• sex
  • 2016.07.07

あなたはツルツル派?完全無処理派?夏こそ考えたいVIO脱毛の意義

自己処理しづらいアンダーヘアの脱毛は夏が近づくと気になる話題。ベッドの中だけでなく、海やプールなどに行く機会が出てくるシーズンだからこそ処理するのがベター?と思いますよね。だけど脱毛はいいところだけではなく、当然デメリットもあります。女子力という言葉に惑わされないで、冷静に考えたいですね。

「女子力」に振り回されてないですか?

Betsy 素敵ビッチ 女の生き方
©Helga Weber

 股間が蒸れる季節になったのでちょっと毛の話をしようと思います。

 世間ではVIO(アンダーヘア)脱毛は女子力! みたいなことを言われているじゃないですか。
脱毛するのはその人の自由ですし、実際毛がないことで便利なこともあるから、脱毛することは大いに結構。でもいつも違和感を覚えるのは、「脱毛していないとやばいよ」っていう言葉なんです。この季節には特にそういった言葉を見かけます。
特に、「脱毛していないのは女としてダメだ」と取れるような表現を見るとモヤモヤするんですよ。ちょっと不安を煽りすぎじゃないかって。

 そりゃあ毛がないといいこともたくさんありますよ。例えば、

*汚れを拭き取りやすい(特に生理の時)
*毛に尿やおりものが付いて匂いの原因になるのを防ぐ
*クンニしてもらいやすい
*見た目がいい
、など。

 アンダーヘアを処理する目的としてよく言われているのが、「処理したほうが清潔に保つことができる」ということなんです。確かに皮膚の表面は拭き取りやすくなるので清潔に感じますよね。
でも本当にそうなのかな? と。

 そこに毛が生えている理由は何なのかと考えた時、アンダーヘアの場合、バクテリアの侵入を防ぐことや繊細な皮膚を摩擦から守ることなんです。そう考えると、毛がなくて大丈夫なのかな? と思ってしまいます。

処理することで起こるトラブル

 実際、アンダーヘアを処理することで起こりうるのが、

*バクテリアが膣に入るのを防ぐことができない
*皮膚を守るものがなく、摩擦で小さな傷がつきやすい
*処理そのものによって皮膚が傷つき、炎症を起こしやすい
、など。

 ツルツルの大陰唇や無防備なクリトリスに男性の剛毛を擦られると、赤くなってしまったり痛くなったりしますよね。
こうやってできた傷から性感染症に感染するリスクが上がるそうです。

 「処理したほうが清潔!」というのはあくまで感覚でしかないということですね。逆に処理していないほうが衛生的だそうです。

 脱毛しないほうがいいと言っているのではありません。私も、元々あまり生えてこないアンダーヘアを整えて極小Vしかない状態ですし(笑)、セックスの時にツルツルのIラインを触れられるとゾクゾクするので、毛がなくてよかったと思うこともあります。

 私が言いたいのは、脱毛にしても避妊法にしても何にしても、メリットだけ聞いて鵜呑みにするのではなく、デメリットも自分で調べてから選択するのが大事ということです。毛の話の度に言っていますが、「女子力」という言葉にとらわれすぎず、自分が快適かどうかをよく考えて欲しいんです。

 その上で処理する方を選ぶとしても、いきなり全部伐採しまうのではなく、例えばVの面積を少し小さくしてみる、もしくはカットして毛の長さを整えるだけにしておくなど、部分的に試してしばらく様子を見てみるなどしてはいかがでしょうか。

 処理した後はより一層衛生面に気をつけ、股間の健康を保つようにしましょう。
おりものシートをつけっぱなしにしている人が多いらしいですけど、そんなのもってのほかですからね!

 次回は《「何か違う」のモヤモヤを記録しよう!今日よりもっとよくなるセックス手帳》です。

Text/Betsy

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話