• sex
  • 2016.10.20

セックスに新鮮さはなくたっていい!マンネリ問題の核心を考えてみる

カップルに必ず訪れる「倦怠期」。この期間に突入すると2人のセックスや会話は、どうも「ダラダラ」としたものになってしまいがち・・・せっかく、ベッドに入ったのに「SEXが気持ち良くない」なんて思ってしまったら・・・もったいないですよね。そこで、マンネリ問題の核心を考えながら解消する方法を探ってみます。

 今週も読者の方からのお悩みにお答えします。
(※内容は一部修正しています。質問はこちらのフォームからどうぞ!)

マンネリ化しないか心配

男性とセックスを重ねる度に、マンネリ化しないかを心配しています。毎回変化をつけるなら、どこに気をつければいいですか?

SEX セックス マンネリ化 カップル 倦怠期 セックスレス 満足 悩み ベッド 聞けない
by gax8627

 普段コラムの質問フォームやブログ、外部サイトから届くセックスのお悩み相談には、「どうやったら騎乗位がうまくなりますか」「フェラでイカせるにはどうすればいいですか」といった、男性を喜ばせるテクニックを知りたいという質問が多く寄せられます。

 ですがその一方で、私がよく行くバーやカフェ、女性だけが参加できるセックスの相談所で一番よく聞かれるのは、このマンネリ問題なんです。

 セックスはしているので、セックスレスとはまた別の話ですよね。どうやら前戯から挿入、発射までがいつも同じ流れになっているとか、男性の前戯が手抜きになってきているというようなことを「マンネリ」と言うみたいです。

 そして、毎回同じようなセックスをするのはよくないんだと焦ったり、新しいことをやり続けなければ! と、マンネリ化防止策をネットでググったりしているらしいんです。

 そんな話を聞くと、【マンネリ化】っていう言葉にビビりすぎなんじゃないかなって思うんです。
新しいことやらなきゃ! 変化をつけなきゃ! と考えてしまうようですが、とはいえセックスに毎回変化をつけるのってめんどくさくないですか?

 はじめのうちはもちろん面白いと思います。でも、用意していたプレイをやり尽くしてしまったら焦ってしまいそうですよね。それに「今日は普通でいいよ」なんて相手に言われたら、私はこんなに頑張って考えたのに! ってガッカリするかもしれません。

セックスの満足度を決めるもの

 そもそもマンネリの悩みって、本当にセックスに新鮮さが足りなくなることが問題なんでしょうか。
本当は新鮮さや興奮がどうこうじゃなくて、今やっているセックスに満足していないことが問題なんじゃないでしょうか。

 というのも、私はマンネリ化を悩んだり心配したりしたことは一度もないんですよ。何のひねりもないシンプルなセックスでも、気持ちよく終わった後に「幸せだな」って思えるセックスをしていたら、何十回、何百回と同じようなセックスをしても「マンネリ化してきた」とは感じないと思うんです。

 そういう飽きないセックスには必ず、セックスの満足度を上げてくれる“大好物のメニュー”がいくつか含まれています。

 何度もこのコラムで繰り返しお伝えしてきましたが、お互いの体のことがわかってくると、シンプルだけど必ず気持ちよくなれるやり方がわかってきます。それが大好物のメニューです。

 私の場合だと例えば、キスの時に後頭部の髪をクイッと掴んで固定されること、首筋から鎖骨にかけてキスされること、乳首を甘噛みされること、お尻を叩かれること、などがあります(笑)。
特別なことではないけど、これをやられると「そうそうコレコレ!」ってアドレナリンが大爆発しちゃうもの。その中でも特に、“この人にやられると最高”だと感じるものがあればベストです。

 相手にも同じようにそういうメニューがあります。それをお互いが共有していれば、ササッと手軽にしたいセックスの時でも、そのメニューだけはちょっと多めに時間をかけてあげたいなって思いますよね。それがあればシンプルなセックスでも飽きないのです。

 たまにはセックスに変化をつけるのも楽しいですが、それよりもっと大事なことは、お互いの大好きなメニューを把握することなんです。「コレコレ! ◯◯のコレが欲しかった」って言われるような、“この人だから最高!”なメニューを探してみるといいと思います。

Text/Betsy

次回は<「セックスしよっ!」とは決して言いません。新規セフレをベッドに誘う方法>です。
彼氏やセフレ、セックスすることが当たり前の仲なはずなのに恥ずかしくて自分からはベッドに誘えない…そんな奥手ビッチの皆様にBetsyさんがおススメするくどき文句とは。「今日はイケる!」としっかり相手に伝えるためには、念じることともうひとつせりふが重要でした。

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話