• sex
  • 2015.02.18

アソコの奥に当てたまま優しくトントンで深い挿入を回避!バックが痛い場合の4つの対処法

「彼氏の竿が大きすぎて、バックでつかれると痛い…」今回は、Betsyさんにバックが痛い場合の対処法を教えてもらいました!浅くゆっくりのピストンから始めたり、フィニッシュはバック以外にしてみたり、参考にしてみてくださいね!

 今週も読者の方からの質問です!
<質問はこちらから受け付けています!>


「バックで突かれると痛い…」

 彼氏の竿が自分には大きくて、バックでつかれると、セックスの後に痛くなります。
奥まで入れてもらうのは、気持ちよくて嬉しいのですが、やっぱり痛いのはキツいです。
どうすればお互い気持ちよく、痛みを回避できますか?教えて下さい(>.<)

Betsy 素敵ビッチ ラブグッズ フェラ クンニ 同時イキ 中折れ アンダーヘアjosemanuelerre

 痛くなるのは辛いですよね。
バックでの挿入は、子宮口付近にダイレクトに当たって刺激が強い上に、男性が興奮してくるとさらに激しく、奥をめがけて突かれることもあります。

 質問してくださった方は10代とのことで、私も10代~20代前半まではバックや交差位での挿入は、やり方によっては痛かったのを思い出しました。
相手も若いと亀頭まで硬いせいか、子宮口と亀頭のぶつかり合いで痛くなっちゃうんですよね。

【男性器のタイプ別おすすめ体位…つちのこタイプ、マグナムタイプほか】でも少し触れましたが、対策としては以下のものがあります。

*浅く・ゆっくりのピストンから
 バックで挿入したら、まずは浅いところからゆっくりと動かしてもらいます。
奥に当たるところまできたら、竿を出し入れするようなピストンではなく、先端を奥に当てたまま優しくトントンと押すような動きをしばらく続けてもらいます。
こうやって少しずつなじませることで、私の場合はかなり痛みを回避できました。

*脚を閉じて、腰は反らせない
 脚を開いたバックの姿勢は、奥まで挿入しやすくなってしまうので、なるべく開かないようにします。
同じく腰を反らせたり、上体を低くしたりすると深い挿入になりやすいので避けましょう。

*脚をバネ代わりに
 通常はバックの体勢の時、太腿とひざ下が90°の角度になっていると思いますが、膝をグイッと曲げて、相手と自分の体の間に足の甲を挟む(甲が相手の骨盤に、足の裏が自分のお尻に向く)ようにすると、脚がバネ代わりになり、深すぎる挿入を避けることができます。

 同じバックでも、立ちバックの方が挿入深度は浅くなり楽になります。
また、男性が女性の背中を覆うように重なる体勢、女性が土下座スタイルになることでも激しいピストンを避けることができますよ。

*フィニッシュはバック以外で
 バックの体勢でフィニッシュとなると、興奮しすぎて無意識に早く深いピストンになってしまうことがあります。
また、タイミング的に痛くても相手を止める隙がないので、バックでのフィニッシュは避けてもらいましょう。

 今回の質問で気になったのは、バックで痛くなるということを相手が知っているのかどうかです。相手に言いだせずにいると、痛みが恐怖になって楽しめなくなるかもしれません。必ず相手に伝えて、痛くならないように二人で工夫してみてください。
あれこれやってみても痛くなる場合は、バックは断念して、他の体位で二人が楽しめるものを探してみましょう。

 次回は、「フェラ初心者でもできる!『温かさ』&『ぬるぬる感』でつくる簡単で気持ちいいフェラ」をお届けします。

Text/Betsy

Betsyさんのへのご質問&ご感想募集中

お申し込みはこちら

関連キーワード

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話