• sex
  • 2016.09.16

言いたいことも言えないそんなセフレじゃ…相手はバイブじゃなくて人間です

性欲を満たすためだけならオナニーをすればいい。だけどセフレをわざわざ作るのは、そこにコミュニケーションや予測誤差の楽しみがあるからです。イヤよ嫌よも好きのうち、なのはそれが本当にやりたい楽しいプレイだからであって、不快に思ったりドン引きしてしまうようなセフレならそれは必要ありません。セフレはオナホでもバイブでもないのです。

Betsy 素敵ビッチ 女の生き方 セフレ うまくいかない プレイ
©Silentmind8

 夏の間にセフレ関連の質問メールをたくさん頂いたのですが、この手のお悩みはセフレだけではなくて普通のカップルの間にも起こりそうだなと思ったので今回はこちらのお悩みを採用しました。メールを送って下さったAさん、回答が遅くなり申し訳ありません。(※内容は一部修正しています。質問はこちらのフォームからどうぞ!)

セフレのプレイが正直イヤだ

 最近セフレが出来ました。 事前にコスチュームを着て欲しいと言われ、ナース衣装などハードルが低いものを想像してOKしましたが、幅2センチくらいの三角形が両胸とあそこについている面積が小さすぎるコスチュームが用意されていてかなり引きました。しぶしぶそれを着けて事を致し、速攻脱ぎました。正直とてもイヤでした。
その日の帰りに、「エッチなことは順を追って慣らしてからにして」と言ったのですが、その後に届いたお誘いのメールには、「舐めやすくしといてね」「最後は口か顔にかけたい」と書かれていてドン引きしました。
私は顔や口に出されたことはなく、断るつもりですが、彼は至ってノーマルなことだと言います。 それくらいの刺激が無いと興奮出来ないものなのでしょうか? それとも彼がAVを観すぎなだけでしょうか? また会う予定ですが、次は私が主導権を握ろうと思います。 SEX本も買って彼に渡そうと思います。 彼も反省してくれていればいいのに。 やっぱり性癖を話しあって、お互いに妥協点を見つけるべきでしょうか?(Aさん)

 申し訳ありませんが、初めて「何言ってんの?」って思ってしまいました。嫌なのに何でセックスするんですか?なんでまた会うんですか?

 セックスって二人きりの空間で超無防備な姿を晒し合う行為ですよね。どちらかが無茶をすることで嫌な気持ちが残ることもあるし、場合によっては体が傷つくこともあるんですよ。最低限のコミュニケーションを取らずにセックスするって危険なことだと思いませんか。
 
 先週の記事で、セックスには欲望をぶつけようと言いましたが、やってみたいことを何でもやっていいってことではないです。セフレって、オナホ代わりでもバイブ代わりでもないんです。そういう人達もいるかもしれないけど、少なくとも私は違います。

 セックスがメインの関係では、恋愛のパートナーとはできないことに挑戦しやすいとはいえ、あくまで自分のファンタジーを口にしやすいというだけで、絶対に実践できるとは限りません。提案してもそれが受け入れられなかったら、してはいけないじゃないですか。
 
 「順を追って慣らしてからにして」というAさんの主張を無視した彼もよくないですが、Aさんがされて気持ちよくないことを受け入れているのもよくないと思います。そして新たなことを次々と要求してくる彼と、結局あれこれ受け入れながらも突然セックス本を突きつけて反省を促すAさんの間にはコミュニケーションが成り立っておらず、お互いの本心を無視し合っているように思えます。  

言いたいことも言えないそんなセフレじゃ…

 AVを観てやってみたいプレイを見つけるのも大いに結構ですし、プレイがノーマルかどうかも関係ありません。問題は、両者がそれをやりたいかどうかですよ。

 例えば、ポルチオを開発したいとか相手が言い出しても、嫌だったら断ってもいいし、試しにやってみて嫌になったらすぐやめてもいいんです。逆に、男性の前立腺を弄ってみたいと思っても、相手が嫌がったら絶対にしてはいけません。「気持ちよくなるから!痛くしないから!」とか言って強引にアナルに手を伸ばしてはダメなんです。(自分自身に言っています(笑))
イラマチオされるのが好きだからって髪を掴ませて喉奥まで亀頭をぶち込ませようとするのはダメです。(これも自分自身に言っています。)ちんこを思いっきり噛まれるのが好きだからって、嫌がる相手に「もっと噛んで!もっと強く!もっと!」と強要してはダメです。(本当にむかつきました。)

 お願いされる方も、嫌なことは絶対に嫌だと言いましょう。ハッキリ言わずに「うーん」とか「えー」とかもごもごしていると、ただ恥ずかしがっていると受け取られることもあるし、もしくは否定の言葉が出てこないのをいいことに、「合意だ」と押し切るバカチンもいます。

 もし私がAさんだとしたら、散々嫌な気分になった後で性癖を話し合ってみようとは思いませんね。そんな状況で話し合わなければならない時点で、お友達としてやっていけません。どうしてもその彼でなければならないのなら、話し合って妥協点を見つけるのもアリかもしれませんが…。

Text/Betsy

次回は<バテない騎乗位がここにある!なまけ者女子に捧ぐゆらゆら騎乗位のススメ>です。
2年前に公開されて以来、常に多くの方に見ていただいている「騎乗位」記事。今回はそのバージョンアップとして新たな騎乗位テクニックをご紹介!やってみたいけど敷居が高いと感じていた貴女。これを読んで、実践してみてはいかがですか?

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話