• sex
  • 2016.05.12

チナラが世界を救う?怖がることなんてない「オナラのような音」の正体

「チナラ」という言葉を知っていますか?セックスの最中にアソコ付近から鳴ってしまう音…恥ずかしいと思いますが、怖がることではないんです。セックスをしていれば起こってしまう現象について今日は解説していただきました。

 

 今週はチナラに関する質問にお答えします。
(※内容は一部修正しています。質問はこちらのフォームからどうぞ!)

まるでオナラのような音が…彼は引いてない?

 初めてセックスしたときから悩んでいて、未だに解決できていないので質問しました。
セックス中、バックの体勢など下腹部に変に力が入ると、膣の中に空気が溜まっていくような感覚になることがあるんです。
すると、抜いたときや、終わって体に力を入れたときに、腟内から空気が漏れて…まるでオナラのような音が。

「あっ、これは鳴る…」と思って我慢しようとするんですが、力加減が分からずどうしても鳴ってしまって…。毎回ではないので、今の彼は「気にしないよ」と笑ってくれますが、前の人に引きつった顔されたこともあったので、今の彼も本当は引いてるんじゃ…と疑って悩んでいます。

 これは私だけなのでしょうか? 防ぐ方法はありますか? バック好きなので、気にせずセックスに集中できるようになりたいです。(Aさん)

Betsy 素敵ビッチ 女の生き方
©by mislav-m

 安心してください。Aさんだけではありません。誰にでも起こることです。

 原因はAさんの仰るとおり、膣内に入ってしまった空気が出る時の音で、「チナラ」と呼ばれるものです。

 膣内って真っ直ぐな筒ではないですし、内側にはひだがたくさんあります。
また、前戯などで膣内の粘膜は充血してふっくらしています。
そんな柔らかい肉の袋に硬い肉棒が出たり入ったりするため、挿入角度や深度によっては空気が入ってしまうことがあるんですよね。

 膣の締まりがいいとか悪いとかも関係ありません。
ゆるっとしたタイプも、まったりとまとわりつくタイプも、キュンキュンと締まるタイプも、どんなタイプの膣でも出るときは出ます。
感じはじめると膣がうねうねと動き出す人は、よりチナラが出やすいかもしれません。
そして、一般的にバックの体勢や、体位変換の際には特に空気が入りやすいようです。

 いずれにせよ、ただの空気ですし、誰でも出ちゃうものなので気にしないでください。

チナラを受け入れなさい、怖がることなんてない

 とはいえ、やっぱり恥ずかしいですよね。
私もバックの体勢の時や体位を変える時には、なるべく空気が出ないように膣の入り口あたりを締めてみたりしますが、いきなりちんこをスポッと引っこ抜かれてチナラが出てしまうと、その場から逃げたくなるほど恥ずかしくなります。

 でも、セックスってそもそも恥ずかしいことばかりじゃないですか。
真っ裸だし、股間に顔を埋められるし、体のニオイも嗅がれるし、イク時の必死すぎる顔も見られてしまいます…。
だから、多少は諦めてしまった方がいいのかも。

 気になる男性の方はというと、こっちが死ぬほど恥ずかしがってキャーキャー言っても「あっそ。」と無反応で続行することが多かったので、そんなに気にしなくてもいいのかなと思いました。
中にはわざとからかって、もっと恥ずかしがらせようとする小学生のような人もいますけどね。

 男性にある程度のセックス経験があると、何度もそのシーンに出くわすそうで、特に何とも思わないそうですよ。
というより、ピストン中は夢中になっていてそんなことどうでもいいようです。

 そうそう、Awkwafinaというアメリカのラッパーが”queef(チナラ)”という曲のPVで言っていましたよ。
“You need to embrace your queefing. You can’t be scared of it anymore. It’s gonna save the world.”
(チナラを受け入れなさい。怖がることなんてないのよ。チナラが世界を救うの。)

 世界を救えるかどうかはわかりませんが、怖がることなんてないですよ。
チナラなんて恐れずに大好きなバックをバンバン楽しみましょう!

 次回は《彼の言葉攻めがとんちんかん…!自分がしたいセックスファンタジーを共有するには》です。

Text/Betsy

ゆっち ファスティング ベルタ酵素ドリンク ダイエット 断食

 運命の出会いは、ストリート…!? 道ですれ違った人に積極的にアプローチする方法をご紹介!

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話