• sex
  • 2016.01.14

「久々のセックスは燃える」は誤解!セックスレスを防ぐ唯一の方法(前編)

セックスレス大国ニッポン。実はレスになるのに特別な理由はないのです…ただヤる気がなくなっただけ。いつまでもパートナーに欲情するために守るべきポイントを二回に分けてお届けします!

メイン2
©jb_brooke

 日本はなぜセックスレスのカップルが多いんでしょうか。
私の友人にセックスレスで悩んでいる人は多く、このコラムにもよく相談メールが届いています。

 中にはセックス以外の深い問題が絡んでいる場合もありますが、実際にレスになっている人から聞いてみて感じたのは、セックスを避けている側の言い分のほとんどが「特に理由はない。ヤル気がなくなっただけ」ということ

 これを言うと叩かれそうだなと思って今までは言いませんでしたが、私は、「カップルでいるならセックスは義務」だと思っています。

 性欲だってその人の人格を形成する大事な要素なのに、相手の性欲を無視するのはよくないと思うんですよ。二人そろって性欲がないのであれば無理にする必要もないですが、健康上の問題や、容姿や性格が著しく変化するわけでもないのに相手の性欲を無視するのは、人格を無視していること同義だと思います。
※相手の体力と性欲以上の過剰なセックスを求めることも同じ。


 では、パートナーに欲情しない場合はどうすればいんだ?ってことですよね。
それは、「欲情しなくなるまで自分のことを放っておかない」、これに尽きます。
簡単に言うと、「とにかく期間を空けずにセックスし続ける」ということです。

 夢もロマンもない話ですが、“本当にお互いが欲情した時にだけ”セックスする生活を送っていると、気づいた時にはもうセックスレス状態に陥っているのです。

 一緒に過ごしてきた時間が長くなればなるほど、お互いにドキドキ感はなくなってしまいますよね。それと同時に、欲情もしづらくなります。
付き合いたての時は、女性の太ももがあらわになっただけで興奮したり、男性のたくましい腕に触れただけでドキっとしたりしていたにもかかわらず。

 何度もセックスをして知り尽くしまった相手の体に欲情し続けることは、誰にとっても難しいことです。同じ人に何年も何十年も努力なしに欲情できるってある意味変態的ですよね。もちろん“理想的な”意味での変態です(笑)。

 セックスレスの予防として、今までのセックスにひと工夫して色々試してみることを提案してきましたが、正直なところ、頻度が月1ならばその効果も半減です。

性生活をキープしてセックス力をあげよう

 結局のところ、セックスの頻度が落ちてしまうことが問題だと思うんです。
1週間に1度ならまだいいです。それが10日に1度、20日に1度、月に1度…となると、徐々にセックスなしでも平気な体になってしまい、やがてセックスそのものが「特別な行為」に変わってハードルも上がり、いざ挑もうというときに上手くいかなくなる。
例えば、勃起しにくい、濡れにくい、感じにくい、イキにくい、ということが起こってくるんです。

 私は専門家ではないので、ホルモンの話を上手く説明できませんが、実体験から分かったことは、頭と体が性的なものから離れる時間が長くなるにつれ、セックス力が低下するということ。
つまり、セックス力というのは、性的なことに頭と体が反応する力なんです。

 昔付き合っていたゲーマーの彼は、1つのゲームにハマると帰宅から寝るまでずっとゲームをし続ける生活をしていました。休みの日は一日中パジャマ姿のままゲームに向かうほどの没頭っぷりだったのですが、そういう生活が続くと、だんだんとデートの頻度は落ちていき、週2、3で会っていたのが、週に1回、10日に1回となり、毎晩オナニーをする性欲の塊のような彼でもオナニーやセックスを全くしなくなるんです。
そんな状態で久々に彼とセックスをすると、明らかにパフォーマンスが悪くなってるんですよ。勃起度が悪くなり、興奮も長く続かないというように。

 私自身も性欲が強い方だと自覚していますが、詰め込んだ予定で忙しくしていると、はじめは欲求不満でムラムラしていたのに、一週間が過ぎる頃にはオナニーもセックスもしていなくても平気な状態になっていることがあります。普段なら3日空くだけでもムラムラしてしまって大変なのに!

 20代ならば、そんな生活さえやめればすぐに回復できます。
しかし、30代40代になると、基礎体力も落ちるせいか、セックス力は簡単に低下してしまい、回復にも時間がかかります。

 久しぶりのセックスは燃える、というイメージってありますよね。
それはやらなかった期間に「やりたいやりたい」と欲望を募らせていた場合のみの話で、なんとなく時間が過ぎてしまった場合のセックスでは、頭も体も性的に興奮しにくくなると思います。やらなければやらないほど、やらなくても平気な体になってしまうということです。

 逆に、やればやるほどやれるようになってくる、というのも実感としてあります。
オナニーやセックスの頻度が上がるほど、性欲も高まってくることがあります。先ほどのゲーマーの彼も、頻繁に浮気をしている時ほど私とのセックスも増えて、しかもパワフルになっていました(笑)。

 浮気は避けて頂きたいですが、とにかく性生活を途切れさせないことがポイントなんです
長くなってきたので次週に続きます。

次回は《関係をぶち壊す禁止ワード使ってない?セックスレスを防ぐ唯一の方法(後編)》です。

Text/Betsy

AM Answerが公式にオープン!

 友達とはシェアしづらい性や恋愛ネタを大喜利形式で話せる、AM Answerが公式にオープンしました!
Betsyさんからのお題は…
「この人テクニシャンだ!と思ったスゴ技はどんなものでしたか?」
「人には言えないけど死ぬまでにやってみたいプレイは何ですか?」
あなたが経験したこと、思ったことをぜひ教えてください!
AM Answer

楽園の罠

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者の金銭感覚を調査中!

20代~30代のみなさん、自身の収入を何に使っていますか?交際費、美容、趣味…などなど女性が一番お金をかけているものは何なのでしょうか!?ぜひご意見聞かせてください!

アンケートはこちら