• sex
  • 2013.11.01

ランジェリー選びも前戯のうち!初夜当日は新鮮なショーツかノーパンで挑みましょう

二度目の初夜のためのランジェリーは用意しましたか?

OLIVIA ラブライフのA to Z
Barbro Andersen


 前回の「良質なオーガズムは自主トレから!ラブグッズを使った必見トレーニング方法」も合わせてどうぞ。

 ご無沙汰女子の皆様、こんにちは。

 今日から11月に入りました。
じわじわとクリスマスに向けてのカウントダウンが始まり、気分が憂鬱になっていませんか? そんな時は、私たちの気分を一気に上げてくれる初夜アイテムを新調して、士気を高めましょう。

 今回、注目する初夜アイテムは、「ランジェリー」
まずはじめに、ぶっちゃけますが、一般的に男性は女性ほど、ランジェリーに重きをおいていないんです。 とくに初夜は、あなただけでなく、男性も期待と興奮で高まっています。
ランジェリーをいかに脱がして、その下に隠された秘部にたどり着くかで頭がいっぱい。

 今までも経験ありませんか? せっかく新調したランジェリー。「素敵だね」と褒められることもなく、一瞬で脱がされてベッドの片隅に裏返されて、ポイされたこと。「先に、シャワー浴びてきなよ」と言われて、彼の目に触れることもなく、ひとりもの悲しく、ランジェリーを脱いだこと。

 そうなると、男性目線のランジェリー選びというよりは、あなたの気分を高めてくれるお守りだと思って、ランジェリーを選ぶことをおすすめします。あなたのセンスで選び抜かれたランジェリーを身にまとえば、化粧室でランジェリーを見るたびに、「よっし!今夜こそ、やるぞ!」と気合が入るもの。

 初夜のために士気を高めるランジェリー選びの3つのポイントをご紹介します。

ランジェリー選びの3つのポイント


<POINT1:ショーツは鮮度が大事>

 仕事帰りの夜デート。一日はきくたびれて、汚れが気になるショーツで自信が持てますか?
フルーツとショーツはフレッシュが一番!(言っておいて、ちょっと恥ずかしい…)
夜のデートなら、デート直前に用意しておいた替えショーツに履き替えましょう。
デート直前まで市販のおりものシートで汚れないようにする女性もいるようですが、私は、おりものシートによるムレとニオイが気になるので、ミニサイズの布ナプキンを使っています。

 上級者であれば、デート直前まで、ノーパンで過ごしてもいいんじゃないでしょうか?
初夜を妄想しながらのデイリーワークは前戯要らずなほど、ぬるぬるヌレヌレになりますよ。
無残にひっくりかえったショーツに羞恥心を感じることもありません。

<POINT2:アンダーヘアの処理をお忘れなく>

 あなたの好きなランジェリーなら、どんなデザインを選んでもOK。
ただし、ショーツ姿がかっこよく決まるようにアンダーヘアの処理をしましょう。
総レースのランジェリーをつきやぶってチクチク起毛しているヘアやTバックタイプのT部分に収まりきれずにワサーっとはみだしているヘアを見て、初夜当日に自分自身に萎えないように!

<POINT3:上げ底ブラジャーはちょい盛りで>

 パッドの入った盛り系上げ底ブラジャー。ピタッとしたニットでバストラインを強調したり、チラリとのぞく谷間をつくりたい時はうってつけですが、裸になるのが前提の初夜には不向きかも。

 とくに、バストが小さいのがコンプレックスのあなた。ある意味、最強のアゲアイテムですが、ブラジャーを外され、こんもりしていた偽装おっぱいのお肉が散り散りになり、さらに仰向けになって脇に流れていくバストを眺めるのはあなたも彼もちょっと寂しいはず。グラマーでも小胸でも、男性にとっては、ありがたいおっぱい。
すべてをさらけ出す初夜は、盛り少なめで。

「見せ下着」と「ゆる下着」を使い分けて、もっと感じるカラダに


 私がおすすめするのは、「見せ下着」「ゆる下着」の使い分けです。

 見せ下着って、デザインを重視して選ぶと、素材が化繊だったり、ちょっときつくても気にしないふりをしてきていたり、「締め付け」と「ムレ」の不快感を身にまとうことになります。これは、セックスにも影響が。
「締め付け」は冷えに、「ムレ」は、デリケートゾーンのニオイやかゆみの原因になるんです。

 予防するためには、見せ下着のブラジャーはフィッターにサイズを合わせてもらうこと。
ショーツはワンサイズ大きいものを選ぶ勇気をもつこと。

 そうは言っても、かわいいランジェリーを身に着けたい女性も多いでしょうから、「夜だけ」「お休みの日だけ」でいいので、「ゆる下着」で過ごすことをおすすめします。ゆる下着は、天然素材の通気性のよい締め付けの少ないゆったりしたオーガニック系おばさんパンツや話題になっている女性用ふんどしなどがあります。

 布ナプキンを愛用している女性ならゆる下着に抵抗が少ないかもしれませんが、「ランジェリーボックスにおばさんパンツを収納したくない」という拒否感がある女性は、いっそのこと、ノーパン、ノーブラもいいです。
カラダを締めつけない解放感を一度味わうとやみつきになるはずです。
ランジェリーの話題のはずが、最後には全裸をおすすめしてしまいました…。

 オンとオフのランジェリーの使い分けをして、あなたのカラダと心を健やかに保つことがストレスフリーなセックスに繋がること、見直してみてくださいね。さあ、テンションが上がるランジェリーを買いに行きましょう!

 11月6日配信のOLIVIAの有料メルマガ「誰も教えてくれなかった 飽きない!セックス」では、今回、ご紹介したゆる下着の代表格「ふんどし」とセックスの密な関係を日本ふんどし協会の中川会長にインタビューしてきました。
男女ともに精力UP!?下着でセックスが劇的に変わるエピソードは面白いですよ。
あわせて、チェックしてみてくださいね!

 次回のテーマは、二度目の初夜のためのコンドームの選び方
毎週金曜日更新です。
お楽しみに。

Text/OLIVIA

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら