• sex
  • 2013.11.13

簡単なバキューム風フェラと袋&玉の遊び方!フェラ応用編

フェラのやり方、応用テクニック編!といっても難しい方法ではありません。キーワードは音、袋、玉。裏筋・カリ・亀頭の3ポイントほど強烈ではないけど、しっかり感じてくれます。バキュームフェラ風、奥までくわえるディープスロート風のフェラテクもご紹介します!


 前回お話したように、フェラの基本は口とちんこをたっぷりと潤わせておくことと、体を密着させるということ。
この2点をおさえつつ快感ポイントもちゃんと把握しておけば、あとはペロペロでもレロレロでもチュパチュパでも好きなように味わっていいと思います。

 今回はフェラ基本編に続き、応用お楽しみ編。
高度なテクニックなどではなく、誰にでも簡単にできて自分も楽しめる方法です。

声と空気の振動を利用する

Betsy 素敵ビッチ
Sander van Dijik


 フェラ中に声を出していますか?
私は高まってくるとついつい声が漏れます。
声といっても口の中はいっぱいになっているので「んーーっ」としか言えませんが。

 実はこの声も大事なのです。
口に指を入れて「んー」と声を出してみると指に振動が伝わりますよね。その声の高低でも振動具合が違ってきます。ちんこにもしっかりとその振動が伝わるので、テンションが上がってノリノリになってきたら我慢せずにどんどん声を漏らしてしまいましょう!

 声を漏らすのと同じく、敢えて音を出すというのもテンションが上がります。
前回のフェラ基本編で、口内をぴったりと密着させることをオススメしましたが、口の中にほんの少し空気を入れておけば舌や唇がカリ付近に来た時に段差を利用して口の中で「ちょぴっ」って音を立てることができますよね。あの可愛い音に心が高まります。
もっと空気を入れ込むと、密着度は低くなる代わりに音が大きくなるので空気の振動を与えることができます。
テンションがマックスになってきたら、竿と一緒に空気を口に吸い込む気持ちでズボボボ。
振動で思わず「ヒャッ」ってなる相手の様子を見ることができて楽しいですよ。

袋と玉の遊び方


 よく周りの友人から質問を受けるのが、袋と玉の遊び方
裏筋・カリ・亀頭の3ポイントほど強烈ではないけど十分に楽しい反応を見せてくれます。

 まずはシワシワの袋。他の部分もそうですが、同じ場所ばかりぺろぺろ往復していても気持ちよくなくなってしまうので、少しずつ舌を移動させながら表面全体を隅なく舐めましょう
唾液たっぷりの柔らかい舌でぺろ~んぺろ~んです(笑)。

 袋の快感ポイントは、会陰(袋とアナルの間)から続いている真ん中の線上と、袋の周り(脚の付け根)です。なので、ω←こういう感じに舌を這わせるとちょうどよく刺激できます。
門渡りから袋の線に沿ってスーッと舐め上げるのもいいですね。

 次に。袋の中で双子が勝手に動いて可愛いですよね。
でも玉は急所なので優しく取り扱います。舌で玉の下から軽くノックしたり、舌で上に持ち上げたり。
口に含んで少しだけ引っ張ってはなしたり。

たまにはパフォーマンス的なフェラも楽しむ
簡単なバキューム風フェラとディープスロート風フェラ


 基本編では、バキュームフェラやディープスロートはオプションなのでやりたい人だけやればいいとお話しました。女性からするとめんどくさい技な上、見た目や派手な音ほど効果がないですからね。
でもたまにはパフォーマンスとしてやってみたいというビッチ友達に、簡単なバキューム風フェラとディープスロート風フェラを教えたら、ものすごく効果があったそうなのでその方法も書いちゃいます。

①バキューム風フェラは一生懸命吸う必要ナシ!


 口の中を完全密封するだけです。
前回基本編でやったように、口の中に空気が入らないように唇や舌を密着させながらちんこを口に含んでいきます。

 ある程度まで口に入れたら舌の真ん中を凹ませます。舌を丸める要領ですね。
そうすると面白い程完全密着するので、そのまま顔を引いていくと、吸引されている感じになるんです。
勿論そのままではピストンできないので、これ以上引けないところまできたら、唇を少し緩ませ空気を吸い込みます。イイ具合に音もズボズボ言うので吸引力も振動も再現できるわけです。

②ディープスロート風フェラはえづくまで奥に突っ込む必要ナシ!


 普通の人は喉まで竿を入れるとオエッとなりますよね。
大体は舌の奥の方が刺激されてえづくことが多いと思います。
でも軟口蓋(のどちんこの上の柔らかい部分)は強く押し当てない限り、意外とオエッとなりません。

亀頭をその部分に押し当ててみましょう! 舌の真ん中あたりで竿を持ち上げて固定し、手で竿を握っていれば、突然男の人が腰を突き上げてきても喉の方まで入りません。

 亀頭を柔らかい部分に当ててみて平気だったらできる範囲でピストンしてみます。
ちんこは意外と鈍感なので、本当のディープスロートを経験したことない人だったら、この程度でも「奥まで入ってるの!?」と勝手にびっくりして興奮してくれます(笑)。その姿に私のテンションも高まるわけです。

 このディープスロート風フェラの楽しさはまだまだここから。
少しの間だけでもやってみると濃い目の唾液が出てきます。それを利用して今度は手コキ応用編の手遊びをたっぷり堪能してしまうのです。濃厚な唾液でニュルニュルになった亀頭をこねくり回して好きなだけ弄りまくって遊びましょう!

 次回は、「素敵ビッチの秘儀!ストッキング使用の悩殺ベッドテク」をお届けします。

Text/Betsy

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者に聞く!恋愛以外で今ハマっているもの調査2016

音楽、アイドル、本、映画…みなさんは恋愛以外でどのようなことに今、ハマっていますか? AMをより楽しいサイトに改善するため、ぜひご意見お聞かせください!

アンケートはこちら