• sex
  • 2016.03.31

騎乗位に体力づくりは必要?感度もあがるおしりの鍛え方

「騎乗位は好きだけど疲れてしまう…」。騎乗位のために体力をつけたり、気持ちよくなるトレーニングはしたほうが良いのか?そんな騎乗位に関するお悩みにBetsyさんがお答えしてくれます!

 今週もまた質問を頂きました!
(※内容は一部修正しています。質問はこちらのフォームからどうぞ!)

騎乗位に体力づくりは必要?

 私は騎乗位で膝をつけて座ってもすぐに疲れてしまいます。もっと長く騎乗位をしたいのですが、どんなトレーニングが有効ですか?
また、ベッツィーさんはセックスのために体力をつけたり、気持ちよくなるためのトレーニングをしていますか?

Betsy 素敵ビッチ 女の生き方 騎上位 セックス
©by IgorDIk

 トレーニングしてますっ! と胸を張って言えるほどのことはしていません。というのも、かなりズボラな性格な上に、運動は大嫌いなんです。1万数千円の月会費を引き落とされるスポーツジムにも月平均3回しか通っていません。ですので、結構だらしない体をしています。

 でも、自分にとって必要最低限のトレーニングはやっていますよ。それは、下半身の筋トレです。ジムに行かない日はドライヤーで髪を乾かしながら、スクワットと脚上げをしています。それも毎日は面倒なので週に3、4回なんですけどね。
オナニー中も自然とアソコと下腹部にぎゅうぎゅうと力が入っているので、これも筋トレだということにしています。

  月3回だけのジム通いと自宅での気まぐれなスクワットでも、数年間続けることでセックスの感度が倍増したので、下半身は絶対に鍛えたほうがいいと思います!

 特に変化が顕著だったのがお尻(アナルではない)。舐められても強くひっぱたかれても噛み付かれても気持ちよくなる体になってしまいました(笑)。挿入中も太ももの内側にある内転筋をキュッキュッと動かしてみると結合部の擦れ具合が増して、めちゃくちゃ気持ちよくなります。

 スクワットはやり方によっては膝を痛めてしまう場合もあるので、YouTubeなどで正しい方法を確認してからやってみてください。

騎乗位のバリエーションを増やそう!

 騎乗位を長時間したいということですが、体を鍛えなくてもできる方法があります。それは騎乗位のバリエーションを増やすこと、です。

 いくら体に負担のかからない体勢であっても、同じ動きを続けていればすぐに疲れてしまいます。なので、疲れたら別の体勢に変えて、刺激にも変化をつければいいのです。

 2回戦目、3回戦目と続くと、イキにくくなる男性とのセックスでは、スタートからフィニッシュまで30分ほど騎乗位で腰を振ることもあります。が、私はそんなに体力や持久力があるタイプではないので、自分の体の具合と相手のちんこのコンディションに応じて体勢を変えて、ハァハァゼーゼーヒューヒュー言いながらフィニッシュまで持っていくわけです(無理してまで長時間耐久する必要はありません)。

 騎乗位での動き方を以前ご紹介したので、こちらも一度ご覧下さい。

上下ピストン

Betsy 素敵ビッチ 女の生き方 騎上位 セックス 上下ピストン
上下ピストン

 一番ハードな体位です。太ももがすぐに痛くなりますよね。足の裏を床につけた状態でも疲れたら、次は爪先だけ床につけて上下に揺れると少し楽になります。
それでも疲れたら、前方に両手をついて腰を上下するともっと楽になります。

前後グラインド

Betsy 素敵ビッチ 女の生き方 騎上位 セックス 前後グラインド
前後グラインド

 骨盤だけを小刻みに動かすことができれば一番楽にできる体位です。スピードを調節しやすいので、ゆっくりと大きく動いたり、小さく速く動いたりと変化をつけましょう。
疲れたら後ろに両手をついて体全体を前後に動かす方法もありますが、竿が下向きになるのでギンギンの時には不向きです。

腰だけを上下に

Betsy 素敵ビッチ 女の生き方 騎上位 セックス 腰だけを上下に
腰だけを上下に

 こちらも(2)と同様に、慣れればかなり楽です。抱きつき正常位で、男性が腰を振る要領で骨盤を前後に動かします。骨盤を大きく前後に動くのが疲れた時は、太ももを内側にキュッキュッとリズミカルに締めながら骨盤を軽く振ると、体力を消耗せずにピストンを続けられます。

 また、膣内のカーブがきつくなる体位なので、ちょっとちんこが柔らかくなってきた時にするのがオススメ。先端を狙って動くと刺激が強くなるので、回復しやすい大勢です。強い刺激を楽に与えられるのでフィニッシュにも向いています。

体全体を上下

Betsy 素敵ビッチ 女の生き方 騎上位 セックス 体全体を上下
体全体を上下

 これは(1)や(2)のように上体を起こした体位になるので、疲れた時に便利です。
両肘両膝を床につき、体をベッドに対して平行に移動するだけです。速く動けない分、膣内の摩擦をじわじわ感じることができ、しかも竿が抜けにくいのでどんな状態の時にもできる体位です。

 これくらいバリエーションがあれば、自分が感じすぎてガクガクになってしまった時でも、相手がちょっと萎えてきた時でも、お互いのコンディションに応じて長時間楽しめます。
ホットヨガにでも行ってきたの? ってくらい発汗するので、スリムアップにも効果的です。

次回は《主従プレイは相手への反応が大事!セックスをワンランクあげる方法》です。

Text/Betsy

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話