• sex
  • 2014.08.20

疑似処女膜を突き破る!究極の焦らしプレイ(下半身編)

焦らし(下半身編)

Betsy 素敵ビッチ ラブグッズ フェラ クンニ 同時イキandresdavid90


 前回に引き続き、興奮が昂まる焦らしプレイです。今回は下半身編!

 その前に、念の為に言っておきます。
当たり前のことですが、焦らしに興味がない相手にはやらなくていいです。ライトに焦らしてみて反応が薄かったら、焦らさなくていいと思います。

 それから前編でも述べましたが、忘れてはいけないのは、
①焦らしてますよ~という態度と、②相手の反応に合わせたタイミングと長さ。
つまり質と量が大事なんですよね。5分10分と長く焦らせばいいってもんじゃない。むしろ逆効果になることも。

 一番最悪なのは、刺激を途中で止めている時にイってしまうこと。

 例えば、イキそうになるのを我慢させ、イク一歩手前でストップを繰り返して焦らしている時に、刺激はストップしてるのにイってしまうことがあるんですよ。
これは本当に最低最悪です。割と温厚な私でもこれをやられるとブチ切れて、相手のみぞおちにパンチ入れたくなります。男性も恐らく同じ位イライラ、中途半端なフィニッシュにがっかりするかもしれませんね。

 なので、焦らすのは強い刺激を加える前の段階までにしておくのがオススメです。
感度の高くない部分で焦らし、感度の高い部分に到達したらそこからは焦らさない。このようにしておけば、失敗することもないと思います。

 ということで、下半身の焦らし小技いってみましょう!

腰回りの焦らし


 ここはゾクゾクするポイントが集中する地帯。
手や舌を局部に直行させるよりも、ここで少し時間をとって腰回りを刺激することで、感度を底上げし、局部へ到達した時の興奮と快感アップを狙います。

・太腿からゆっくり撫でながら、下着の裾から手を入れていく

・腰骨、そけい部をサワサワ。その後スローなペロペロ。

局部の焦らし


・下着の上から竿にキスを浴びせる

・手の平全体でゆっくり撫でる

・下着を脱がせながらパンティライン(笑)を舐めていく

・(軽く根元を握って)竿全体にキスし、なかなか舐めない

・相手の目を見ながらチロチロ舐める(亀頭や裏筋は避ける)
※舌先で竿をチロチロ舐めるのは、感覚的には大して気持ちよくないんですが、視覚を刺激できます

・たっぷり潤った舌をぺっとりと押し当て、ゆっくりと上に。上に上がるほど速度は落とす。

 ちんこがビクンビクン飛び跳ねるのをニヤニヤしながら楽しみましょう(笑)。
焦らすのは亀頭や裏筋に到達するまで!高感度ポイントまできたら、じゅるっと口に含んで感嘆の声を聞きましょう。

挿入での焦らし


 挿入を少し焦らすのも効果的です。
ここまでくると自分自身も早く挿入したくてたまらなくなっているので、相手よりも自分を焦らしているようなものです。

・上に乗り、竿をアソコにこすりつける
※いわゆる素股っていうやつですね。竿を濡らしておくことで挿入で膣が痛くなることも防げるので一石二鳥です。

ゆっくり挿入する際に膣の入り口をキュッと締め、疑似処女膜を作る。入れようとしても一旦その輪っかに行き当たり、侵入できないようにして、そこからじっくりと竿が膣を押し広げていく感じを演出。
※輪っかが押し広げられる感じがめちゃくちゃキモチイイので、二人して思わず声を漏らしてしまいます。

・始めは先端部分だけをゆっくりと上下し、その後に腰を沈めて深く挿入する

・全部挿入してしまったら、すぐには動かずに膣だけを動かす
※膣内の肉を竿にフィットさせて上に吸い上げるような気持ち。
特に、急にピストンして膣内が痛くなってしまう方は、この時間をとるといいですよ。なぜなら、これは焦らしというよりは自分の体を慣らすためのもの。なので、焦らしている風にしてこの時間を作ることで痛みが軽減できるかもしれません。

 何度も言いますが、ここに挙げたものを一度にたくさんやろうとしないでくださいね。あくまでも参考として小技を箇条書きしただけです。
必ず相手の反応を見ながら、自分も相手も楽しめる程度にやってみてください。

 次回は、「『アナル開発=愛』という風潮に騙されるな!衝突事故を未然に防ぐ2つの心得」をお届けします。

Text/Betsy

Betsyさんの連載への感想や質問を受け付けています!

お申し込みはこちら

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら