• sex
  • 2014.08.06

エロ女子のための性欲増強テクニック!夏が終わるまでに最高にヤバいセックスを

性欲を高める方法

Betsy 素敵ビッチ ラブグッズ フェラ クンニ 同時イキMarina Aguiar Araujo


 暑い日が続いておりますが、読者の皆さま体調はいかがでしょうか。
私はさっそく風邪をひいてしまい、何日も引き籠っておりました。長引く夏の風邪にはご注意を!

 ところで、これまで周りの女性から受けた質問を思い返してみると、内容は様々ですがセックスそのものよりも多く寄せられ、簡単に解決できなかったお悩みがありました。

『しばらく恋愛をしていなくて、そろそろ彼氏が欲しいけど出会いもない』

 じゃあ足を使って出会いを探しに出掛けようよ!とアドバイスしても、「そこまでしなくても…」という反応。合コンに誘われたら行こうかなという感じでしょうか。

 それから、『セックスで気持ちよくなれない』という悩み。

「そのためにはオナニーで自己開発するのが一番!」と言うと、「そこまでするほど、ムラムラしていない」とか、「してみようかなと思っても、結局ローターのクイックオナニーですませてしまう」という答えが返ってきます。

 自分で何かやってみようと思えなかったら…そりゃあしょうがないよね…。いやいやいや!

 これって彼女達が面倒なことを避けて怠けているわけではないと思うんですよ。問題があるとすれば、性欲が足りていないんじゃないかな~と私は思っているんです。

恋愛にも、セックスにも性欲は大事!


 性欲ってセックスしていない期間が長くなればなるほど勝手に増える、または溜まっていくと思われがちですが、実は違うんですよ。セックスをしない生活に適応できるように性欲自体が減ってしまうんです。

 私にもそれを実感することが最近ありました。
風邪に見舞われる少し前、バタバタとしており珍しくデートするタイミングを失って、ノンセックスのまま一週間が経ってしまいました。

 一週間セックスをしていなかったらもう大変!セックスしたくてしたくて、なかなか寝つけないほどムラムラ。日中もふとした瞬間によかったセックスの記憶のフラッシュバックが起こりムラムラ。ツイッターも気が付けば【ムラムラしすぎる】というつぶやきが目立ってきます。

 でも、10日目を過ぎた頃から急に平気になってくるんです。
体から沸き起こるムラムラがなくなってきて、穏やかになってくるんですよ。AVを観たい気持ちもなくなるし、デートの約束をとりつけなきゃ!という気持ちもなくなる。

 周りにもいませんか?半年、あるいはそれ以上恋愛もセックスもしてないのに、全くギラギラしていない人。
チャンネルの合う人を探すアンテナを感じないというか。恋愛やセックスの相手を求めている感じがしないというか。

 そうなってしまうと、いざ出会いの場に行ったとしても自分に合う異性を感じ取るアンテナが鈍って、この人いいな~って思うことが少なくなるんじゃないかなと思うんです。
セックスも同じで、あまりに性的快感から遠ざかると脳の性的に興奮するスイッチも入り辛くなり、体の感度も下がって濡れにくくなる。

 だから恋愛するにも、セックスするにも性欲がある程度は必要になってくると思います。
もちろん、疲れや過度のストレスで性欲が出ないこともあります。でも心身ともに健康であれば女性でも性欲はあるはず。

 また、恋愛したいしセックスの感度も高めたいけど性欲が湧かない場合でも性欲は回復できるので大丈夫です!これから紹介する2つの方法を試してみてください。

性欲を回復する方法


① 性的なものに触れる機会を自分で作る
 性欲がないのに、いきなりオナニーしたり、セックスしたって苦痛なだけですよね。
でもちょっとセクシーなものを読んだり、見たりするだけなら簡単じゃないですか? 性的なものでドキドキするような機会を作ってみましょう。

 例えば、
*エロいキスシーンやベッドシーンのある映画を観てみる
好みの俳優が出ているものだとより楽しめますよね。

*エッチな描写のある小説を読む
官能小説とまではいかなくても、濡れ場もあるような恋愛ストーリーだと自然と頭でイメージできていいと思います。ちなみに、私のお気に入りは宮木あや子さんの『花宵道中』

② テストステロンを増やす
 テストステロンは、男性ホルモンとして有名ですよね。性衝動を高めるのもテストステロンの働き。
男性の20分の1から10分の1位の量ではありますが、女性もテストステロンを分泌していて、20歳をピークに段々と減っていくそうです。

 女性の性欲障害にもテストステロン療法というものがあるくらいですし、これをもしも自然に増やすことができれば性欲も増すかもしれません。
ナチュラルな方法でテストステロンをもしかしたら増やせるかもしれない方法をググりまくりまくったので、まとめてみます。

*十分に睡眠をとる
*飲酒を控える
*脂肪分の少ない赤身の肉を食べる
*良質の油を摂る(オリーブオイル、フィッシュオイル、ナッツ、アボカド)
*ビタミンD(1日15分ほど日光に当たる)
*亜鉛、マグネシウムを摂る(女性は特に不足しがち)
*筋トレ

 つまり、健康的な生活をするのが基本のようですね。
また、前に「セックスの快感を倍増させる秘密の筋トレ」で紹介したように、やっぱり筋トレも出てきましたね。

 ジム通いしなくても、スクワットや軽い腹筋位なら自宅で毎日でもできるんです。私はドライヤーで髪を乾かしながら、スクワットしていますよ。
しんどいので腹筋はしていなかったのですが、私もこれを機にやってみようと思います!

*これをやれば確実にテストステロンが増える!というわけではありません。
ホルモンは簡単に増やしたり減らしたりできるものではないと思います。
でも、大事なのは気持ちです。『これをやれば、セックスしたい気持ちが増えるかも。増えたらラッキー!』くらいの気持ちでやってみましょう。

 次回は、「興奮が昂まる焦らしプレイ!挿入の感動がマックスになる方法」をお届けします。

Text/Betsy

Betsyさんの連載への感想や質問を受け付けています!

お申し込みはこちら

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら