• sex
  • 2014.07.09

1時間以上の「贅沢オナニー」で感度は最高値へ!あなた自身の開発手順を教えます

セックスを変える自己開発オナニー


 これまでも「セックスにバリエーションを!少しの工夫で感度がアップする方法」「セックスの快感を倍増させる秘密の筋トレ」など、セックスがもっと楽しくなる方法を書いてきました。

 セックスは相手がいて成り立つものですが、もっときもちよくなりたいという願望は相手任せにしているだけでは叶いません。また絶対にイカせてくれる王子様を待っているのも時間の無駄です!
まずは自分の体をよく知ることから始めましょう。

 では、自分の体を知るには…? 「オナニーが一番!」ですね!(笑)
ということで、今回は、「時短オナニー」、「贅沢オナニー」、「自己開発オナニー」の3種類を紹介します。

時短オナニー

Betsy 素敵ビッチ ラブグッズ フェラ クンニRoberto Taddeo


 その名の通り、なるべく時間をかけずにサクッと終了させるオナニー。
仕事も遊びも忙しすぎてゆっくりオナニーなんかしている暇がないから、寝る前に布団の中で簡単に済ませるという人も多いでしょう。

 実家暮らしの人も声を押し殺して家族に察知されないように素早く終わらせないといけないから、大体時短オナニーになっちゃいますよね。
電マやローターを使うオナニーもまさにこのタイプ。

 過去のよかったセックスを思い出したり、AV等のオカズを使ったりして、イキやすいポイントだけをひたすら刺激する。
ストレス発散させたい時、早く入眠したい時には、こういうクイックオナニーがぴったりですね。

贅沢オナニー


 時短オナニーと対極なのが贅沢オナニー。30分~1時間以上かけてするゴージャスなオナニーです。

 贅沢オナニーをする人の中には、休みの日に高級なホテルをとって色んなアダルトグッズを持ち込み、一日中オナニーにふける凄い女性もいるそうです。
さすがにそこまで贅沢なものはやったことがありませんが、ちょっと楽しそうですよね。

 また時短オナニーとの違いは、ただ時間を贅沢に使うということだけではないんです。 時間をかけた分得るものが大きいのも特徴なんです。

贅沢オナニーで得られるものとは


 贅沢オナニーの利点は2つあります。

*より深いオーガズムが得られる
*セックスで気持ちよくなるための体を自分で作ることができる

 いきなり強い刺激で気持ちよくなる時短オナニーと違い、時間をかけて少しずつ気分を盛り上げ、少しずつ体の感度も盛り上げていくので、より深く長いオーガズムを得ることができます。

 一度もイッたことがない人や、オナニーではイケるけどセックスではイケない人も、定期的にじっくりと時間をかけたオナニーをすることで自分の体を知り、どうやれば気持ちよくなるのか実験することができます。
つまり、贅沢オナニーは自己開発オナニーでもあるのです!

 ちなみに、私は中学生の時に自己開発オナニーをしていました(笑)。
割と簡単にクリトリスでイケたのですが、セックスでイクにはクリイキだけではダメだと思い、そこからスパルタオナニーの日々ですよ。そのおかげで中だけの刺激でもイケるようになりました。

 今でも自己開発オナニーは時々暇つぶしにしていますが、具体的に自分のどこをどう刺激されるとキモチイイのかがわかってくるので、セックスでの感度もぐんぐん上がります。
それに自分の膣内がどう変化するのかもわかり、セックスの時の締めつけ具合や竿との角度も調節できるようになってくるんです。

自己開発オナニーの方法


 細かく書くとすんごく長くなるので簡単に言うと、自己開発オナニーはとにかく色んな場所を探り、色んなやり方で刺激していきます。
感度の高いクリやGスポットだけじゃなく、その周辺も感触を確かめつつ触る。ただそれだけです。
今まで感じたことのなかった部分を目覚めさせていく感じでじっくり触っていきます。

 そのときに、注意するのは以下の4点。

<1、ローションはなるべく使わない>
 自己開発オナニーは特訓みたいなものですから(笑)。
妄想や軽いタッチだけで自然と濡れるまで待ちます。エロいことに反応して自然に濡れる機会を定期的に作ることで、条件反射的に濡れるようになったらラッキー!

<2、脚ピンでしかイケない場合でも、なるべく脚ピンしない>
 以前「脚を伸ばさないとイケない?脚ピンさんがセックスでイキやすくなる方法」でも述べましたが、日頃脚ピンオナニーばかりしていると、セックスでは脚ピンできない体位が多くて気持ちよくなりにくいんですよね。

 なので脚ピンの習慣がついている人は、脚ピン状態の時に力の入っている部分を確認して、脚を開いた状態で同じ部分やその近辺の筋肉に力を入れるような練習をオナニー時に取り入れてみてください。

<3、興奮度の高いネタは使わない>
 時短オナニーなら素早く興奮するためにAV等の興奮材料を使ってもいいと思いますが、自己開発ならせいぜい官能小説程度に抑えておくのがいいと思います。
視覚からの刺激が癖になると、自分で気持ちを高めるのが難しくなってしまうかもしれません。

<4、感度の高い部分は刺激しすぎず、ブースターとして使う>
 例えば、中イキが目標な人はクリと中の両刺激から徐々にクリへの刺激を減らしていき、中だけの刺激にしていきます。感度が弱まってきたら、またクリへ軽い刺激をプラス。
これを繰り返して、最終的にイキそうなラインまで達したら、クリには触れずに中だけの刺激でイクという感じです。

 このように開発したい部分があれば、ブースターを使って工夫してみてくださいね。

 いつもの時短オナニーもいいけど、たまには自分の体を開発してみませんか?
自己開発オナニーをやると必ずイケるようになるわけではありませんが、続けることで、セックスでの感度が徐々に上がってくるはずです。希望をもってやってみましょう!

 次回は、「男子がイキそうになったら玉をひっぱれ!同時イキを現実的に叶える3つの方法」をお届けします。

Text/Betsy

Betsyさんの連載への感想や質問を受け付けています!

お申し込みはこちら

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

Betsy(ベッツィー)
セックスとメタルとおむすびを愛する米食系アラサービッチ。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら