可能性を自分で低くしていたらもったいないと思いませんか?

 男性からすると、前のパートナーが毎回必ずオーガズムを迎えていて(もしくは毎回イクフリをしていて)、イクのが当たり前だと思っている場合、最初のうちはイカせることができなかったと自信をなくしてしまうかもしれません。
でも「私は十分に満足しましたよ」っていうことをちゃんと伝えることで相手のプライドを満たすことができると思います。

 彼がイッた後、抜かずに繋がったままキスしてくれている時に笑顔で「気持ちよかったね」と言う。
または体を離して横たわった時に二の腕に軽く掴まり「すっごくよかった。ありがとう」と言って頬か肩にキスして離れる。(相手は賢者タイム中ですからそれくらいが丁度いいと思います)
特に気持ちよかった時は、少しオーバー気味に表現してみると伝わりやすいです。

イケるように努力する


 どうしてもセックスでイキたいのなら、努力してイケる体づくりをするか、セックス中いろいろと工夫してみることで、ほとんどの方はイケるようになります。
すぐには変わらなくても頑張りすぎず気長にやってみてください。

<イクための努力の例>
*オナニーで手っ取り早くイケるからといって毎回ローターや電マにお世話にならず、たまには膣の自己開発オナニーをしてみる。

*精神的な不安要素を取り除く(しっかりと避妊する、体や顔が相手から見えにくい体位にする、手を握ってもらう、など)

*より気持ちよくなれる方法を探す(色んな体位を試してみる、ピストンしながらクリトリスや乳首も触ってもらう)

*イケる体づくりをする(運動や膣トレを習慣づける、体温を上げて体の血流をよくする、など)

 毎回言っていますが、セックスで一番大事なのは二人で楽しむこと
今回は文中でイクイク連呼しましたが、イク・イカないにこだわりすぎず、終わった後に「楽しかった」と思えるセックスをしましょう!

 次回は「男性への恐怖心と外見コンプレックスをセックスで克服!私が“素敵ビッチ”になった道のり」をお届けします。

Text/Betsy

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら