• sex
  • 2013.10.18

マスタベーションで開花!濡れやすくて、感度がいい女性へ

「濡れ」と「感度」のいい女性になるための自主トレ!

OLIVIA ラブライフのA to Z
Kr.B.


 前回の「セックス直前に気になる!上下の口の臭いケア」も合わせてどうぞ。

 ご無沙汰女子の皆様、こんにちは。
来るべき二度目の初夜に向けての準備、いよいよ核心に迫る肉体改造にとりかかりましょう。

 男性が「またセックスしたいな」と思う女性の特徴って、男性の意見を聞いてみると、とってもシンプルなんですが、「濡れやすくて、感度がいい女性」

 露骨な表現ですが、男性の心理と性メカニズムからしたら、一理あります。
男性は、視覚からの刺激で興奮すると言われていますが、「濡れ」と「感度」の二つは、男性の視覚をダイレクトに刺激します。さらに、女性の反応(感度)がよいと、メンタル面でも達成感を得られるので、セックス後の余韻も清々しい。

 とは言っても、女性のコンディションによっては、濡れにくい時もあるし、男性の愛撫がイマイチだったら、感じるものも感じないってこともあります。そんなお悩みをクリアして、リアクション上手になるための自主トレ。
それが、マスターベーションです。

 セックスに限らず、嬉しい時のリアクションが派手な女性って、同性から見ても、魅力的ですよね?
ベッドの上で、「嬉しい!楽しい!大好き!」を表現できるようになっておいて、損はなし!

すればするほど、セックスが楽しくなるマスターベーション


 私は、さかのぼること11年前、大学の卒業論文を「女性のマスターベーション」をテーマに掲げ、女性の性がどのように語られてきたのかを研究しました。

 最近では、女性のマスターベーションは、進化を遂げ、女性用TENGAの登場で、「セルフプレジャー」と名付けられ、スタイリッシュなイメージをまとい、世の中に知れ渡りつつあります。

 とは言っても、当時も今も、多くの女性にとって、マスターベーションは恥ずかしいことで、語りにくいもののようです。まあ、マスターベーションは、語るものではなく、するものなので、語られなくてもいいとは思うのですが、すればするほど、自分の感度が上がって、セックスが楽しくなるものなのに、恥ずかしがってしないのは、もったいないと思うんです。

 私のまわりの恋とセックスを楽しむ素敵ビッチたちも、マスターベーションをすることは、大前提で、むしろ、お肌のお手入れ感覚で、「するでしょ?イクでしょ?」という感じ。感度UPの自主トレに、空しさや恥ずかしさは不要です。

おやすみ前のクリトリスのマッサージ


 そもそも男性任せの愛撫や挿入でイケる女性の方が珍しいのです。

「そういう触り方よりこうした方がイケるの」とやんわりと男性に自分のお気に入りを教えられるように、マスターベーションで、自分の快感を熟知しておきましょう。ただするだけじゃなくて、自分の快感とカラダの反応をよく観察しておくことが大事。

・あなたがイキやすいのは、クリトリスなのか?Gスポットなのか?ポルチオなのか?
・クリトリスの皮はむく方が気持ちいいのか?むくと痛いのか?
・指の動かし方は、縦に擦るのか?横に擦るのか?円を描くのか?
・どうすると愛液がたくさん出るのか?
・あなたの愛液は、サラッとしているのか、トロッとしているのか?

 真正面から自分の性に向き合える女性こそ、セックスを楽しめる大人の女性。
オーガズムは、経験の積み重ねでより深くなりますから、「おやすみ前のクリトリスのマッサージ」を入眠儀式にして、独り身の秋の夜長は、コツコツとオーガズム貯金を貯めていきましょうね。

 OLIVIAからのお知らせです。
今週よりAM×ちょくマガのコラボ連載がはじまります!

 10月23日配信のOLIVIAの有料メルマガ「誰も教えてくれなかった 飽きない!セックス」では、今回の自主トレ記事と連動して「OLIVIA流 イケるオンナになる!クリトリスと膣のW刺激 ノーハンドでオーガズムを感じるひとりHトレーニング」と題した、道具を使わずに、オーガズムに達するための具体的なマスターベーションを写真入りでご紹介します。
よりじっくり快感を深めたい女性、必見です♪

 次回のテーマは、残念ボディ改造計画!ラブグッズ・オーガズム編
毎週金曜日更新です。
お楽しみに。


Text/OLIVIA

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら